旅ランニング|大阪「中之島」の走り方:周回6km、バラ園がおすすめ

中之島(なかのしま)は、大阪府大阪市北区にある2つ川に挟まれた中洲地帯。北側のリバーサイドテラスは走りやすく、東側の中之島公園には歴史的建造物やバラ園などの見どころがたくさん。大阪出張のついでに走った1周5.8kmのランニングコースを紹介する。

#大阪府

とも

大阪 (ちくま新書)」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

アクセス

中之島はJR大阪駅から南へ1km、走って10分ほどの場所にある。Googleマップで見るとツチノコのような形をしており、細長い土地にオフィスやホテル、マンションなどの高層ビルが立ち並んでいる。

ちなみに2つの川の名前は「土佐堀川」と「堂島川」。江戸時代には、それぞれ「表川」と「裏川」とも呼ばれており、いずれも一級河川。中之島の北側を流れる土佐堀川は、かつて蔵屋敷や船着場が集中していたエリア。

南側を流れる堂島川は、久留米藩、広島藩などの蔵屋敷が立ち並んでいたそうです。

コース

地図では小さく見えるが、中之島の外周は実測値で5.8kmだった。

中之島遊歩道〜中之島西公園

今回は、中之島のちょうど真ん中あたり、肥後橋の交差点から時計回りに走り始めた。

肥後橋の交差点

土佐堀川を左手にみながら、「中之島遊歩道」を進んでいく。

中之島遊歩道

ずっと歩道が続くのかと思いきや、途中から狭い、殺風景な道路へ。

中之島の南西エリア

しばらく走り続けると、中之島の西側の先端にある「中之島西公園」に到着。公園といっても、隅から隅まで歩いて10秒もかからないくらいちっちゃな公園。

中之島西公園

中之島バンクス

中之島西公園で折り返し、今度は中之島の北側へ。北西エリアは歩道が整備されていて走りやすい。

中之島の北西エリア

途中から「NAKANOSHIMA BANKS」と書かれたオシャレな雰囲気に様変わり。BANKS(バンクス)とは「銀行」のBANKではなく、「川岸」のBANKの意味。

中之島バンクス

ウッドデッキ風の歩道がオシャレ。ここだけはランナーを多く見かけた。

中之島バンクス

大阪市役所に向かって歩道を進んでいく。

中之島バンクス

大阪市役所から見えるこちらの建物は「日本銀行大阪支店」。どこかで見覚えがあるなと思ったら、東京の日銀本店と同じ建築様式だった。

日本銀行大阪支店

その近くにある「水晶橋」も必見。こちらは歩道者専用。

水晶橋

中之島公園

中之島の東エリアには「中之島公園」がある。ちなみに下の地図では、左側が東方面。

中之島公園の地図

中之島公園の一角にあるバラ園は圧巻。時期にもよるが、今回訪れた10月初旬はちょうどバラの花が満開だった。

バラ園

いろんな品種が植えられているので、それぞれ見比べてみると面白い。こちらは「うらら」という名の品種。 バラ園

バラ園(ローズガーデン)を通り抜けて東側の先端へ。 バラ園

中之島公園で折り返して中之島の南側へ。

中之島南西エリア

南西エリアも歩道が整備されている。

中之島南西エリア

こちらのれんが造りの建物は「大阪市中央公会堂」。雰囲気が東京駅に似ていると思ったら、東京駅を設計した辰野金吾氏が設計を手掛けている。

大阪市中央公会堂

この辺りは「中之島緑道」と呼ばれ、所どころにアート(彫刻)作品が展示されている。

中之島緑道

お役立ち情報

個人的には北側のリバーサイドテラスと、東側のバラ園がおすすめ。

#大阪府

とも

大阪 (ちくま新書)」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。