暑さ指数(WBGT)が28℃を超えたら、ランニングは原則中止

>

マラソンブロガーのともです。

熱中症予防に使われる暑さ指数(WBGT)が28℃以上ならランニングは中止すべき。暑さ指数は環境省の公式サイトで確認できるので、夏の暑い日は暑さ指数をチェックしてからランニングに出かけましょう。

この記事では、暑さ指数(WBGT)の調べ方と活用方法について紹介します。

暑さ指数(WBGT)とは?

暑さ指数は、熱中症予防に使われる指標です。普通の「気温」とは異なり、暑さを測る際に「湿度」「日射」「気温」の3つを考慮します。英語では「Wet Bulb Globe Temperature」と呼ばれ、頭文字とって「WBGT」とも略されます。

暑さ指数(WBGT)は、度数(℃)で表しますが、気温の度数(℃)とは違うので注意が必要です。目安としては、気温マイナス3〜4℃が暑さ指数となります。

以下は環境省の公式サイトより。

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

暑さ指数(WBGT)の調べ方

環境省の公式サイトで公開されています。

都道府県>エリアを選択すると、そのエリアの暑さ指数(WBGT)がほぼリアルタイムで更新されます。さらに、3日後までの暑さ指数(WBGT)の予測もわかります。

上のグラフを見ると「走行禁止」の基準とされる暑さ指数(WBGT)28℃を超えるのが、午前7時からまでと午後9時まで。この時間帯以外に走れば、熱中症のリスクが軽減できますね。

こんな感じで、いつ、何時ごろに走るべきを知ることができます。

暑さ指数28℃以上ならランニングは中止

環境省の公式サイトでは、暑さ指数の高さに応じて、熱中症予防の運動指針をまとめています。

暑さ指数(WBGT)が28〜31℃

気温の目安は31〜35℃。厳重警戒、激しい運動は中止すべき。暑さ指数28℃以上(気温31℃以上)なら、ランニングは中止した方が良いです。

WBGT28℃以上では、熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。

暑さ指数(WBGT)31℃以上

気温の目安は35℃〜。運動は原則中止。

WBGT31℃以上では、特別の場合以外は運動を中止する。特に子どもの場合は中止すべき。

真夏のマラソン大会

先週末に参加した「小布施見にマラソン」では、熱中症予防に暑さ指数(WBGT)を取り入れていました。以下は大会パンフレットより。

小布施見にマラソンは、皆さまの安全を第一に考え、WBGTが28℃を超えた場合に「走行中止」、WBGTが31℃を超えた場合は「運動中止」を勧告し、大会を中止する場合がございます。万が一の場合に備えて、お送りした大会案内冊子25Pをご一読ください。

コース上にも暑さ指数の計測機が設置されていました。

よく見ると、暑さ指数(WBGT)は28℃。「走行中止」ぎりぎりのラインですね。

中日新聞の記事によるとレース中に「走行中止」のアナウンスが出たようですね。ぼくはスタートから1時間半以内に完走しましたが、特にアナウンスはなく、歩かずにゴールできました。

小布施町内であったハーフマラソン大会では、スタート約一時間後の午前七時十四分に、気温や日差しの強さなどで暑さを表す暑さ指数が二八度を超えたため、大会規定で走るのを止めるよう指示が出た。約七千五百人の参加者の多くは歩いてゴールし、男性二人が熱中症の疑いで搬送された。(中日新聞

まとめ

以上、暑さ指数(WBGT)の調べ方と活用方法について紹介しました。

熱中症予防に使われる暑さ指数(WBGT)が28℃以上ならランニングは中止すべき。暑さ指数は環境省の公式サイトで確認できるので、夏の暑い日は暑さ指数をチェックしてからランニングに出かけましょう。