徹底レビュー|ホカ クリフトン7

CLIFTON 7(クリフトン 7)は、ホカオネオネのロード用ランニングシューズ。最適ペースは5:00/km前後で、ロードランニングで距離を踏む練習をするランナーにおすすめしたい。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

#シューズ#ホカ

とも

メンズ 25.0〜30.0cm、レディース 22.0〜25.0cm、幅広ワイドもあり

HOKA ONE ONE CLIFTON 7」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

超厚底クッション

CLIFTON 7」の主な特徴は以下のとおり。

  • 抜群の衝撃吸収と適度な反発力を兼ね備えた超厚底クッション
  • フィット感を高めたシューレースシステムとアンクルパッド
  • 着脱しやすい一体型のプルタブ
  • 重さは232g(メンズ25.5cm)
  • ドロップは5mm
  • 定価は税込17,800円
  • ワイドタイプあり

最大の特徴は、超厚底・超軽量のミッドソール。足への衝撃を吸収しながら軽やかなフットワークを実現することで、長時間でも疲れずに走り続けることができる。

ホカオネオネのベストセラー「CLITON(クリフトン)」シリーズは僕の長距離走の練習には欠かせないパートナーだ。「CLIFTON 5」から愛用しており、毎年新作を買い足している。

前モデル「CLIFTON 6」との違い

CLIFTON 7」のスペックは以下のとおり。シリーズ前作の「CLIFTON 6」と、2020年6月に発売されたばかりの「CLIFTON EDGE」と比較する。

CLIFTON 7 クリフトン 7CLIFTON 6 クリフトン 6CLIFTON EDGE クリフトンエッジ
発売2020年7月2019年9月2020年6月
重さ247g(27.0cm)255g(27.0cm)252g(27.0cm)
ドロップ5mm5mm5mm
ミッドソールフルコンプレッションのEVAミッドソールEVAミッドソール超軽量で復元力の高い新しいフォーム
アッパーオープンエンジニアードサンドイッチメッシュメッシュ+プルタブメッシュ+プルタブ
アウトソール摩擦の多い部分にのみラバーを配置摩擦の多い部分にのみラバーを配置ラバーEVAブレンド

CLIFTON 6からマイナーアップデート

シリーズ前作のクリフトン 6から進化したポイントは、ミッドソールの反発力が増してスピードが出しやすくなったこと、シューレース・システムの改善によりフィット感が向上したことが挙げられる。着実な進化という意味で「CLIFTON 6」のマイナーアップデートという位置付けだ。

クリフトンエッジからはプルタブを継承

同じCLIFTONシリーズのクリフトンエッジはスピンオフという位置付けなので「CLIFTON 7」とは異なる設計思想を持つ。唯一「CLIFTON EDGE」で使い勝手の良かったプルタブが「CLIFTON 7」にも採用されている。

重さは232g

メンズ25.5cmワイドタイプの重さは実測値で232g。このボリューム感でこの軽さは驚異的。クリフトン 6のメンズ25.5cmワイドタイプは244gだったので、12gの減量になる。

デザイン

ミッドソールにはフルコンプレッションのEVAミッドソールを採用し、ホカオネオネならではのクッションニングを実現。まるでマシュマロのように柔らかく、適度な反発力がある。爪先とカカトが反り上がった弓のような構造により、転がるように前進する。

アッパーには、オープンエンジニアードのサンドイッチメッシュを採用し、優れた通気性と快適性を実現。

足首が当たる部分には柔らかい素材のアンクルパッドを配置。垂直に伸びたプルタブによりシューズの着脱がしやすくなった。

シューレース(紐)周りもシリーズ前作のクリフトン 6から進化したポイント。紐がキュッと締まり、足首周りのフィット感が向上している。

アウターソールはボコボコした立体構造が特徴。ちょうど真ん中の部分が空洞になっており、アーチ構造が着地の衝撃を和らげてくれる。

フォアフットとカカトを中心に耐摩耗のラバーが配置されており、耐久性を高めています。

インナーソールには、立体構造でクッション性に優れた素材が使われている。

サイズ感

CLIFTON 7」のサイズ展開は以下のとおり。

  • メンズ:25.0〜30.0cm
  • レディース:22.0〜25.0cm

普段のランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷うが「CLIFTON 7」は25.5cmのワイドタイプ(幅広)でサイズ感がちょうど良かった。

耐久性

250km

以下は250km走った後の様子。アウターソールの縁の部分の損傷が目立つ。

CLIFTON 7の評価

CLIFTON 7」を実際に履いてみて気づいたことをまとめていく。

シューレース・システムが改善

シューホール(紐を通す穴)が補強され耐久性が増した上に、シューレースの締まりが良くなり、足首の安定感が確実に高まっているのを感じる。

最適ペースは5:00/km前後

「CLIFTON 6」に比べてミッドソールの反発力が増したため、スピードが出しやすくなった。5:00/km前後が最も快適に走れるペースだと感じる。

ロードでの長距離走でも疲れない

CLIFTON 7」を履いて何度か20〜30km走を走ってみたが、走った後に疲労を感じないのがこのシューズのすごいところ。疲れにくいシューズは怪我もしにくい。練習で距離を踏みたい人には自信を持ってクリフトン 7をおすすめしている。

#シューズ#ホカ

とも

メンズ 25.0〜30.0cm、レディース 22.0〜25.0cm、幅広ワイドもあり

HOKA ONE ONE CLIFTON 7」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ホカ公式オンラインストアなら、1,1000円以上の注文で送料無料。ニュースレターに新規登録すると10%OFFクーポンがもらえる。

2021年6月に発売されたクリフトン 8(CLIFTON 8)は、ホカオネオネのロードランニング向けシューズ。マシュマロのような柔らかい厚底クッションと、ロッキングチェアのような自然な重心移動をサポートするメタロッカーテクノロジーにより、長距離を走ってもダメージが少ない。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

ホカ クリフトン 8」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

2019年6月に発売されたCLIFTON 6(クリフトン 6)は、ホカオネオネのロード用ランニングシューズ。軽くて衝撃吸収性に優れた超厚底ソールを搭載し、長距離のロードランニングでも疲れ知らず。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

ホカ クリフトン6」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

2020年6月に発売されたCLIFTON EDGE(クリフトンエッジ)は、ホカオネオネのベストセラー「クリフトン」シリーズを進化させたロード用ランニングシューズ。かかと部分のエッジ(出っ張り)がスムースなヒールストライクを実現し、安定した走りをサポートしてくれる。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

HOKA ONE ONE CLIFTON EDGE」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。