tomo.run

Mizuno「マルチポケットパンツロング」レビュー:裏起毛は最強

Mizuno「マルチポケットパンツロング」レビュー:裏起毛は最強

マルチポケットパンツの収納力はそのままで、タイツのような暖かく快適な履き心地とパンツのような美しいシルエットを兼ね備えています。冬のランニング用ロングパンツでは最強クラス。

このレビューはランニングアイテムに年間200万円以上課金するマラソンブロガー「tomo」が書きました。

Amazonブラックフライデーセール開催中!最大12%ポイントアップキャンペーンも

ミズノ マルチポケットパンツロング 裏起毛

当ブログはアフィリエイト収入で運営しています。こちらから購入していただけると励みになります!

ミズノ マルチポケットパンツロング 裏起毛を含む全商品を自費で購入しています。忖度なしで評価します!

目次と内容

評価:非常に満足

結論から言うと、マルチポケットパンツロングの評価は「非常に満足」です。

もともとマルチポケットパンツの短パンを所有しており、スマホ・エイド・給水ボトル・貴重品類の4点を持ち運べる収納ポケットを高く評価していました。

冬でも履きたい…と思っていた矢先、ストレッチ裏起毛仕様のロングパンツを発見。

マルチポケットパンツの収納力はそのまま。暖かいタイツのような履き心地。でも見た目はシュッとしたロングパンツ。

それらを定価8,250円にまとめるパッケージ力。これは買わないと後悔するレベルです。

マルチポケットパンツロングの特徴

マルチポケットパンツロングは、Mizunoの人気ランニング短パン「マルチポケットパンツ」のロングタイプ。

ロングタイプには「ロング」と「ロング裏起毛」があり、今回紹介するのは後者の方です。

主な特徴

マルチポケットパンツロング裏起毛マルチポケットパンツロング
品番J2MBA590J2MB1530
収納ストレッチ素材の360°ポケット+ジップポケットとサイドポケットストレッチ素材の360°ポケット+ジップポケットとサイドポケット
本体素材ポリエステル85%、ポリウレタン15%ポリエステル100%
インナーパンツなしなし
定価8,250円7,590円

外観

前面の様子。パッと見た感じは一般的なジョガーパンツですが、ウエスト周りが腰のラインに寄り添うようなシルエットになっています。

背面も同じ。ウエスト周りの収納は「360°ポケット」と呼ばれ、その名の通りウエストを囲むように配置されています。

360°ポケットに加えて、左右にサイドポケットを配置しています。

ウエスト周りはドローコード(紐)でサイズ調整が可能です。

右の太ももあたりに反射材仕様のロゴを配置。暗い夜道でも安心です。

足首はキュッと絞っているため、ランニング中も安定します。

360°ポケット

前面のメッシュポケットは中サイズが1個、小サイズが2個。

中ポケットはスマホが簡単に出し入れできます。写真は「iPhone 13 mini」ですが、6.1インチの「iPhone 14 Pro」でもスペース的に余裕でした。小ポケットはエナジージェルが余裕で収まります。

さらに中ポケットの中には、クレジットカードサイズの貴重品が収納できるジッパー式ポケットを内蔵しています。

背面のメッシュポケットは、大ポケットが1個、極小ポケットが3個。大ポケットにはスマホはもちろん、250mlサイズのソフトフラスクも余裕で入ります。

小ポケットはエナジージェルを折りたためば収納できるサイズ感です。

マルチポケットパンツロングのサイズ感

サイズ展開は以下のとおり。「ロング」と「ロング裏起毛」で同じです。ユニセックス仕様なので男女別もありません。

SMLXL2XL3XL
身長の目安162〜168cm167〜173cm172〜178cm177〜183cm182〜188cm187〜193cm
ウエスト57cm61cm65cm69cm73cm76cm
ヒップ95cm99cm103cm107cm111cm115cm
股上22.9cm23.7cm24.5cm25.3cm26.1cm26.9cm
股下69cm71.5cm74cm76.5cm79cm81.5cm
裾幅11cm11.5cm12cm12.5cm13cm13.5cm

自分は身長170cm、体重60kgの体型ですが、Mサイズでちょうど良かったです。

ただし「ロング裏起毛」はストレッチ素材を使用しているため、タイツに似たピタッとした履き心地になります。

ゆったりした履き心地が好みならワンサイズ上を選ぶか、「ロング裏起毛」ではなく「ロング」の方が良いと思います。

マルチポケットパンツロングの使用感

実際に使用感は以下のとおり。

ウエストポーチが不要に

360°ポケットの安定感はさすがです。スマホや給水ボトルのように重量のあるものでも、ランニング中に揺れません。しかも収納力に余裕があるのでウエストポーチが不要になります。

タイツとパンツの良いとこ取り

写真を見てのとおり、パンツの生地はかなりストレッチが効いています。着用した感じはパンツというより、タイツに近いです。

ロングタイツは履き心地が快適なのですが、男性ランナーの中には「見た目が…」と抵抗がある方も多いはず。自分もそのひとりです。

マルチポケットパンツロングは、足や股間のラインがギリギリ目立たないレベルなので、その点は安心です。

裏起毛が暖かい

今回購入した「ロング裏起毛」は、内側が起毛仕様。空気の層を作るため、非常に暖かく感じます。これなら肌寒い冬でも走りに出かけるハードルがグッと下がります。

とはいえ冬でも汗はかきます。この素材は吸湿速乾性にも優れており、汗をかいてもベタベタになりません。非常に優秀ですね。

500ml給水ボトルが入らない

唯一欠点をあげるとすると、360°ポケットの背面にある大ポケットでしょうか。大ポケットに500mlサイズのソフトフラスクを入れてみると、ちょっと厳しいですね…。

無理やり入らなくもないですが、以前から愛用している短パン仕様の「マルチポケットパンツドライ」は余裕で収納できたのですが…。

マルチポケットパンツと違い

Mizunoは2018年からランニング向けの「マルチポケットパンツ」を展開しており大ヒット商品に育て上げました。

ヒットの秘密はウエスト周りに配置された「360°ポケット」。スマホやジェル、貴重品などがすっぽり収納できて、なおかつランニング中に揺れない優れもの。

マルチポケットパンツには以下のバリエーションがあります。

いずれも「360°ポケット」を搭載しており、収納力はウエストポーチ並みかそれ以上。そのため、個人的にはサイドポケットは不要です。

おまけ

これまで裏起毛ロングパンツは、Patagoniaの「R1 デイリー ボトム」を愛用してきましたが、マルチポケットパンツロングの方が収納力が圧倒的に優れておりお財布にも優しいですね。

ただし裏起毛でなくても暖かいパンツはあり、個人的にはPatagoniaの「ウィンドシールド パンツ」が自分史上最高のロングパンツだと思っています。値段はそれなりにしますが。

購入ガイド

ミズノ マルチポケットパンツロング 裏起毛は以下の通販サイトから購入できます。

ミズノ マルチポケットパンツロング 裏起毛

当ブログはアフィリエイト収入で運営しています。こちらから購入していただけると励みになります!

サイズ選びに不安があるなら、Amazonの無料試着サービス「Prime Try Before You Buy」を使って自宅で試着してみましょう。気になるサイズや色をまとめて注文、不要なものは無料で返送・返品できますよ。

この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!→