読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ニューバランス Hanzo V2【徹底レビュー】足指の神経が研ぎ澄まされるレースシューズ

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

2018年12月18日に発売された、>ニューバランス Hanzo V2(R)を購入しました。

Hanzo V2は、伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)が開発を手がけています。最近のトレンドである「厚底シューズ」とは一線を画す、ニューバランス独自の最速マラソンシューズです。

練習やレースでの使用を踏まえ、「Hanzo V2」の特徴・履き心地・耐久性についてわかりやすく解説します。

Hanzo V2を選ぶ理由

僕が「HANZO V2」を欲しいと思った理由は2つあります。

職人が作ったシューズ

ひとつは「伝説のシューズ職人」として知られる三村仁司さんが「HANZO V2」の開発に携わっているから。

世界のトップアスリートのランニングシューズを数多く手がけたレジェンドがどんなシューズを作るのか?個人的にとても興味があります。

また、三村さんは著書『一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか』の中で、ケガしないシューズが最強であると語っています。怪我をせずに練習量を増やせるランニングシューズであれば、ぜひとも履いてみたい。

もし「三村流の勝てるシューズ」とは?と聞かれたら、答えは簡単です。ケガや故障をせずに練習量を増やせるシューズなのです。ーー『一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか』

厚底ではないレースシューズ

もうひとつの理由は、「厚底」とは異なるランニングシューズの進化を体験してみたいから。

ナイキの厚底シューズは今やマラソン界におけるスタンダードになりつつあります。僕も「ナイキ ズーム フライ フライニット」などの厚底シューズを愛用しているので、その魅力はよくわかります。でも、それとは別のシューズも履いてみたい。

というわけで、ニューバランスの「HANZO V2」を買おうと決めました。最後に背中を押してくれたのは、アマゾンで年始に実施していた値引きとポイント付与。定価15,660円(税込)の2割引ぐらいの値段で購入できました。

「HANZO V2」のラインアップは2つあります。

  • フルマラソン「サブ2.5前後」 → HANZO S
  • フルマラソン「サブ3前後」 → HANZO R

僕はこれからサブ3を目指すので、「HANZO R」を選びました。

外観・スペック

それでは、「HANZO V2」の外観やスペックを詳しく見ていきましょう。

初めてシューズの箱を手にした時の印象は「あれ、中身は空っぽ?」でした。何も入っていないんじゃないかと思うくらいの軽さに驚きました。

実際に計ってみると、メンズ25.5cmの重量はわずか170gでした。自分史上最軽量のランニングシューズです。

「HANZO V2」の外観はこのような感じです。

横(外側)から見た写真。ミッドソールがコンパクトにまとまっていますが、決して「薄底」ではないことに注目。

横(内側)から見た写真。

上から見た写真。特徴は、アキレス腱まわりの素材。厚く膨らんでしっかりサポートしてくれそうです。

タン(上部)の部分には、「HANZO」のロゴマークがしっかりとプリントされています。

下から見た写真。

フォアフットはかなりのグリップが効きます。まるで地面に張り付くような感じです。

履き心地

早速「HANZO V2」を履いて走りに出かけて来ました。まずは、5:30/kmのペースでウォームアップを2km。それから、4:00/km前後のペースで 1kmのインターバルを3本。

今回購入した「HANZO V2」の「R」モデルは、フルマラソンの目標タイムがサブ3前後。ペースとしては、4:00〜4:30/kmが目安になると思います。

「HANZO V2」を履いて走った感想は以下のとおり。

裸足に近い感覚

第一印象はこれですね。ランニングシューズを履いているのかわからないぐらい、裸足に近い感覚で走れました。

「HANZO V2」は、ヒールカップからアキレス腱まわりのサポートがしっかりしています。それ以外は通気性と伸縮性に優れたアッパー素材のおかげで、シューズの中でも割と自由に足を動かせます。

一点注意が必要なのは、シューレースをきつめに結かないと足がしっかり固定できないこと。

クッショニングは固め

ミッドソールはもっと薄いかと思いましたが、そこそこ厚みがあります。クッショニングは固めでクッション性と反発性のバランスがちょうど良い感じ。ペースを上げても安定性がしっかり保たれます。

足指の神経が研ぎ澄まされる

フォアフットまわりは、強力なグリップのおかげで着地のたびに地面に張り付くような感じがします。それでいて足指は自由に動かせるので、1本1本の神経が研ぎ澄まされる感覚が非常に快適です。

厚底シューズを履くと足が自然と前に出ていきますが、「HANZO V2」は着地も蹴り出しも、自由自在にコントロールできます。

サイズ感

僕は通常どのブランドでも25.5cmを履いていますが、「HANZO V2」も25.5cmでちょうど良くフィットしました。

参考までに、僕が履いている他ブランドのシューズは以下のとおり。

ワイズは、やや狭い「D」と標準の「2E」の2種類。僕は通常どのブランドでも「標準」か「ワイド」を選びますが、「HANZO V2」は「2E」で十分でした。アッパー部分は伸縮性に優れているので、締め付け感はまったくありません。

実践・耐久性レポート

高根沢元気あっぷハーフマラソン

デビュー戦は、ハーフマラソンでした。自然と脚が前に出る「ナイキ ズーム フライ フライニット」とは異なり、自分の走りをコントロールしやすい印象を受けました。

深谷シティハーフマラソン(10kmの部)

10kmのレースでも履いてみました。個人的には、ハーフよりも10kmのほうが「Hanzo V2」の力を引き出せそうです。

彩の森クロスカントリー(8.2kmの部)

クロスカントリーのレースでも履いてみました。グリップ力があるので、高い安定性が期待できます。

ぎふ清流ハーフマラソン

ハーフマラソンのセカンドベストが出せました!

購入ガイド

「HANZO V2」のラインアップは2つあります。

  • フルマラソン「サブ2.5前後」 → HANZO S
  • フルマラソン「サブ3前後」 → HANZO R

今回は「HANZO V2」をアマゾンで購入しました。定価よりも安く買える上、Amazon.co.jpが販売するものは返品送料が無料なので、自宅で「試着」してか購入を決めることも可能です。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎