tomo.run

Nike「エピックリアクト フライニット」レビュー

Nike「エピックリアクト フライニット」レビュー

2018年2月に発売されたナイキの「エピックリアクト フライニット」を紹介します。

アッパーに伸縮性に優れた「フライニット」、ソールクッションに反発力のある「エピックリアクト」を採用し、ナイキの最先端テクノロジーが凝縮された1足です。

早速履いてみたので詳しくレビューしたいと思います。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

ナイキの最新技術を搭載

ナイキがこれまでにない新しいコンセプトのランニングシューズを発表しました。

その名は「エピックリアクト フライニット(EPIC REACT FLYKNIT)」。長いので以降は「エピックリアクト」と呼びます。

最大の特徴は、ナイキが新開発した新しい素材を2つも採用していること。

ひとつは「エピックリアクト」と呼ばれるミッドソール素材。反発性・軽量性・耐久性・柔軟性など相反する要素をぎゅっとひとつにまとめた魔法の厚底ソールです。

もうひとつは、アッパーに用いられた「フライニット」と呼ばれるニット素材。一枚のニット(編み物)でアッパー部分を構成することで、靴下のようなフィット感を実現しています。

デザインとスペック

それでは「エピックリアクト」を詳しく見ていきましょう。

メンズ25.5cmの重さは実測値で200gでした。厚底シューズにしては軽いですね。

側面(外側)の様子。赤いライン部分に「nike react」の文字が入っています。

側面(内側)の様子。

新開発の「エピックリアクト」は、反発性・軽量性・耐久性・柔軟性を両立させた魔法のソール材。真横から見ると、ソールの分厚さはさることながら、後部への突起が際立ちますね。

ソールに刻まれたヒダが、軽量性・クッション性・弾力性の両立のカギを握っています。

靴底の様子。フォアフットとカカトの以外は、ミッドソールがむき出しになっています。

上から見た様子。

アッパー部分は「フライニット」技術を採用し、一枚のニットで編まれています。伸縮性があるため、靴下のように伸び縮みして、靴下のようにピタリとフィットします。

先端部分は通気性を高めるためにメッシュの目が荒くなっています。素足を入れると、肌がうっすらと透けて見えるほど。

履いてみた感想

実際に「エピックリアクト」を履いてみた感想をまとめます。

ファーストインプレッション

「エピックリアクト」のキャッチコピーは「ふわ・かる・びよーん」ですが、実際の履き心地はそれとは異なります。

クッションの感覚をひと言で表現するなら「お餅のような弾力性」とでも言うのでしょうか。硬めのクッションには弾力性もあり、まるでお餅を「グイっ」と踏んづけて走っているような感覚です。

フライニットが生み出すフィット感は最高。ランニングソックスがシューズと合体したような履き心地です。素足で履いても大丈夫です。

ワンサイズ上がおすすめ

ランニングシューズのサイズ選びでは25.5cmと26.0cmで迷いますが、今回は25.5cmを選びました。素足ならちょうど良いサイズでしたが、ランニングソックスを履くとやや窮屈に感じます。

公式サイトには「快適なフィット感で、足のサイズにぴったり。ゆったりめのフィット感がお好みの場合は、ハーフサイズ上の大きさがおすすめです。」と書いてありました。

汚れが目立つ

デビューランで裏底が真っ黒になりました。汚れが気になる人は、ソールが白でないカラーバリエーションを選ぶと良いでしょう。

耐久性はちょっと心配

エピックリアクトは摩耗に弱そうです。1週間の中国旅行で未舗装の道を走ったら、早速ソールが擦り切れてきました。耐久性はちょっと不安。

身も心も軽くなるシューズ

おまけ

「とも」は毎年10足以上のランニングシューズを自費で購入していますが、たまに履くだけで気分がアガるシューズに出逢います。

「エピックリアクト」はそのひとつ。履き心地はキャッチコピーのように「ふわ・かる・びよーん」とはいきませんが、気持ち的には「ふわ・かる・びよーん」となります。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「ナイキ エピックリアクト フライニット」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

ナイキ エピックリアクト フライニット

ナイキ公式オンラインストアiconなら、30日間の返品・返送料が無料。世界に1足だけのカスタマイズモデル「By You」も選べます。