tomo.run

【Mizunoマルチポケットパンツ】レビュー:ランニングパンツの完成形

【Mizunoマルチポケットパンツ】レビュー:ランニングパンツの完成形

今回紹介するのは「マルチポケットパンツ」というMizunoの超人気ランニングパンツ。ウエスト周りに配置された「360度ポケット」はスマホやエナジージェル、給水ボトルやシェルなどが収まり、ウエストポーチ並みの収納力があります。自分はマラソンレースでも愛用しています。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

80秒に1枚売れたランニングパンツ

ミズノは2018年からランニング向けの「マルチポケットパンツ」を展開しており、80秒に1枚売れるヒット商品に育て上げました。1日は86,400秒ですので、80秒に1枚は1日に1,000枚売れた計算になります。

ヒットの秘密はウエスト周りに配置された「360度ポケット」。スマホやジェル、貴重品などがすっぽり収納できて、なおかつランニング中に揺れない優れもの。似たようなパンツは昔からありましたが、アウトドアブランドのハイエンド商品がほとんど。ヒットのもうひとつの理由は求めやすい価格設定にあります。

ミズノのランニング マルチポケットパンツには以下の4つのモデルがあります(2023年3月時点)。いずれも「360度ポケット」が付いていますが、その他に付いてくるポケットや股下の長さが異なります。

マルチポケットパンツマルチポケットパンツドライマルチポケットパンツプラスマルチポケットパンツロング
特徴シリーズ定番モデル中身が濡れにくいドライポケット付きサイドポケットとジップポケットをプラスサイドポケットとジップポケットをプラスしたロングパンツ
機能360度ポケット360度ポケット、ジップポケット、ドライポケット360度ポケット、ジップポケット、サイドポケット360度ポケット、ジップポケット、サイドポケット
股下(L)14.5cm18cm18cm73.5cm
定価5,390円6,600円6,600円7,590円

主な特徴

今回購入したのは「マルチポケットパンツドライ」。通常タイプだと股下の長さが14.5cmですがドライタイプだと18.0cmあり、長い方が好みなのでそちらを選びました。

まずは前面から。360度ポケットを配置したウエスト周りはガッチリ、それ以外は薄い生地でふんわりしています。右足に反射材のロゴを配置しているので夜道でも安心です。

背面も似たような作りですが、こちらには反射材がありません。

内側にはドローコード(紐)が付いており、ウエストサイズを調整できます。

サイズ感

さすがに人気シリーズだけあってサイズ展開は豊富。以下はウエストサイズの実寸です。

  • S/57cm
  • M/61cm
  • L/65cm
  • XL/69cm
  • 2XL/73cm

今回はMサイズを選びました。身長170cm、体重60kg、痩せ型の体型ですが、サイズ感は小さめな印象。

「マルチポケットパンツロング」以外は基本的にスリムフィットの設計なので納得です。それから「360度ポケット」の安定感を高めるために、ウエストがカッチリ締め付けられるため、少し窮屈に感じるのかもしれませんね。

360度ポケットの恐るべき収納力

次に肝心の360度ポケットを詳しく見ていきます。

前面ポケット

まず前面には、向かって左側にメッシュポケットとその中にジップポケットを配置。ジップポケットはクレジットカードが入るくらいのサイズです。

メッシュポケットにはスマホがすっぽり収まります。

6.1インチの「iPhone 14 Pro」を入れるとこんな感じ。

向かって右側には小さめのメッシュポケットを2つ配置。

こちらはエナジージェルを縦に入れるのに良さそうです。ポケット1つに2袋ずつ入りました。

ちょっと無理すればパウチタイプのエナジーゼリーも入りますが、メッシュが傷みそうなのでおすすめしません。

側面ポケット

こちらは左側のメッシュポケット。エナジージェル2袋は余裕で入ります。

こちらは右側のメッシュポケット。極細ポケットが2つなので用途がイマイチ不明ですが、エナジージェルを折りたたんで1袋ずつ入れてみました。

背面ポケット

背面には一番大きなメッシュポケットが配置されています。

iPhone 14 Proが余裕で入ります。

給水ボトルだと、200〜300mlサイズは余裕でいけそうですが、500ml(以下の写真)は入り切りませんでした。

パウチタイプのエナジーゼリーは2袋横並びで収納できます。

メッシュポケットの内側には、ドライポケットがあります。水を通さない、伸縮性に優れた生地を使っています。

こんな感じでスマホを包むようにして収納します。

構造を分かりやすくするため、ドライポケットをメッシュポケットの外に出してみました。

揺れにくい、というか揺れない

実際に「360度ポケット」に荷物を入れた状態でランニングしてみましたが、ほとんど揺れないですね。スマホや給水ボトルのように比較的重いものは上下の動きに連動しがちですが、非常に安定感が高いです。

個人的にはこんな使い方をしています。

  • 背面ポケット→スマホ
  • 前面ポケット(中)→給水ボトル
  • 前面ポケット(小)→エナジージェル
  • 側面ポケット→自宅の鍵

スマホと給水ポケットを別々に収納できるのは便利ですね。ちなみにスマホを前面ポケット(中)に入れることもできますが、ジップポケットのジッパーがスマホを傷つけてしまう恐れがあります。

ドライポケットは使いづらい

肝心のドライポケットの方はあると便利ですが、出し入れしづらいですね…。ランニング中に一度も取り出さないなら問題ありませんが、自分は写真を撮ることが多いので出し入れが面倒。

ちなみにドライポケットは構造上、洗濯した後に乾きにくいため「ポケット内部を柔らかい布等で水分が残らないよう拭き取る」必要があります。

そもそもiPhoneは防水仕様ですし、濡れても大丈夫なようにケースはサイドバンパーを使用しているので、ドライポケットがなくても困りません。

インナーブリーフが欲しかった

個人的には、最大の不満ポイントはインナーブリーフがないこと。アウトドアブランドの類似品のほとんどがインナーブリーフを内蔵しており、下着が不要なので洗濯物が減って助かります。とはいえ、下にタイツを履く人もいるのでインナーブリーフ付きだと困る人もいるのは理解できます。

本命レースの「勝負服」

レースではスマホやジェル、貴重品を持って走るのでウエストポーチが必要になります。ポケットだと荷物が揺れてストレスになりますからね。しかし「マルチポケットパンツ」はポケットに入れても荷物が揺れず、ウエストポーチが不要で軽量化できて一石二鳥。

今や本命レースの「勝負服」として愛用しており、先日の「さいたまマラソン2024」でも自己ベスト更新&2度目のサブエガに貢献してくれました。

総合評価:非常に満足

Mizunoの「マルチポケットパンツ」を購入して非常に満足しています。ウエスト周りに配置された「360度ポケット」はスマホやエナジージェル、給水ボトルやシェルなどが収まり、ウエストポーチ並みの収納力があります。

【Mizunoマルチポケットパンツ】レビュー:ランニングパンツの完成形

この記事で紹介した「ミズノ ランニング マルチポケットパンツ ドライ」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

公式オンラインストアで探す

Mizuno公式オンラインショップならシューズの返品送料が無料。商品到着から2週間以内までなら着払いで返送できるので、自宅で気軽に試着できます。

自宅で無料試着してみる

シューズやウェアのサイズ選びに不安があるなら、Amazonの無料試着サービス「Prime Try Before You Buy」で気になるサイズをまとめて注文。自宅で試着した後、不要なものは無料で返送・返品できます。

関連記事

冬に使うならロングパンツ仕様の「マルチポケットパンツ ロング」をおすすめします。裏起毛タイプも選べて暖かいですよ。ちなみにレースではNew Heights.の「レーシングボクサーショーツ」を下に履いています。インナーブリーフ付きのハーフパンツが欲しいならPatagoniaの「ストライダープロショーツ」がおすすめです。

今回紹介するのは「マルチポケットパンツロング」というMizunoのロングパンツ。スマホ・エナジージェル・給水ボトル・貴重品類の4点を持ち運べる「360度ポケット」がとにかく便利。しかも裏起毛で暖かいので真冬のランニングでも快適です。

高機能ランニングパンツとセットで使える下着(ボクサーショーツパンツ)が欲しい…。そんな願いを叶えるべくNew Heights.の「レーシングボクサーショーツ」を購入しました。股ズレのトラブルが解消され、程よいコンプレッションと程よい通気性が、数々の自己ベスト更新に導いてくれました

パタゴニアのハーフパンツ「ストライダープロ ショーツ」を紹介します。 ランニング短パンのひとつの完成形であり、ハーフ・フルマラソンでレースで愛用しています。主な特徴は以下のとおり。

    軽量で吸湿速乾性に優れた素材を採用 サイドポケットを