徹底レビュー|ニューバランス フューエルセル

Fuel Cell(フュールセル)は、ニューバランスのランニングシューズ。ミッドソールに反発性重視のTPU素材「Fuel Cell」を搭載し、クッション性重視のEVA素材とはひと味違う。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

#シューズ#ニューバランス

とも

NEW BALANCE FUEL CELL」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

超高反発シューズ

今回紹介する「FUEL CELL」の特徴をひと言で表すと「超高反発」。「超」を付けても過言ではないほど、反発性能を極めている。

ミッドソールには、反発性に優れた新素材「FUEL CELL」が使われている。これはThermoplastic Polyurethane(TPU)の一種で日本語では「熱可塑性ポリウレタン」と呼ばれる。

クッション性に優れたEthylene Vinyl Acetate-vinyl(EVA)素材に比べると、TPUは摩耗に強いというメリットもある。

デザインとスペック

それでは「FUEL CELL」を詳しく見ていこう。

アウトソールは真ん中が空洞化され、ミッドソールに印字された「FUEL CELL」の文字が見える。

アッパー部分にはシンセティックレザー素材を採用。「サメ肌」のような模様が特徴だ。横から見ると、ミッドソールが二段構造になっているのが分かる。

メンズ25.5cmの重さは実測値で275g。

日本の公式サイトには記載されていないが、米国の公式サイトによると、シューズのドロップは6mm。

FUEL CELLの評価

実際に「FUEL CELL」を履いてみた感想は以下のとおり。

試し履きをしてから3週間、主にスピード走とインターバル走を合わせて40kmほど走った。

足を入れると、まず驚くのがその硬さ。もともとミッドソールが硬めだし、アッパーのシンセティックレザーやヒールカップもカッチリしている。

ただそれとは対照的に、つま先の部分はグニャっと柔らかく、蹴り出しの時は足の形状にそって曲がる。

ロードだと、まるで地面を素足で走っているのような感覚だった。着地や蹴り出しでもポンと跳ねず、足が地面に張り付いているような感覚。クッション性重視のランニングシューズとは履き心地が全然違う。

#シューズ#ニューバランス

とも

NEW BALANCE FUEL CELL」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。