【大阪城公園】ランニング・ジョギングコース完全ガイド

大阪城公園は大阪市の中心地にある周囲約5kmの公園。東京の皇居とは異なり、園内は自由に行き来することができる。天守閣をめぐる5.5kmコースや、内堀りをめぐる3.5kmなど、4つのランニングコースがある。大阪出張のついでに4つのコースを制覇してきたので紹介する。

アクセス

大阪城公園は、大阪府大阪市中央区にあり、JR大阪駅からは電車で15分ほど。最寄駅は、JR大阪環状線の「大阪城公園駅」とJR大阪環状線と大阪メトロ「森ノ宮駅」だ。ランニングコースのスタート地点は、森ノ宮駅を出てすぐ。今回はランニングステーション「ランニングベース大阪城」に立ち寄るために「大阪城公園駅」から向かった。

コース

大阪城パークセンターが公開している情報によると、大阪城公園には4つのランニングコースがある。Aコースが最も長く、大阪城天守閣で折り返す5.5kmコースと、天守閣を経由しない4.2kmコースの2種類ある。

  • Aコース(天守閣折返)5.5km
  • Bコース 3.8km
  • Cコース 3.5km
  • Dコース 1.4km

園内には、A〜Dのコースを案内する看板が立っているので迷う心配はない。

Aコース 5.5km(天守閣折返)

Aコースは大阪城公園の外周をぐるりと1周するコース。大阪城天守閣で折り返す5.5kmコースと、天守閣を経由しない4.2kmコースがあるが、観光で訪れるなら天守閣は外せない。しかし観光客で混雑しているので、ランニングに集中したいなら避けた方が無難だ。

こちらが森ノ宮駅の近くにあるスタート地点の噴水。A〜Dコースは全てここからスタートする。

コースの至るところに距離表示とコース案内があるので、これを目標に走ると安心だ。

Aコースは基本的に大阪城公園外周の歩道を走る。

一旦、第二寝屋川を渡り、JO-TERRACEの商業施設を通過する。

1.5kmほど走ると、B〜Dコースと合流

しばらく公園の中を走る。10月初旬だというのに、葉っぱが色づいていた。

大阪城公園の西側。

お堀のすぐ横を一直線に走る。

西側の大阪城大手町に到着。門の奥には大阪城天守閣が見えた。

折り返し地点の天守閣前で記念撮影。この辺りは観光客で混雑しているので走るのは難しい。

大手門に戻り、再び公園の外周を走り始める。

「ピース大阪」の看板が見えたらゴールはもうすぐ。

Bコース 3.8km

Bコースは、1周3.8km。Aコースとの主な違いは、前半は公園内のルートを走り、後半は天守閣ルートを折り返しせず、そのまま公園を突っ切る点だ。

Aコースと同様に西側の大阪城大手門から園内に入る。しかし天守閣には立ち寄らずに、豊国神社を右手に見ながらそのまま直進する。写真は豊国神社の前に立つ豊臣秀吉像。

Cコース 3.5km

Cコースは、1周3.5kmで大阪城の魅力が存分に楽しめるコースだ。前半はBコースと同じだが、後半は大阪城京橋口から園内に入り、内堀沿いを走る。

京橋口から走ると、まずは2頭の狛犬がお出迎え。

大阪城の天守閣は内堀から眺めるのが最も美しいと思う。

石垣をバックに遊覧船が内堀を行き来していた。時間に余裕があれば乗ってみたかった。

途中で急な上り坂に差し掛かる。「雁木坂」と呼ばれ、明治以前はもっと傾斜がきつかったそうだ。コース上にこういう坂があると良い「刺激」になる。

坂を上り切ると、Bコースと合流してゴールへ。

Dコース 1.4km

Dコースは1周1.4kmで最も短いコースだ。前半はAコース・Bコースと同じで、途中で折り返すだけ。

こちらが折り返した後の道。ほぼ一直線なので走りやすい

お役立ち情報

ランニングステーション

大阪城公園には「ランニングベース大阪城」というランニングステーションがある。1回600円でロッカーとシャワーが利用でき、さらにオプション料金でタオルやランニングシューズ・ウェアのレンタルもできるので、ランニングの拠点として便利だ。

大阪城観光

初めて大阪城を訪れるなら、大阪城天守閣は外せない。Aコースを走るついでに立ち寄るのがおすすめだ。天守閣の入館料は600円。自動販売機で入館チケットを購入する。

天守閣は途中までエレベーターで登れるが、最上階は階段をひたすら上っていく。結構いい運動になる。

こちらが最上階からの景色。下はAコースの折り返し地点。

大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた