Skin Pro 10レビュー:荷物10L&水1.5Lを羽織れるバックパック

サロモンのスキンプロ 10(Skin Pro 10)は、10L分の荷物と1.5Lのハイドレーションパックを背負いながらも快適に走れる夢のようなバックパックだ。ベストのように羽織れるので腕振りの邪魔にならず、上半身にぴたりとフィットして安定感も抜群。実際に泊まりがけの旅ランやレースで使ってみたが、文句なしのクオリティだった。

サロモン スキンプロ 10

この記事の著者:とも(tomo)

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

荷物10L&水1.5Lを羽織れるバックパック

サロモン(Salomon)は、フランス・アルプスで誕生した世界的アウトドアのブランド。もともとマウンテンスポーツを得意としていたが、最近はランナー向け商品のインナップも充実している。個人的には、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインと細部まで考えられた機能性が気に入っている。

今回紹介する「スキンプロ 10」は、トレイルランニングや旅ランに必要な収納力と機能をギュッと凝縮したバックパックに仕上がっている。

スキンプロ 10」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、これだけの収納力がありながらベストを羽織るように装着できること。腕振りの邪魔にならず、上半身にぴたりとフィットして安定感も高い。これなら泊まりがけのトレイルランニングや旅ランで重宝する。

10Lの収納スペース

まずは「スキンプロ 10」本体の収納スペースを見ていこう。

容量は10Lを確保しながら、重さはわずか279g。

内側には大きめの内ポケットがひとつ。貴重品類をまとめておくのにちょうど良い。

その他、ソフトハイドレーション用のフロントポケットが2つ、サイドジップポケットが1つ、サイドポケットが1つある。

メイン収納と背中のメッシュの間には、ハイドレーションパックが収納できるスリーブ付き。チューブはバックパックの下から通す仕組み。

1.5Lのハイドレーション

スキンプロ 10」のセットを購入すると、専用のハイドレーションシステムが付属する。容量は1.5Lで、500mlペットボトル3本分の水分が入る。

上からパカっと口を開けて水を注ぎ、口を折りたたんでキャップで固定するだけ。

チューブを通してノズルに水が届く仕組み。

アルミ素材の保冷バッグも付いてくる。ハイドレーションパックを背中のスリーブに収納すると、身体の熱で水が生ぬるくなる。アルミ素材に入れておけば断熱効果で長時間経っても冷たい水が飲めるというわけだ。

スキンプロ 10の評価

ここからは、実際に「スキンプロ 10」を使って気づいた点をまとめていく。

安定感が抜群

バックパックを固定するフロントストラップが2つ付いてきます。それぞれ高さや長さが調整すればバックパックが安定する。

サイズ調整が絶妙

スキンプロ 10」はワンサイズしかないが、「S M L」と書かれたストラップでサイズ調整が可能。これで自分の体型にぴたりとフィットするサイズにカスタマイズできる。

いつでもサクッと水分補給

ハイドレーションのノズルはちょうど首のあたりに来るので、楽に水分補給ができる。わざわざ立ち止まる必要はない。

真夏の長距離走におすすめ

1.5Lの水分を運べるので、暑い季節の長距離走で重宝する。コンビニや自販機、水飲み場がないコースを走る時は尚更だ。

泊まりがけの旅ランでも活躍

12月に高野山へ旅ランに出かけた時にも「スキンプロ 10」が大活躍した。大阪で前泊し、1泊2日分の荷物を詰め込んだ。真冬だったので8割がランニングウェア。

メインの収納以外にも、ショルダーにフロントポケットが2つ、左側にサイドジップポケットが1つ、右側にサイドポケットが1つ付いているので、エイド類や小物を入れた。

さらに、バックパック下部にはシェルなどが収納できるゴム紐も付いている。

水洗いでお手入れ簡単!

走ったあとは軽く水洗いして天日干しにすれば、数時間で乾く。

ハイドレーションシステムは、水を入れてノズルから出し、チューブの中に水を通して洗浄する。

青梅マラソン

先日参加した「青梅マラソン2019」では、「スキンプロ 10」を背負って30kmの道のりを走った。タイムは微妙だったが、終始快適に走れた。

バックパックを背負って走っているのが珍しかったのか、完走後に地元テレビ局の取材を受けたのは良い思い出。

サロモン スキンプロ 10