【ともらん】読めば走りたくなるマラソンブログ

「キネシオロジーテープ」レビュー:アキレス腱の保護におすすめ

「キネシオロジーテープ」レビュー:アキレス腱の保護におすすめ

マラソンブロガーのtomo.です。当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自分の意思で自費購入し、忖度なしでレビューしています。

ランニングで長距離を走るとアキレス腱が擦れて痛い…。

そんな悩みを解消すべく、ニチバンの「バトルウィン キネシオロジーテープ」を使ってみました。

はがれにくい上に水濡れに強く、肌に馴染みます。バンドエイドよりも快適です。

更新 作成

目次と内容

アキレス腱が擦れる

マラソンランナーのよくある悩みのひとつに、アキレス腱が擦れる問題があります。

上の写真のように、ちょうどランニングシューズの上部が当たる部分が擦れてしまい、ひどい時には出血します。

自分の場合、年に3〜4回くらいの頻度で起こります。

ランオフすれば1週間ほどで治りますが、ランニングを続けると傷口に負荷を与え続けるため、完治するまでに2〜3週間かかります。

バンドエイドは使いづらい

以前は傷口にバンドエイドを貼っていました。

あくまでも応急処置に使う分には良いのですが、あまり長持ちしません。

ランニング中は汗で粘着性が失われますし、シャワーを浴びれば自然とはがれます。

毎回走りに行く度に貼り直すのでコストもかさみます。

主な特徴

そんな中、ニチバンの「バトルウィン キネシオロジーテープ」に出会いました。

関節を固定したりする、いわゆる「テーピング」用のテープなのですが、傷口を保護するのに最適でした。

主な特徴は以下のとおり。

我が家ではニチバンのセロハンテープやガムテープを愛用していますが、医療用テープも展開しているとは知りませんでした。

ちなみに「バトルウィン(battlewin)」とは、ニチバンのスポーツメディカル製品のブランド名です。試合に勝つ、という意味で縁起が良さそう。

貼り方とはがし方

パッケージから取り出した状態。セロハンテープみたいにテープ台付きなのかと思いましたが、違ったようです。

手では千切れないのでハサミを使って適当な長さにカットします。

そして、はくり(剥離)紙を外して患部に貼り付けます。

テープをはがす時は、肌を軽く抑えてテープをゆっくり引っ張ると良いそうです。

使ってみた感想

実際に30km走で使ってみました。

まず、肌にピタッと馴染むのが良いですね。まるで肌の一部のような感覚。

今回は小雨の中を走ったのでシューズもソックスもびしょ濡れでしたが、謳い文句どおりの強粘着でランニングの後もはがれません。

さすがにシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりしたら交換かなと思いましたが、まだまだ平気。

こちらは24時間後の様子。これは心強いですね。

おまけ

これだけ水濡れに強く、耐久性が高ければテーピングに使用しても安心。

ただし、テーピングは知見がないと正しく張るのは難しいですよね。

そこで自分はテーピング機能を持ったランニングソックスで代用しています。

もちろんテーピングほど固定されませんが、足のアーチの形が保たれて怪我や故障の予防になります。

購入ガイド

最新の価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

Ergostar「クロステーピングソックス」レビュー:テーピング要らず

C3fit「クォーターソックス」レビュー:安定感抜群のランニングソックス