【ともらん】読めば走りたくなるマラソンブログ

「ズームフライ 5」レビュー:Nikeの隠れ最強シューズ

「ズームフライ 5」レビュー:Nikeの隠れ最強シューズ

マラソンブロガーのtomo.です。当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自分の意思で自費購入し、忖度なしでレビューしています。

「アルファフライ」や「ヴェイパーフライ」の名声に隠れがちですが、ジョギングからスピード練習までカバーできる最強シューズ。2022年7月に発売されたナイキの「ズームフライ 5」をレビューします。

更新 作成

目次と内容

ズームフライ 5の評価

結論から言うと、ズームフライ 5を購入して非常に満足しています。

ナイキの最速級マラソンシューズ「アルファフライ」や「ヴェイパーフライ」と、ジョギングに適した「ペガサス」シリーズの中間を埋めてくれる、絶妙なポジションを築いています。

これ1足でジョギングからレースやスピード練習までカバーできる万能なランニングシューズです。

一方で耐久性は走行距離200kmぐらいから劣化が気になります。

ズームフライ 5の特徴

ズームフライ 5(ZOOMFLY 5)は、フルレングスプレートを搭載したナイキのランニングシューズのハイエンドモデルです。主な特徴は次のとおり。

厚底+フルレングスプレート

ナイキが得意とする厚底とフルレングスプレートの組み合わせです。フルレングスの立体的なプレートが推進力とスムーズな体重移動を生み出します。

ZoomXフォーム

ミッドソールに新たに搭載された「ZoomXフォーム」は、ナイキ史上最も高いエネルギーリターン率を実現。最速級マラソンシューズの「アルファフライ」や「ヴェイパーフライ ネクスト%」と同じクッションが使われていると思うと、とても心強いですね。

ヒールの突起

後ろに突き出たヒールは「ペガサス 39」のヒールを連想させます。走行中は直接地面に触れたりしませんが、シューズの重心を左右する大事な部分です。

軽量メッシュ

アッパーには軽量メッシュを採用。足を包み込む内側と、通気性・耐久性に優れた外側から成る二層構造となっています。

タン

前作ズームフライ4はタンとアッパーの一体型であったのに対し、ズームフライ 5はセパレート型。しかもタンは軽くてそこそこ厚みがあり、足を優しく包み込みます。

アウターソール

アウターソールは前足部とカカト部分にのラバーを配置。独特なパターンと突起が接地の際のグリップ力を高めています。

シースルー

中央には内側のクッションが透けて見えます。中身はピッチリ埋まっているというより、適度に余白が設けられているのは意外でした。

重さ

メンズ26.0cmの重さは実測値で262gでした同じサイズのズームフライ 4に比べてわずか5gの増量。

梱包

これまでナイキの公式サイトで注文すると、配送用の梱包の中にシューズボックスが入っていましたが、今回は1つの箱に集約されていました。

箱には90%以上のリサイクル素材を使用し、「double box(二重箱)」をなくす取り組みを進めているとのこと。さらに返品用としても使えるように両面テープが貼ってありました。

ズームフライ 5のサイズ感

サイズ展開は次のとおり。

公式サイトには「前足部とヒールの幅をやや広めにして安定性を高めている」と記載があり、前作のズームフライ 4に比べると、ゆったりした作りでした。

通常ランニングシューズ選びでは、幅広のワイドタイプなら25.5cm、ノーマルタイプなら26.0cmがフィットしますが、ズームフライ 5は26.0cmだとやや大きめの印象。

ズームフライ 5の使用感

実際の使用感は次のとおり。

フカフカのクッション

個人的には、ミッドソールのクッションはかなりフカフカしているように感じます。接地の際は足が沈み、地面の間隔が伝わってきません。

前作「ズームフライ4」はどちらかというと硬めのクッションだったので、履き心地はまったくの別物と考えた方が良いと思います。

反応が薄い

フルレングプレートを内蔵している割には、そこまで推進力は感じられません。ただそれは、柔らかいクッションが影響しており、実際にはスピードが出しにくいわけではありません。

柔らかいクッションが間に入るため、良くも悪くも足の動きに対する反応が薄いのがこのシューズの特徴です。これなら脚へのダメージを最小限に抑えられそうですが、履き心地は好き嫌いが分かれると思います。

安定感は抜群

「ズームフライ4」よりも安定感が増した印象。前足部とヒールの幅が広くなっていることが影響しているのでしょう。これならハイスピードでの走行はもちろん、長時間のジョギングでも本領を発揮しそう。

淡路島1周ランで使用

2022年の夏休みに兵庫県の淡路島をランニングで1周しました。シューズはズームフライ 5を着用。フカフカのクッションのおかげで150kmの道のりでも足が持ちました。

走行距離250km

ソールのシワや、縁の部分の擦り切れが目立ってきました。クッション性能も弱くなってきた印象。

ズームフライ 4のとの違い

前作ズームフライ 4に比べると、ズームフライ 5はソール・アッパーともに全く別のシューズに生まれ変わりました。基本スペックの違いは以下のとおり。

ズームフライ5ズームフライ4
発売2022年7月2021年12月
重さ(メンズ26.0cm)262g257g
ミッドソールZoomXフォーム+フルレングスプレートNike React+カーボンファイバープレート
アッパー軽量メッシュ二層構造のFLYNKIT
アウトソール前足部とヒールにラバーを配置前足部とヒールにラバーを配置
価格18,700円18,700円

ズームフライ 5(写真左)ではミッドソール・アッパーにメジャーアップデートと呼ぶに相応しい大きな変更が加わりました。

まず、ミッドソールはクッションが「Nike React」から「ZoomXフォーム」にアップデートされました。

アッパーは一体型のフライニットから軽量メッシュに変更。並べてみると、全く別物のシューズですよね。

アウターソールはヒール部分のラバー配置が変わっています。

おまけ

ズームフライ 5は前作ズームフライ 4とはまったくの別物。履き心地は好き嫌いが分かれそうなので、ちゃんと試着してから購入することをおすすめします。

購入ガイド

最新の価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。