人気のロードラ"/>

tomo.run

Hoka「クリフトンエッジ」レビュー

Hoka「クリフトンエッジ」レビュー

2020年6月に発売されたホカのランニングシューズ「クリフトンエッジ」を紹介します。

大人気クリフトンシリーズのスピンアウト版で、エッジの効いたヒールストライクが安定した走りをサポートします。主な特徴は以下のとおり。

  • 人気のロードランニングシューズ「クリフトン6」の進化版
  • かかとの部分の面積を広げて着地を和らげ、スムースなヒールストライクを実現
  • 履き口に形状記憶フォームのアンクルパッドを搭載
  • 重さは227g(メンズ25.5cm)
  • ドロップは5mm
  • 定価は税込22,000円

「とも」は発売日当日に注文しました。早速履いてみたのでレビューしたいと思います。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

クリフトンシリーズの派生モデル

ホカの「クリフトン6」の発売から時間が経ち、そろそろ「クリフトン7」が発表される頃かなと思っていた矢先、2020年6月に「クリフトンエッジ(CLIFTON EDGE)」が発売されました。

クリフトンシリーズはホカのランニングシューズのフラグシップ。「クリフトンエッジ」はその派生系、スピンアウトモデルと言えます。主な特徴は以下のとおり。

  • かかとの部分の面積を広げて着地を和らげ、スムースなヒールストライクを実現
  • 履き口に形状記憶フォームのアンクルパッドを搭載
  • 重さは227g(メンズ25.5cm)
  • ドロップは5mm
  • 定価は税込22,000円

最大の特徴は、かかと部分にエッジ(出っ張り)を作ることで接地面積を広げ、スムースなヒールストライクを実現していること。

写真を見ると一目瞭然ですが「やりすぎじゃない?」と思うほど、エッジが効いていますよね。実はこれ、無駄なように見えて、重心のバランスを取り、安定感を高めるために必要なんです。

クリフトン6との違い

「クリフトンエッジ」のベースとなっている「クリフトン6」との違いを見ていきましょう。基本スペックを表にまとめました。

クリフトンエッジクリフトン 6
発売2020年6月2019年9月
重さ252g(27.0cm255g(27.0cm)
ドロップ5mm5mm
ミッドソール超軽量で復元力の高い新しいフォームEVAミッドソール
アッパーメッシュ、プルタブメッシュ
アウトソール摩擦の多い部分にのみラバーを配置ラバーEVAブレンド

並べてみると、かかとのエッジの違いが際立ちます。

「クリフトン6」から進化したもうひとつのポイントは、足首周りのアンクルパッド。形状記憶フォームを搭載することで足首のフィット感を高め、シューズをしっかりと固定してくれます。

デザインとスペック

それでは「クリフトンエッジ」を詳しく見ていきましょう。

ミッドソールにはホカのトレードマークとも言える「マキシマムクッション」を採用。高いクッション性と程よい反発性が快適な走りをサポートします。

アッパーには通気性に優れたメッシュ素材を採用。履き口に足首を包む形状記憶フォームのアンクルパッドを搭載し、足首をしっかりと固定。

耳のようにピンと立ったプルタブは、着脱のしやすさと、アキレス腱のサポートに貢献。薄くなったタンは、足の形に馴染むようにフィットします。

ラバーEVAブレンドのアウトソールは厚みがあり、フォアフット〜ミッドフット(ピンク)とヒール(オレンジ)の大きく2つのパーツに分かれています。

真ん中の部分を窪ませることでアーチ構造を作り、クッション性が向上しています。

インナーソールは薄いフラットな素材を使用。

メンズ25.5cmの重さは実測値で227gでした。見た目のゴツさからは想像できないほど軽いです。手に取った瞬間に「軽っ」と驚いたほどです。

サイズ感

「クリフトンエッジ」のサイズ展開は以下のとおり。

  • メンズ:25.0cm〜30.0cm
  • レディース:22.0cm〜25.0cm

ランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷いますが、今回は25.5cmを選びました。ワイドタイプではなくても横幅に余裕があり、ちょうど良いサイズ感でした。

履いてみた感想

実際に「クリフトンエッジ」を履いてみた感想をまとめます。

アスファルトの上を走っている感じがしない

クリフトンシリーズは長距離のロードランニングの定番シューズです。マシュマロのように柔らかい独自のマキシマムクッションにより、アスファルトのような硬い路面を長時間走り続けても脚へのダメージを軽減してくれます。

「クリフトンエッジ」も例外ではなく、20〜30kmのロードランニングでその威力を発揮します。

スロージョグにおすすめ

「クリフトン6」に比べてスピードを出すのが難しそう。どんなに頑張っても5:00/km前後が限界です。やはりLSDみたいに、ゆっくり長く走るのがピッタリですね。

おまけ

人気シリーズの派生モデルって、買うのに結構迷うんですよね。「王道」のラインから外れて、実験的なランニングシューズを作るので、当たり外れが多い印象です。

例えばナイキのペガサスシリーズだと「ペガサスターボ」なんかは派生モデルです。良いシューズなんですが「ペガサス」や「ズームフライ」との棲み分けが難しいですよね。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「ホカ クリフトンエッジ」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

ホカ クリフトンエッジ

Amazonで最大8%ポイントアップ「スマイルSALE」開催中(4/22まで)

ホカ公式オンラインストアなら、11,000円以上の注文で送料無料。ニュースレターに新規登録すると10%OFFクーポンがもらえます。