tomo.run

【フューエルセル スーパーコンプ エリートv4レビュー】アッパーが苦手 【フューエルセル スーパーコンプ エリートv4レビュー】アッパーが苦手 【フューエルセル スーパーコンプ エリートv4レビュー】アッパーが苦手 【フューエルセル スーパーコンプ エリートv4レビュー】アッパーが苦手

【フューエルセル スーパーコンプ エリートv4レビュー】アッパーが苦手

New Balanceの「フューエルセル スーパーコンプ エリート v4」のミッドソールにひと目惚れして購入しましたが、久しぶりにシューズ選びで「ハズレ」を引きました。特にアッパーがダメ。レースシューズの割に高速走行に最適化されていない印象でした。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

主な特徴

New Balanceの「フューエルセル スーパーコンプ エリート v4(FuelCell SuperComp Elite v4)」は、Energy Arc +カーボンファイバープレートを搭載した最速級レースシューズです。

ソール
PEBA(ポリエーテルブロックアミド)
プレート
Energy Arc +カーボンファイバープレート
アッパー
エンジニアードメッシュ
ドロップ
4mm
重さ(26cm)
233g
定価
29,700円
発売
2024年2月

ミッドソール

ミッドソールには反発弾性に優れたPEBA(ポリエーテルブロックアミド)を採用。質感は発泡スチロールに似ていますが、高密度で適度な柔軟性があります。湾曲させたカーボンファイバープレート「Energy Arc +」を挟み、エネルギーリターンと推進力を高めています。

アウトソール

ミッドフット〜カカトにかけて溝があり、下から覗くとカーボンファイバープレート「Energy Arc +」が丸見えの状態。フォアフットとカカト周りにラバーを配置し、データドリブンな設計でさ滑りにくいパターンに仕上げています。

アッパー

薄手のスポンジのようなシュータンとエンジニアードメッシュを組み合わせ、高いフィット感を実現する「FANTOMFIT」を採用。ヒールカップは柔らかく、どこか頼りない印象でした。

重さ

メンズ26.0cmの実測値は223gでした。レースシューズにしては重すぎます。他社のレースシューズは200g前後が多いですからね。

サイズ感

「フューエルセル スーパーコンプ エリート v4」のサイズ展開は次のとおり。幅は「やや細い」のみで、幅広のワイドタイプは選べません。

メンズ
25.0cm〜29.0cm
レディース
22.0cm〜25.5cm

自分の場合、ランニングシューズ選びでは通常タイプなら26.0cm、ワイドタイプなら25.5cmがジャストサイズになりますが、今回は幅が細めということで、26.0cmを選びました。実際に足を入れてみると、横幅はちょうど良いものの、長さがやや大きめの印象でした。ハーフサイズ下だと長さがちょうど良さそうですが横幅に不安があり、いずれもトレードオフが必要になりそうです。

ソールにひと目惚れ

「フューエルセル スーパーコンプ エリート v4」を購入した理由は、完全に「ひと目惚れ」です。特にミッドソールの幾何学的なフォルムに惹かれました。ゴツいけど荒っぽくなく、洗練されて気品も感じられる。完全に見た目だけで3万円もするシューズをポチってしまいました。

スポンジみたいなシュータン

一方で、アッパーの作りは微妙です。まずシュータンが薄っぺらいスポンジみたいで、見た目から安っぽさを感じます。ヒールカップは柔らかく、親指で押すとフニャフニャ。

アンクルパッドは硬め

アンクルパッドは必要最低限のクッションしかなく、ホールド感はカッチリと硬め。足首の形に自然と馴染む感じではなく、シューレースをキツめに締めて固定させる感じです。個人的には好みの履き心地ではありません。

安定感は申し分なし

ここまでディスり気味ですが、唯一、感心したのは安定感です。ミッドフット〜カカトに溝があるものの、フォアフットの部分は接地面積が広く、縦方向のラバー素材のおかげで地面としっかりと捉えてくれます。ただし最大限の安定感を得るためには、フォアフット走行が前提となります。

ファーストインプレッション

「フューエルセル スーパーコンプ エリート v4」を履いて、4kmジョグ(5:00/km)と12kmペース走(3:55/km)を走ってきました。全体の印象としては、ミッドソールは弾力性と反発性に優れ、ポンッポンッと心地よいエナジーリターンが得られます。

ジョグではヒールストライク・ミッドフット走行だとやはり不安定感が否めません。まあ構造的に見れば、当たり前と言えますが…。

ペース走ではエナジーリターンを上手く推進力に変換できているなと感じます。フォアフット走行なら安定感もあります。ただしヒールカップが柔らかいためか、高速ペースだと足が完全に固定されず、ほんの僅かですが前後にズレる感じが否めません。

評価まとめ

New Balanceの「フューエルセル スーパーコンプ エリート v4」を購入して後悔しています。

ポンッポンッと弾むようなクッションは気に入りましたが、アッパーの作りや足のホールド感はイマイチ。レースシューズの割には高速走行に最適化されていないように感じます。それから、やっぱりレースシューズにしては重いですね。

それで定価が3万って…過去に戻れるなら、見た目だけでポチった自分を叱りつけたいです。自分は1秒でも速く走りたいレースに「フューエルセル スーパーコンプ エリート v4」を履きたいとは思いません。

レースシューズに3万円も出せるなら、Asicsの「メタスピード+」やNikeの「ヴェイパーフライ3」、あるいはもう少し価格が上ですがBrooksの「ハイペリオンエリート4」がおすすめです。

【フューエルセル スーパーコンプ エリートv4レビュー】アッパーが苦手

この記事で紹介した「フューエルセル スーパーコンプ エリート v4」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

自宅で無料試着してみる

シューズやウェアのサイズ選びに不安があるなら、Amazonの無料試着サービス「Prime Try Before You Buy」で気になるサイズをまとめて注文。自宅で試着した後、不要なものは無料で返送・返品できます。

関連記事

Nikeの「アルファフライ3」が入手できず、代わりにBrooksの「ハイペリオンエリート4」を購入。というのは嘘で、前作からの大ファンなので発売日に速攻注文しました。アッパーが改良され、長距離でのハンドリングが向上。スピードシューズとして完成度が高まりました。本命フルマラソンにも

2022年6月に発売されたメタスピードエッジ+(プラス)を紹介します。 クッションは硬めです。足が自然と前に出る設計でフォアフット走法に向いています。主な特徴は以下のとおり。

    ミッドソールには軽量性と反発性に優れた「FF BLAST T

2022年6月に発売されたメタスピードスカイ+(プラス)を紹介します。 前作の第1世代と履き比べると、第2世代はレスポンスとフィット感が向上し、アシックスの最速マラソンシューズとしての完成度が高まりました。主な特徴は以下のとおりです。

今回紹介するのは「ヴェイパーフライ3」というNikeの最速級マラソンシューズ。Nikeで最も反発力の高い「Zoom Xフォーム」をさらに改良し、凄まじい反発力が実感できます。評価の分かれるシューズですが、自分はかなり好印象。ハーフ自己ベスト更新にも貢献してくれました。