読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

サロモン スキンプロ10(Skin Pro 10)【徹底レビュー】ランニングのリュックにおすすめ

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

ランニングに使えるリュックが欲しかったので、サロモン(Salomon)のサロモン スキンプロ10(Skin Pro 10)を購入しました。

10Lの余裕の収納力に加えて、水分補給用の1.5Lのハイドレーションパックと収納スペースが付いています。泊りがけの旅ランでも使いましたが、ベストを羽織るような感覚で装着でき、フィット感と安定感が抜群でした。とても10Lの荷物を背負っているとは思えません。

実際にレースや旅ランで使用した経験を元に、「サロモン スキンプロ10」の特徴・使用感・耐久性をわかりやすく解説します!

サロモンを選ぶ理由

数あるランニング用リュックの中から、サロモンの「サロモン スキンプロ10」を選ぶ理由は何か?

信頼できる「サロモン」ブランド

フランス発のスポーツ用品メーカーのサロモン(Salomon)は、ウィンタースポーツ用品やトレイルシューズの世界的ブランド。世界のトップアスリートが愛用しているだけあって、そのクオリティは一級品です。

ベストのように「羽織る」バックパック

「サロモン スキンプロ10を装着して驚くのが、その着ごこち。バックパックを「背負う」というよりも、ベストを「羽織る」という感覚に近いですね。

フィット感に優れた SKIN PRO 10 SET はフリーサイズの軽量スリムなバックパックで、トレッキング、ランニング、サイクリングと幅広い場面で活躍します。ストレッチ性に優れ、高いフィット感を提供する SensiFit™ 構造を採用したこのバックパックは、ストラップの長さを簡単に調節できるため、安定性が向上。ポールやアイスピッケル、ヘルメット、パッドなどのギアを簡単に取り付けられる、安定性と適用性に優れたキャリーシステムです。(公式サイト

外観・スペック

10Lのリュック

リュックの容量は10Lを確保しながら、重さはわずか279g。

メイン収納には、大きめの内ポケットがひとつ。貴重品類をまとめておくのにちょうど良いですね。

その他、ソフトハイドレーション用のフロントポケットが2つ、サイドジップポケットが1つ、サイドポケットが1つ。

メイン収納と背中のメッシュの間には、付属のハイドレーションパックが収納できるスリーブがあります。チューブはバックパックの下から通す仕組みです。

1.5Lのハイドレーション

Skin Pro 10 Setを購入すると、専用のハイドレーションシステムが付いてきます。容量は1.5L。500mlのペットボトル3本分です。

上からパカっと口を開けて水を注ぎます。あとは口を折りたたみ、キャップで固定するだけ。

チューブを通してノズルに水が届く仕組みです。

アルミ素材の保冷パックも付いてきます。ハイドレーションパックは背中のポケットに入るので、そのまま収納すると水が生ぬるくなります。長時間経っても冷たい水が飲めるのは有り難いです。

使用感

リュックを固定するフロントストラップが2つ付いてきます。それぞれ高さや長さが調整すれば、ランニング中の安定感が高まります。

ハイドレーションのノズルはちょうど首のあたりに来るので、ランニング中でもサクッと給水できます。

Skin Pro 10はワンサイズしかありませんが「S M L」と書かれたストラップでサイズの調整が可能。これでフィット感とランニング中の安定性がますます高まります!

実践・耐久性レビュー

炎天下での水分補給

Skin Pro 10 Setのハイドレーションシステムは一度に1.5lの水分を運べるので、夏の長距離走に最適です。先日、東京の浅草〜埼玉のロングランに「スキンプロ10」を使いました。

5月中旬とはいえ、真夏日のような暑さ。21kmで1lの水を飲み干しました。

夏のランニングは熱中症が怖いですが、Skin Pro 10 Setがあれば長距離走も快適に走れそうです。

高野山トレイルランニング

弘法大師空海が今でも修行していると言われる高野山の参詣道を走って来ました。高野山の麓から弘法大師御廟のある「奥之院」を目指す、かなりガチなトレイルコース。その時も「スキンプロ10」が活躍しました。

大阪で前泊したのですが、1泊2日の持ち物はこちら。真冬だったので8割りがランニングウェアでした。

メインの収納以外にも、ショルダーにフロントポケットが2つ、左側にサイドジップポケットが1つ、右側にサイドポケットが1つ付いています。

バックパック下部にはシェルなどが収納できるゴム紐も付いています。

水洗いでお手入れ簡単!

「スキンプロ10」はベストを羽織るように装着するので、背中の部分は汗でビチョビチョになります。走ったあとは軽く水洗いして天日干しにすれば、数時間で乾きます。

ちなみにハイドレーションシステムは、水を入れてノズルから出し、チューブの中もきれいにしましょう。

青梅マラソン

先日参加した「青梅マラソン2019」では、「スキンプロ10」を背負って30kmを走りました。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎