自費レビュー|ガーミン Forerunner 255S

ガーミン

2022年6月に発売されたガーミンの新しいランニング時計「Forerunner 255S」を紹介する。なぜハイエンドモデルの「955」ではなく、通常サイズの「255」でもなく、コンパクトサイズの「255S」を選んだのかも併せて解説したい。

購入ガイド

ガーミン Forerunner 255」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

Forerunnerとは?

ForeAthleteからForerunnerへ

Forerunner(フォアランナー)は、ガーミンのウェアラブル端末のランニング向けシリーズ。日本では長らくForeAthlete(フォアアスリート)の名称で親しまれてきたが、2022年6月から欧米と同じForerunnerの名称に統一された。

ランニングにチューニングされたシリーズ

ガーミンは言わずと知れたGPSナビゲーションの世界最大手であり、GPS機能付き時計の代名詞でもある。Forerunner以外のシリーズにもランニングを計測する機能はあるが、Forerunnerはランニング向けにチューニングされている。主なシリーズの特徴は以下のとおり。

シリーズ主な特徴最新モデル価格帯
fenix(フェニックス)/MARQ(マーク)fenixは最先端のテクノロジーと機能を盛り込んだフラッグシップシリーズ。MARQはfenixからさらにデザイン・素材に磨きをかけた最高峰モデルfenix 7など10〜30万円
Forerunner(フォアランナー)/ForeAthlete(フォアアスリート)日常的なエクササイズから本格的なトレーニングまで対応するランニング向けGPS機能付き時計Forerunner 955、Forerunner 255など3〜7万円
Instinct(インスティンクト)MIL規格の耐衝撃・防水性能を持つシリーズInstinct 2など3〜6万円
Venu(ヴェニュー)日々のフィットネスをサポートするシリーズVenu 2など2〜5万円

スペックと価格帯で見るとForerunner、Instinct、Venuは重複するが、ランニング重視ならForerunner、アウトドア重視ならInstinct、フィットネス重視ならVenu、という選び方ができる。

255と955の違い

2022年6月に発売されたForerunnerシリーズは「255」と「955」の2種類。さらに「255」はコンパクトサイズの「255S」と、音楽保存対応モデル「255/255S Music」の派生モデルがある。

参考までにここではエントリーモデルの「ForeAthlete 55」も比較対象とする。

基本仕様

955255255S55
重量53g49g39g37g
表示サイズ33.0mm33.0mm27.5mm26.3mm
防水性能5TAM
GPSみちびき・GLONASS・Galileo
ライフログ機能心拍数・血中酸素レベル・ステップ数など
稼働時間(最大)約15日間約14日間約12日間約14日間
稼働時間(GPS+心拍)約42時間約30時間約26時間約20時間
 タッチ操作×

サイズ・重さ的には「955」と「255」が同じくらい、「255S」と「55」はそれよりも小ぶりだ。防水・GPS・ライフログの性能に関しては違いはない。

稼働時間に関しては「955」と「255」が有利だが、100km超のウルトラマラソンをやらない限り1回の充電で20時間可能できれば問題ないだろう。

「955」だけの機能としては、タッチ操作がある。

スマートウォッチ機能

955255255S55
通知機能
カレンダー
気圧高度計
電子コンパス×
GarminPay×
Suica×
無線(Bluetooth・ANT)
無線(Wi-Fi)○(Musicのみ)×
音楽○(Musicのみ)×

メールや予定の通知機能は全モデルに対応。決済手段のGarmin PayとSuicaは「55」のみ非対応。音楽保存機能は「955」と「255 Music」モデルのみ対応している。

トレーニング機能

955255255S55
心拍ゾーン
ピッチ
VO2 Max
血中酸素濃度×
RDポッド連携×
メトロノーム×
トレーニングステータス・負荷・効果×
トレーニングステータスレディネス×
リアルタイムスタミナ×
暑熱・高度適応×

距離・時間・心拍数・ピッチなど基本的なデータは全モデルで計測可能。「55」は血中酸素濃度の計測やRDポッドの連携に対応していない。「955」だけの機能としては、リアルタイムスタミナや暑熱・高度適応がある。

その他の機能

955255255S55
日本詳細地形図×
日本詳細道路地図×
日本登山地形図×

その他、「955」のみ地図表示に対応している。

255Sを選んだ理由

僕は2014年からガーミンを愛用しており、これにまでに使用したモデルは以下のとおり。

  • ForeAthlete 220J
  • ForeAthlete 935
  • ForeAthlete 945
  • fenix 6X

この流れだと「fenix 7」または「Forerunner 955」を選ぶのが自然な流れだが、今回は255のしかもコンパクトモデルの「Forerunner 255S Music」を選んだ。

オーバースペック

僕はガジェット大好き人間なので、スペック(技術仕様)の高いものに無条件で惹かれる。それが理由でForeAthleteの「220」から「935」へ、さらにはForeAthleteからfenixにスペックアップしてきたわけだが、全ての機能を使いこなすのは難しい。

例えばForerunnerでは「955」にのみ搭載されている地図機能は「fenix 6X」で使ってみたが、スマホがあればGoogleマップの方が使いやすい。結局、必要に駆られて地図機能を使うことは一度もなかった。

使い分け

僕がfenixシリーズを買ったもうひとつの理由は、見た目に高級感があり、ビジネスシーンでも使えると思ったから。事実、fenixシリーズは「ビジネスアスリート」をメインターゲットに設定している。

しかしその後、Apple Watchを併用するようになり、仕事や日常生活ではApple Watch、ランニングではガーミン、と使い分けるようになった。

軽いは正義

さらにその後、カロスの「Pace 2」を使い始め、その軽さに衝撃を受けた。フルマラソンのような長距離走では腕振りを数万回することになる。わずか重量の差でも塵が積もれば山となり、腕の疲労具合が変わる。

「255」(49g)と「255S」(39g)の重量差は10gと20%も開きがある。ダウンサイジングによるデメリットは、稼働時間(GPS+心拍)が約30時間から約26時間に減るぐらいなので、特に問題はない。

また、僕の腕は一般男性に比べると細いので、コンパクトな方が馴染むのも「255S」を選んだ理由だ。

デザインとスペック

それでは「Forerunner 255S」を詳しく見ていこう。

コンパクトなパッケージ

以前に比べるとパッケージがずいぶんコンパクトになった。「ForeAthlete 945」や「fenix 6」の頃はサイコロのような形をしていたが、今は縦長の箱に収まっている。

同梱物

時計本体、充電用USBケーブル、取扱説明書。写真には写っていないが「beat yesterday.」のスティッカーも入っていた。

正面

サイズは直径27.5mmで「255」よりも2.5mm小さい。ピクセル数は218×218カラー。レンズは耐久性に優れた「Corning Gorilla ガラス 3」を使用している。物理ボタンは右側面に2個、左側面に3個tYある。

背面

中央には光学式心拍センサーを配置。左側には充電ケーブルの差込口がある。

充電ケーブル

充電ケーブル「ForeAthlete 945」や「fenix 6X」の頃から変わらない。

重さ

重さは実測値で39g。「255」よりも10gも軽い。わずか10gとはいえ、「255」の重量は49gなので、20%以上も軽い計算になる。

使ってみた感想

ここからは実際に「Forerunner 255S」を使ってみた感想をまとめる。

GPSの捕捉が早い

起動してから5秒以内にGPSの捕捉が完了した。複数のGPS(みちびき、GLONASS、GALILEO)が利用可能なため位置精度がより正確に計測できる。

文字・数字が大きい

ディスプレイサイズが小さくなったことで視認性が悪くなると懸念していたが、文字・数字が大きく表示されるので問題なかった。ただし情報量は限られてしまう。

ディスプレイはカスタマイズ可能

表示する情報は設定画面でカスタマイズできる(最大6分割)。増やすこともできるが、ディスプレイが分割されていくので、情報量が増えれば増えるほど視認性は悪くなる。

心拍数は便利

個人的には、距離と時間と心拍数さえ正確に記録できれば機能としては十分。これらのデータを掛け合わせることで、運動性学の観点から自分の走りが分析できるようになる。

Suicaや音楽再生機能は使わない

ランニングにはスマホを持ち運ぶため、ガーミンでSuicaや音楽再生機能を使うことはない。その意味では、Suica非対応の「55」でも良かったが、 将来的に血中酸素濃度やRDポッド連携が必要になるかもしれないので「255」を選んだ。

まとめ

以上、ガーミンの「Forerunner 255S」を紹介した。

以前のように新技術やハイスペックに魅力を感じなくなり、必要最低限の情報(距離と時間と心拍数)が正確に計測できれば良いというスタンスなので「Forerunner 255S」の機能は十分すぎる。

今回はあえてコンパクトサイズの「255S」を選んだが、「255」より10gも軽く、さらに細めの僕の腕にぴたりと馴染み、とても満足している。

一点注意が必要なのは、充電ケーブルの差込口が錆びやすいこと。最悪の場合、故障に繋がりかねない。

これはガーミンのランニング時計に共通する弱点だが、差込口の金属部分が露出しているのが原因だ。でも対策は簡単。専用の充電プラグで差込口を塞いでしまえば良い。

ネット通販サイトで「ガーミン 防塵プラグ」と検索すれば簡単に見つかる。

また、ディスプレイに傷をつけたくないならガーミン専用の「保護フィルム」を買って貼っておこう。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

ガーミン Forerunner 255」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

Garminウォッチは防塵・防水性能を備えているが、唯一の弱点は充電ポートの金属パーツがむき出しになっていること。ここが腐食してしまうと、故障の原因になる。そこでおすすめなのが、充電ポートを汗や水滴から守る「防塵プラグ」だ。ランニング好きの叔父が教えてくれたので紹介する。

Garmin 防塵プラグ 充電ポート用」の最新価格を今すぐチェック!

2020年11月に発売されたCOROS PACE 2(カロス ペース 2)は、ランニングウォッチの新興ブランド「COROS」のエントリーモデル。重さわずか29gでランニングウォッチとしては世界最軽量。腕に装着するだけで距離・高度・ピッチ・ストライド・心拍数などが計測できる。実際に使ってみて気づいた点を紹介する。

COROS PACE 2」の最新価格を今すぐチェック!

Garmin(ガーミン)とApple Watch(アップルウォッチ)、ランニングで使うならどっち?という疑問についてお答えします。ランニングウォッチといえばやっぱりGarminが有名……でもiPhoneユーザならApple Watchも気になりますよね。ちなみに「とも」は2014年からGarminひと筋でしたが、今はGarminの「Forerunner 255S」とApple Watchの「Series 7」の2台持ち。その理由も含めて分かりやすく解説しますね。

#ガーミン

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。