HANZO V2レビュー:サイズ25.5cm、重さ170g

2018年12月に発売されたHANZO V2(ハンゾー V2)は、ニューバランスのエリートランナー向けランニングシューズ。伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

NEW BALANCE HANZO V2

この記事の目次

足指の神経が研ぎ澄まされるシューズ

今回紹介する「HANZO V2」の特徴は以下のとおり。

職人が作ったシューズ

三村仁司氏は、数多くのトップアスリートのシューズを手がけたレジェンドで「伝説のシューズ職人」として知られる。自著『一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか』の中で三村氏は、ケガしないシューズが最強であると語っている。「HANZO V2」はレジェンドが設計したシューズを大量生産し、市民ランナーでも手が届くようにしている。

薄底シューズ

最近はナイキを筆頭に「厚底シューズ」がトレンドだ。「HANZO V2」はそのトレンドは逆行する。

薄底シューズの利点としては、着地の際に地面の感覚が足に伝わってくる。実際に履いてみると、足指の神経が研ぎ澄まされることに驚く。厚底シューズとは真逆の世界を知るためにはおすすめのシューズだ。

デザインとスペック

それでは「HANZO V2」を詳しく見ていこう。

まず「S」と「R」の2つのモデルが用意されている。「HANZO S」はサブ2.5ランナー、「HANZO R」はサブ3ランナーに適したモデルだ。僕はこれからサブ3を目指しているので後者を選んだ。

HANZO V2」の箱を初めて手にした時、中身が空っぽなのでは?と錯覚するほど軽かったのが印象的だった。

メンズ25.5cmの重さは、実測値で170gだった。自分史上最軽量のランニングシューズ。

横(外側)から見た写真。ミッドソールがコンパクトにまとまっている。

横(内側)から見た写真。

上から見た写真。特徴は、アキレス腱まわりの素材。厚く膨らんでしっかりサポートしてくれそう。

タン(上部)の部分には、「HANZO」のロゴマークがしっかりとプリントされている。

靴底。

フォアフットはかなりのグリップが効く。まるで地面に張り付くような感じだ。

HANZO V2の評価

ここからは実際に「HANZO V2」を履いて気付いた点をまとめていく。

ファーストインプレッション

第一印象としては、ランニングシューズを履いているのかわからないぐらい、裸足に近い感覚で走れた。

ヒールカップからアキレス腱まわりのサポートがしっかりしている。それ以外は通気性と伸縮性に優れたアッパー素材のおかげで、シューズの中でも割と自由に足を動かせる。

一点注意が必要なのは、シューレースをきつめに結かないと足がしっかり固定できないこと。

走りがコントロールしやすい

クッショニングは固めでクッション性と反発性のバランスがちょうど良い感じ。ペースを上げても安定性がしっかり保たれる。

フォアフットまわりは、強力なグリップのおかげで着地のたびに地面に張り付くような感じがします。それでいて足指は自由に動かせるので、1本1本の神経が研ぎ澄まされる感覚が非常に快適。

良い意味で、自分の走りを把握しやすく、コントロールしやすいシューズだと感じる。

高根沢元気あっぷハーフマラソン

デビュー戦はハーフマラソン。自然と脚が前に出る「ZOOM FLY FLYKNIT」とは異なり、自分の走りをコントロールしやすい印象を受けた。

深谷シティハーフマラソン(10km)

10kmのレースでも履いてみた。個人的にはハーフよりも10kmのほうが「HANZO V2」の力を引き出せると思う。

彩の森クロスカントリー

クロスカントリーのレースでも履いてみた。グリップ力があり、芝生や土の上でも着地が安定する。

ぎふ清流ハーフマラソン

ハーフマラソンのセカンドベストに貢献。自分が意図した走りを忠実に実行してくれるのが「HANZO V2」の魅力。

NEW BALANCE HANZO V2