tomo.run

Hoka「クリフトン」レビュー

Hoka「クリフトン」レビュー

ホカのランニングシューズ「クリフトン5」を紹介します。

柔らかくて分厚いマシュマロのようなクッションが脚を衝撃から守ってくれます。

早速履いてみたので詳しくレビューします。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

5代目のクリフトン

クリフトン(CLIFTON)は、ホカのランニングシューズのフラグシップモデル。

柔らかくて分厚いマシュマロのようなクッションが脚を衝撃から守り、長距離のロードランニングでも故障しにくいのが特徴です。

今回紹介するのはシリーズ5代目となる「クリフトン5」。ホカのトレードマークとも言えるクッショニング技術「マキシマムクッション」を継承しつつ、ロッキングチェアのようなスムーズなライド感を実現したモデルです。

デザインとスペック

それでは「クリフトン5」を詳しく見ていきましょう。今回はホカの公式サイトで注文し、2日後に自宅に届きました。

実はホカのランニングシューズを買うのは今回が初めて。箱を開けると、まずミッドソールの分厚さに驚きました。

「SHOES MASTER(シューズマスター)」と書かれた冊子が同梱されいたので熟読しました。

前から見た様子。ミッドソール(黄色の部分)がアッパーよりもひとまわり大きく、台形のような形をしています。そのため、安定感が非常に高いです。

後ろから見た様子。ヒールカップはガッシリした作りになっており、カカトを支柱に足をしっかりとホールドします。

上から見た様子。ミッドソール(黄色の部分)がくっきりと見えるのが分かりますかね。それだけミッドソールの接地面積が大きい(=安定性が高い)ということです。

靴底の様子。接地の衝撃が大きいフォアフットとカカトの部分にだけ、アウターソールのラバー素材を配置しています。

側面(外側)の様子。「HOKA」のロゴが目立ちますね。

側面(内側)の様子。やはりミッドソールの分厚さが目立ちます。

メンズ25.5cmの重さは実測値で255gでした。見た目のボリューム感からは想像できない軽さです。

履いてみた感想

実際に「クリフトン5」を履いてた感想をまとめます。

バネのような反発力

まず驚いたのは反発性の高さ。接地するたびにバネのスプリングが「ぼよよーんっ」としなるような感覚が実感できます。竹馬で飛び跳ねるような感覚、と言うと大袈裟かもしれないがそんな気持ちになります。

アーチが反発力を増強

反発性の秘密はミッドソールの構造にもあります。靴底をよく見ると真ん中がペコっと凹んでおり、足が接地するときにアーチが広がり、閉じようとする力が反発力をさらに強めています。

安定性が高い

ミッドソールは下に行くほど面積が大きくなる「台形」のフォルムが特徴です。接地面積が大きくなるため、走行時の横ブレが少なく、安定感の高い走りが実感できます。

長距離走の定番シューズ

クッション性能が秀逸なので、硬いアスファルトの上を長時間走り続けていても疲れにくいです。練習で20km〜30km走る時は、大体クリフトンを履いています。

マシュマロクッションは磨耗しやすい

マシュマロのようなクッションは柔らかい反面、摩耗しやすいですね。特に、靴底のアウターソールで覆われていない部分は脆いです。

走行距離300km超え

300km走るとさすがに損傷が激しくなります。

おまけ

クリフトンのような人気シリーズものは値崩れがしにくいのですが、新作が発売されると旧作が2〜3割引で買えることがあります。

ホカの公式サイトでも不定期でセール(最大で3割引)を実施ているので、メールアドレスを登録しておくのがおすすめです。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「ホカ クリフトン5」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

ホカ クリフトン5

Amazonで最大8%ポイントアップ「スマイルSALE」開催中(4/22まで)

ホカ公式オンラインストアなら、11,000円以上の注文で送料無料。ニュースレターに新規登録すると10%OFFクーポンがもらえます。