ともらん

徹底レビュー|ナイキ ペガサス39:サイズ26.0cm・重さ250g

2022年4月に発売されたナイキ・ペガサスシリーズの39代モデル。前モデルに比べて走行安定性が向上し、ジョギングシューズとしての完成度が高まっている。

ナイキ エアズーム ペガサス 39」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。気になるシューズがあれば自宅で試着してみよう。

目次と内容

購入の決め手

ナイキの「ペガサス 39」の主な特徴は以下のとおり。

  • ナイキのフラグシップ、ペガサスシリーズ39代目モデル
  • ミッドソールには耐久性抜群の軽量フォーム「Nike React」を搭載
  • 前足部とヒールの2箇所にクッション材「Air Zoom」を配置
  • 重さは250g(メンズ26.0cm実測値)
  • 定価は税込14,300円

今回はNikeメンバー限定の発売日当日に、Nike公式オンラインストアでメンズ26.0cmを注文した。

魅力:走行安定性が抜群

ペガサス・シリーズは、スピード走からスロージョグまでカバーできる万能シューズ。ナイキがランニングシューズのフラグシップに位置付けるモデルでもあり、同社の最新のテクノロジーが、比較的手を出しやすい価格で入手できる。

モデルによって特徴が異なるが「ペガサス 39」の魅力をひと言で言うならば、安定感。クッションを増量し、フラットな構造にすることで、より高い走行安定性を実現している。

欠点:スピード走には不向き

前モデルの「ペガサス 38」のソールには「ENGINEERED TO THE EXACT SPECIFICATIONS OF WORLD-CLASS RUNNERS NIKE RUNNING」が印字されていた。これは「トップ選手と同じスペックですよ」の意味でスペックの高さを強調している。

ペガサス 39」にはこれがない。スペックが落ちたわけではなく、求めているのはそこじゃないと言うこと。

どちらかといえば、より遅めのペースの走りに最適化している感じだ。言い換えればジョギングシューズとしての完成度が高まっている。

これは僕の勝手な推測だが「ペガサスターボ」の復活を見越して、棲み分けを明確にしているのかもしれない。

デザインとスペック

それでは「ペガサス 39」を詳しく見ていこう。

Nike Reactのミッドソール

厚底なのにシュッとした流線形のフォルム。ミッドソールには耐久性と軽量性に優れた「Nike React」を採用し、3層構造に仕上げている。

Air Zoomユニット

前足部とヒールには「Zoom Air」のクッションユニットを搭載し、接地時の反発力を高めている。

エンジニアードメッシュアッパー

アッパーには従来よりも耐久性と柔軟性に優れたエンジニアードメッシュを全体に配置。空気の通り道もしっかりと確保している。

Flywireテクノロジー

シューレースはボリュームがあり解けにくい。Flywireテクノロジーを採用することで、足中央のフィット感とホールド感を高めている。

アウターソール

靴底は全体的にフラットな構造だが、アウターソールのラバーの突起が地面をガッチリと捉える。

インナーソール

インナーソールは立体構造で厚みがある。

重さは250g

メンズ26.0cmの実測値は250gだった。

前モデルとの比較

前モデル「ペガサス 38」とも比較してみよう。まずは簡単なスペック比較から。

ペガサス 39ペガサス 38
発売日2022年4月2021年4月
定価14,300円14,300円
ミッドソールNike Reactフォーム+Air Zoomユニット(前足部とヒール)Nike Reactフォーム+Air Zoomユニット(前足部)
アッパーエンジニアードメッシュ+Flywireテクノロジーエンジニアードメッシュ
重さ(メンズ26.0cm)250g265g

Air Zoomユニットを増量

写真左が「ペガサス39」で右が「ペガサス38」。前モデルではAir Zoomユニットは前足部のみに配置していたが、新モデルでは前足部に加えてヒールにも配置しているのが大きな違いだ。

アッパーが改良

アッパーの構造も全く異なる。同じエンジニアードメッシュだが、新モデルの方がより機能的な構造になっている。

アウターソールがよりフラットに

アウターソールの基本構造は同じだが、新モデルではよりフラットな構造となっている。ヒールにもAir Zoomユニットを搭載しているため、ヒール部分の窪みが小さくなっているのがわかる。

シリーズ一覧

参考までに、以下は僕のペガサスコレクションを載せておく。上から、34→35→36→37→38。「ペガサス34」はカスタムモデルで、左右に「TOMO.RUN」のロゴが入っている。

実体験レビュー

ここからは実際に「ペガサス 39」を使ってみた感想を紹介する。

サイズ感

ランニングシューズのサイズは、いつも25.5cmか26.0cmで迷う。前モデル同様に26.0cmを選んだが、フィット感はちょうど良い。僕は足幅が広いタイプが好みだが、これならノーマルタイプでも窮屈に感じない。

しなやかに曲がる

前モデルの「ペガサス 37」は前足部がペシャッと曲がったが、新モデルは程よい弾力性があり、しなやかなに曲がる。これならフォアフット走法でも快適に走れそうだ。

安定感が高い

ヒールのクッションのボリュームが増し、アウターソールがよりフラットな構造になっため、走行時の安定感がとても高い。

耐久性

後日、アップデートする。

結論:安定感アップ

ペガサスシリーズは、ナイキ史上最も売れているランニングシューズ。ナイキの中でもフラグシップと位置づけ、毎年、最新のテクノロジーを詰め込んでくる。

「ペガサス 37」から「ペガサス 38」の変化は、マイナー・ダウングレードでは?と疑いたくなるほどガッカリだったが、「ペガサス 39」でペガサス・シリーズの進化が再始動したように感じる。

とはいえ、あっと驚くような進化はなく、あくまでも改良のレベル。メジャーアップデートではなく、マイナーアップデート。

一方で、スピード走からスロージョグまでこなせる万能シューズから、より遅いペースの走りに磨きをかけ、ジョギングシューズとしての完成度を上げている。

走行安定性が高まったことで、初心者でも履きこなしやすいシューズとなった。初めてのナイキシューズにも「ペガサス 38」以前のモデルからの乗り換えも自信を持っておすすめできる1足だと思う。

新モデルが発売されると旧モデルの価格が下がる。旧モデルなら「ペガサス 38」よりも「ペガサス 37」がおすすめだ。ネット通販サイトをざっと見ると、最安値は7〜8,000円台が相場らしい。

ナイキ エアズーム ペガサス 39」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。気になるシューズがあれば自宅で試着してみよう。

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

「シューズ」に関する記事一覧

「ナイキ」に関する記事一覧