徹底レビュー|ナイキ ズームフライ5

2022年7月に発売されたナイキの「ズームフライ5」を実際に履いてみたので紹介する。前作「ズームフライ4」からメジャーアップデートされ、全く別のシューズと言って良い。履き心地は好き嫌いが分かれそうだ。

#シューズ#ナイキ

とも

ナイキ ズームフライ5」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

ズームフライとは?

ズームフライ(Zoom Fly)はナイキのランニングシューズのハイエンドモデル。最速級モデルの「アルファフライ」や「ヴェイパーフライ ネクスト%」と、ジョギングに適した「ペガサス」の中間に位置づけられ、レースと練習のギャップを埋めるのに最適な1足。

レース用、練習用とランニングシューズを履き分けるランナーにとっては、中途半端なモデルかもしれない。僕は本命ではないレース(10km〜ハーフ)とハイペースの練習(ペース走・ロングインターバル)で使っている。

一方で、シューズを何足も揃えるのが難しいランナーにとっては、これ1足でレースも練習もこなせる万能なシューズと言える。

前作「ズームフライ4」との違い

まずは前作の「ズームフライ4」との違いを見ていこう。スペックの比較は以下のとおり。

ズームフライ5ズームフライ4
発売2022年7月2021年12月
重さ(メンズ26.0cm)262g257g
ミッドソールZoomXフォーム+フルレングスプレートNike React+カーボンファイバープレート
アッパー軽量メッシュ二層構造のFLYNKIT
アウトソール前足部とヒールにラバーを配置前足部とヒールにラバーを配置
価格18,700円18,700円

新作の「ズームフライ5」(写真左)ではミッドソール・アッパーに大きな変更が加わり、メジャーアップデートと言えるだろう。ミッドソールはクッションが「Nike React」から「ZoomXフォーム」に変わっている。

アッパーは一体型のフライニットから軽量メッシュに変更。並べてみると、全く別物のシューズだ。

アウターソールはヒール部分のラバー配置が変わっている。

デザインとスペック

それでは「ズームフライ5」を詳しく見ていこう。今回は、発売日直後にナイキの公式サイトでメンズ26.0cmを注文。2日後に自宅に届いた。

厚底+フルレングスプレート

ナイキが得意とする厚底とフルレングスプレートの組み合わせ。フルレングスの立体的なプレートが推進力とスムーズな体重移動を生み出す。

ZoomXフォーム

ミッドソールに新たに搭載された「ZoomXフォーム」は、ナイキ史上最も高いエネルギーリターン率を実現。最速級マラソンシューズの「アルファフライ」や「ヴェイパーフライ ネクスト%」と同じクッションが使われていると思うと心強い。

ヒールの突起

後ろに突き出たヒールは「ペガサス39」のヒールを連想させる。走行中は直接地面に触れたりしないが、シューズの重心を左右する大事な部分だ。

軽量メッシュ

アッパーには軽量メッシュを採用。足を包み込む内側と、通気性・耐久性に優れた外側から成る二層構造。

タン

前作「ズームフライ4」はタンとアッパーの一体型であったのに対し、「ズームフライ5」はセパレート型。しかもタンは軽くてそこそこ厚みがあり、足を優しく包み込む。

アウターソール

アウターソールは前足部とカカト部分にのラバーを配置。独特なパターンと突起が接地の際のグリップ力を高めている。

シースルー

中央には内側のクッションが透けて見える。中身はピッチリ埋まっているというより、適度に余白が設けられているのは意外だった。

重さ

メンズ26.0cmの重さは実測値で262gだった。同じサイズの「ズームフライ4」に比べて5g重い。

梱包

これまでナイキの公式サイトで注文すると、配送用の梱包の中にシューズボックスが入っていたが、今回は1つの箱に集約されていた。

箱には90%以上のリサイクル素材を使用し、「double box(二重箱)」をなくす取り組みを進めているそうだ。さらに返品用としても使えるように両面テープが貼ってある。

サイズ感

ランニングシューズ選びでは、いつも25.5cmか26.0cmかで悩む。僕の足は幅広タイプなので、ワイドモデルの25.5cmか、通常モデルしかなければワンサイズ上の26.0cmを選ぶのが定常化している。

今回もそのルールに則りメンズ26.0cmを選んだが、前作「ズームフライ4」に比べるとずいぶんゆったりした作りになっている。

公式サイトには「前足部とヒールの幅をやや広めにして安定性を高めている」と書いてあるが、これならワイドタイプでなくてもワンサイズ下の25.5cmでも十分だった。まあ、シューレースでしっかり固定すれば問題ないが。

耐久性

耐久性については後日、定点観測していく。

履いてみた感想

ここからは実際に「ズームフライ5」を履いてみた感想をまとめる。

フカフカのクッション

個人的には、ミッドソールのクッションはかなりフカフカしているように感じる。接地の際は足が沈み、地面の間隔が伝わってこない。前作「ズームフライ4」はどちらかというと硬めのクッションだったので、履き心地はまったくの別物と考えた方が良い。

反応が薄い

フルレングプレートを内蔵している割には、そこまで推進力は感じられなかった。ただそれは、柔らかいクッションが影響しており、実際にはスピードが出しにくいわけではない。

柔らかいクッションが間に入るため、良くも悪くも足の動きに対する反応が薄いのがこのシューズの特徴だ。これなら脚へのダメージを最小限に抑えられそうだが、履き心地は好き嫌いが分かれると思う。

安定感は抜群

「ズームフライ4」よりも安定感が増している。前足部とヒールの幅が広くなっていることが影響しているのだろう。これならハイスピードでの走行はもちろん、長時間のジョギングにも使えそうだ。

まとめ

以上、2022年7月に発売されたナイキの「ズームフライ5」を紹介した。

はっきり言って、前作の「ズームフライ4」とはまったくの別物。履き心地は好き嫌いが分かれそうなので、ちゃんと試着してから購入することをおすすめする。

個人的には本命ではないレース(主にハーフマラソン)とハイペースでの練習(ペース走)で出番が多くなると思う。

#シューズ#ナイキ

とも

ナイキ ズームフライ5」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。気になるシューズがあれば自宅で試着してみよう。

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。