【ともらん】読めば走りたくなるマラソンブログ

【ウエーブリベリオンフラッシュ2】レビュー:コスパ良すぎ 【ウエーブリベリオンフラッシュ2】レビュー:コスパ良すぎ 【ウエーブリベリオンフラッシュ2】レビュー:コスパ良すぎ 【ウエーブリベリオンフラッシュ2】レビュー:コスパ良すぎ

【ウエーブリベリオンフラッシュ2】レビュー:コスパ良すぎ

マラソンブロガーのtomo.です。当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自分の意思で自費購入し、忖度なしでレビューしています。

Mizunoのレーシングシューズ「ウエーブリベリオンフラッシュ2」はクッション性能が高く、推進力もあり、アッパーのフィット感も最高。レースやスピード練習でガシガシ使いたいランナーにおすすめの1足です。実際に履いた感じでは初代「フラッシュ」とは別物、「プロ2」より扱いやすい印象でした。ただし安定感は微妙。

更新 作成

目次と内容

主な特徴

Mizunoの「ウエーブリベリオンフラッシュ2(Wave Rebellion Flash 2)」はナイロンプレートを搭載したレーシングシューズです。初代「ウエーブリベリオンフラッシュ」からメジャーアップデートされ、まったく別物のシューズに生まれ変わりました。

ソール
MIZUNO ENERZY LITE+、MIZUNO ENERZY FOAM
プレート
グラスファイバー強化ナイロンプレート
アッパー
エアメッシュ
ドロップ
0.5mm
重さ(27cm)
245g
定価
18,700円
発売
2024年1月

ミッドソール

最上部には「ウエーブリベリオンプロ2」にも使われているMIZUNO ENERZY LITE+を採用。その下にグラスファイバーで強化されたナイロン製のWAVE PLATEを配置し、MIZUNO ENERZY FOAMで挟み込んでいます。

「ウエーブリベリオンプロ2」と同じく、かかと部分が切り取られたような構造が特徴。フォアフット走行に誘導するミズノ独自のソールテクノロジー「スムーズスピードアシスト」が採用されています。

アウトソール

真ん中に縦長の溝があり、内側のナイロンプレートが見えます。溝の周りには靴底前面にラバーアウトソールを搭載。初代「ウエーブリベリオンフラッシュ」は凹凸のあるソールでグリップが強過ぎましたが、「ウエーブリベリオンフラッシュ2」ではよりソフトな仕上がりになっています。

アッパー

強固なヒールカップ以外は、通気性と軽量性を重視したエアメッシュを採用。シュータンはペラペラに薄く、アンクルパッドは必要最低限のパッドを配置しています。

重さ

公式値では27.0cmの重さが245g。26.0cmの実測値は223gでした。レースシューズにしてはちょっと重いかなという印象です。

サイズ感

「ウエーブリベリオンフラッシュ2」は男女共通のユニセックス仕様。サイズは24.5~29.0、30.0、31.0cmから選べます。幅広のワイドタイプはありません。前作「ウエーブリベリオンフラッシュ」は選べたんですけどね。

自分がランニングシューズを選ぶ際、通常タイプだと26.0cm、ワイドタイプだと25.5cmがジャストサイズとなります。今回は通常タイプの26.0cmを選びましたが、全体的にやや窮屈な印象でした。ハーフサイズアップも検討するのがおすすめです。

ちなみに「ウエーブリベリオンプロ 2」は26.0cmでちょうど良いサイズ感でした。

前作とは別物

自分は昔からMizunoのランニングシューズとの相性が良く、初サブ3は「ウエーブエンペラー3」で達成しました。「ウエーブライダー」は23代目から毎年新作を購入していますし、2023年にデビューした初代「ウエーブリベリオンフラッシュ」も発売日当日に買いました。

これらのシューズに搭載されているWAVE PLATE(ウエーブプレート)は左右のブレを抑え、走行安定性を高めてくれます。「ウエーブリベリオンフラッシュ」では安定感の高さに抜群の推進力が加わり、自分の中ではかなりの高評価でした。

以下は新作「ウエーブリベリオンフラッシュ2」と初代「ウエーブリベリオンフラッシュ」の比較。

ウエーブリベリオン フラッシュ2ウエーブリベリオン フラッシュ
対象ランナー(目安)サブ3.0〜4.0サブ3.0
ミッドソール素材MIZUNO ENERZY LITE+、MIZUNO ENERZY FOAMの二層構造MIZUNO ENERGY LITE、MIZUNO ENERGYの二層構造
ミズノウエーブの仕様グラスファイバー強化ナイロンプレートグラスファイバー強化ナイロンプレート
価格18,700円17,600円
重さ(メンズ27cm)245g230g
ワイドタイプ(3E)なしあり

素材だけ見ると大きな違いは見られませんが、構造的にはまったく別のシューズです。新作「ウエーブリベリオンフラッシュ2」ではスムーズスピードアシストを搭載し、かかと部分が切り取られたようなフォルムが特徴です。また、アウトソールは凹凸のある形状からよりフラットな形状に変わりました。

フィット感は文句なし

早速「ウエーブリベリオンフラッシュ2」に足を入れてみると、フィット感の素晴らしさに感激しました。エアメッシュは全体的に薄く、構造的にも頼りなさげでしたが、足全体をしっかりと包み込み、少しのズレも許しません。

クッションは強め

前作「ウエーブリベリオンフラッシュ」に比べると、クッション性能が格段に上がりました。硬いアスファルトの上を走っていても、ほとんど衝撃を感じません。反発性は抑え目。これなら長距離を走っても脚が疲れなさそう。

安定感はちょっと微妙

一方で、残念に感じたのが初代「ウエーブリベリオンフラッシュ」に比べて走行安定性がやや落ちたこと。一番の理由は靴底の接地面積が小さくなったこと。新作「ウエーブリベリオンフラッシュ2」では、真ん中の溝が大きくなり、カカトの部分も切り取られていますからね。

それからスムーズスピードアシストがフォアフット走行に誘導するため、常に重心が傾いた状態で走り続けている感覚があります。それが推進力につながることは理解できるものの、WAVE PLATE特有の安定感が損なわれているのは少し残念でした。

ファーストインプレッション

実際に「ウエーブリベリオンフラッシュ2」を履いて32km走ってきました(22kmロード+10km不整地)。ペースは4:25/km。サブ3よりも少し遅めのペースです。

履き心地を簡潔にまとめると、疲れずに速く走れるシューズ。クッション性能が非常に高く、ロードでも脚への負担を軽減できるのが良いですね。反発性は強くありませんが、スムーズスピードアシストのおかげで重心を上手くコントロールできれば効率的に推進力を得られます。

一方で、Mizunoのランニングシューズにしては安定感は物足りない印象。ロードでは特に問題ありませんが、不整地では一度足をひねりそうになりました。

前作「ウエーブリベリオンフラッシュ」から明らかに改善したポイントは、アウトソールのラバー。凹凸からフラットになり、着地と蹴り出しがよりスムーズになりました。

耐久性

今後、定期的にシューズの状態を更新していきますが、以下は30km走った後の状態。ミッドソール下部のMIZUNO ENERZY FOAMが衝撃を窮しているのか、すでにシワが入っています。

ウエーブリベリオンプロ2との違い

Mizunoのウエーブリベリオン(Wave Rebellion)シリーズは、サブ2.5向けの「プロ」、サブ3〜4向けの「フラッシュ」、サブ4〜5向けの「ソニック」があります。2023年12月には第2世代の「プロ 2」、2024年1月には「フラッシュ 2」と「ソニック 2」が発売されました。

ウエーブリベリオン プロ2ウエーブリベリオン フラッシュ2ウエーブリベリオン ソニック2
対象ランナー(目安)サブ2.5サブ3〜4サブ4〜5
ミッドソール素材MIZUNO ENERZY LITE+、MIZUNO ENERZY LITEの二層構造MIZUNO ENERZY LITE+、MIZUNO ENERZYの二層構造ミズノエナジー
プレートカーボン強化ナイロンプレートグラスファイバー強化ナイロンプレートTPUプレート
ソールの厚み(最大値)38.0mm35.0mm32.0mm
アウターソールG3ソールG3ソールX10ラバー
価格25,300円18,700円14,300円
重さ(メンズ27cm)215g245g240g

自分は「ウエーブリベリオンプロ2」も所有していますが、「ウエーブリベリオンフラッシュ2」と並べてみると、初見では区別できず…。かかとが切り取られた構造が似てますからね。以下の写真は左が「フラッシュ2」、右が「プロ2」です。

ただ、アッパーはまったく異なります。「フラッシュ2」は薄いメッシュ素材ですが、「プロ2」はさらにペラペラでアンクルパッドも簡素化されています。

履き心地の特徴としては「プロ2」はクッションが控えめ、反発力が強めです。特に中足部後方に「バネが仕込まれているのでは?」と思うほどグイグイきます。対して「フラッシュ2」はクッションが強め、反発力が控えめです。

評価まとめ

Mizunoの「ウエーブリベリオンフラッシュ2」を購入して非常に満足しています。

クッション性能が高く、推進力もあり、アッパーのフィット感も最高。そして何よりも素晴らしいのが価格設定。定価18,700円のですが、発売直後から実勢価格は15,000円まで下がっています。この価格でこのクオリティはコストパフォーマンスが良すぎます。

1秒でも速く走りたいレースシューズに大金を注ぎ込めても、ペース走やインターバル走などスピード練習に使うシューズには財布の紐が堅くなりがち。「ウエーブリベリオンフラッシュ2」はスピード練習でガシガシ使うシューズにおすすめの1足です。

他社のランニングシューズだと、互角に戦えるのはAsicsの「マジックスピード3」ぐらいでしょうか。同じような価格帯で似たような用途を持った高コスパシューズで、自分も愛用しています。

購入ガイド

最新の価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

2024年レギュラー入り

【マジックスピード 3】レビュー:メタスピードの弟分。コスパ最高

【ウエーブリベリオンプロ 2】レビュー:履く人を選ぶスピードシューズ

Mizuno「ウエーブリベリオン フラッシュ」レビュー:耐久性に難あり