ホカオネオネ「クリフトン6」徹底レビュー

2019.06.10 > 

この記事では、2019年6月に発売されたHoka One One(ホカオネオネ)のランニングシューズ「Clifton 6(クリフトン 6)」を紹介します。

軽くて衝撃吸収性に優れた超厚底ソールのおかげで、長距離のロードランニングでも疲れ知らず。前モデル「Clifton 5」の欠点も解消されています。

練習で長距離を走る方、ロードランニングで足を痛めやすい人におすすめです!

Clifton 6を選ぶ理由

Hoka One Oneはフランスで生まれ、米国カルフォルニア州に本拠地を置くランニングシューズのメーカー。

まるでマシュマロのような独自のクッショニング技術「マキシマムクッション」を武器に、超厚底なのに軽くて衝撃吸収性に優れたシューズを世に送り出しています。

今回紹介する「Clifton 6(クリフトン 6)」は、Hoka One Oneのラインアップの中でも、特に長距離のロードランニングに適したモデルです。おなじみの超厚底のマシュマロクッションと、ロッキングチェアのようなスムーズなライディングが、疲れ知らずの走りをサポートします。

外観とスペック

それでは、「Clifton 6(クリフトン 6)」を詳しく見ていきましょう。

ホカオネオネのランニングシューズに共通して言えることですが、クリフトン6を手に取ると「見た目よりも圧倒的に軽い」ことに驚きます。

横(外側)の写真。ホカオネオネらしいボリューミーなミッドソールが特徴です。「HOKA」のロゴが目を引きますが、「CLIFTON 6」もさりげなく印字されています。

クリフトン6の特徴は、アッパー部分に施されたスティッチデザイン。重量を増すことなく、安定感を高めています。

横(内側)の写真。こちら側にもスティッチデザインが入っています。

アッパーの写真。フォアフット周りは通気性に優れたメッシュデザインが特徴。

靴底の写真。白い部分はマシュマロのように柔らかく足を衝撃から守ります。摩耗の激しいフォアフットとカカトの部分には、黒のラバー素材が施されています。

オフセット

つま先とカカトの高低差を表すオフセットは5mm。比較的フラットなシューズと言えます。

サイズ

カーボンXのサイズは、メンズが25.0cm〜30.0cm。レディースが22.0cm〜25.0cm。いずれも0.5cm刻みでサイズが揃っています。

重さ

公式値は、メンズ27.0cmで255g。僕が購入したメンズ25.5cmの実測値は244gでした。

クリフトン5から進化したポイント

最新モデルの「クリフトン6」で進化したポイントは2点あります。

まず、アッパー部分の両サイドに施されたスティッチデザインが「クリフトン6」の特徴です。「クリフトン5」ではシューズの両サイドにメッシュ素材が使われていましたが、「クリフトン6」ではメッシュを前方に集約し、両サイドをスティッチデザインで補強することで、シューズの安定感を高めています。

デザインのアクセントとしても悪くないですよね。写真は、左が「クリフトン5」で右が「クリフトン6」です。

フォアフット部分の靴底のラバーの面積が前モデルよりも増えています。ここは消耗が激しい部分なので、耐久性アップが期待できそうです。写真は、左が「クリフトン6」で右が「クリフトン5」です。

動画レビュー

履いてみた感想

実際に「Clifton 6(クリフトン 6)」を履いてみた感想を紹介します。

ホールド感がアップ

両サイドに施されたスティッチデザインにより、シューレース(紐)とソールがしっかり固定された結果、シューズのホールド感が向上しています。長時間走ってもカッチリとしたホールド感をキープしてくれます。

安定した着地

「クリフトン5」と同じく「クリフトン6」も靴底の接地面積が広く、着地がとても安定します。このシューズを履いて足を捻ることはまず無いでしょうね。

さらに「クリフトン6」ではフォアフットのラバー素材の面積が増えているので、グリップ力も増しています。濡れた地面を走ってみると、その安定感が際立ちました。

やや幅狭

「クリフトン5」もそうでしたが、「クリフトン6」は横幅がややせまく感じます。フォアフットだけでなく、土踏まず周りも。

そこで「クリフトン6」では、通常タイプよりも橋幅を約2サイズ分アップした「ワイドタイプ」を選びました。

これが大正解。やや窮屈だった「クリフトン5」の通常タイプに比べ、「クリフトン6」のワイドタイプは足幅に余裕があり、足指も自由に動かせます。

長距離走の頼れる相棒

個人的には、20km以上の長距離で本領を発揮するシューズだと思います。

よくある質問

どこで買えますか?

Hoka One Oneの取扱店公式サイトAmazonなどの通販サイトでも購入できます。

サイズ感はどうですか?

通常サイズが25.5cmの僕の場合、25.5cmがちょうど良いサイズでした。ただし、僕の足は横幅があるので、ワイドタイプを選んで正解でした。

まとめ

以上、2019年6月に発売されたHoka One One(ホカオネオネ)のランニングシューズ「Clifton 6(クリフトン 6)」を紹介しました。

練習で長距離を走る方、ロードランニングで足を痛めやすい人におすすめです!

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いた人

tomo
埼玉県在住の37歳。マラソンブロガー・会社員・二児の父親

こちらもおすすめ

同じカテゴリの最新記事

ブログの他にも、YouTube、Strava、Twitterでランニングに関する情報を発信しています。

- YouTube -

主にランニングシューズのレビュー動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると嬉しいです。

チャンネルをチェック ▶︎

- Strava -

Garminウォッチで記録したアクティビティはStrava(ストラバ)で一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック ▶︎

- Twitter -

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

ともらん人気記事

ともらん新着記事