読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ナイキ フリー ラン 5.0【徹底レビュー】自分の癖を知るためのシューズ

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

2019年4月4日に発売された、ナイキ フリー ラン 5.0(Nike Free Run 5.0)を購入しました。

「足本来の感覚を呼び覚ますことができるシューズ」をコンセプトにした「フリー ラン」は、ベアフットの感覚を大切にしたいランナー向けのシューズ。

早速、練習で使用してみたので、「フリー ラン 5.0」の特徴・履き心地・耐久性についてわかりやすく解説します。

フリー ラン 5.0を選ぶ理由

以前からベアフット(素足)ランニングに興味がありました。先日、ナイキの「フリー ラン」の発売情報をツイッターで知り、物欲が刺激されました。

コンセプトは「足本来の感覚を呼び覚ますことができるシューズ」。まさに、こういうのを求めていました!

ナイキ フリー ラン 5.0が、ランニングシューズとして原点回帰。5kmまでのランに最適なパフォーマンスを提供します。アッパーに使用する軽量の単層メッシュが優れた伸縮性と素足のような履き心地を提供します。ミッドソールのフォームを減らした、即戦力となる一足です。ーー公式サイトより

ベアフットシューズではありませんが、先日購入した「ニューバランス Hanzo V2」は、それに近い感じのシューズ。しばらくナイキやホカオネオネの「厚底シューズ」に履き慣れていたので、ベアフット感覚で走ることがとても新鮮でした。

「フリー ラン 5.0」は、ナイキの最先端技術を詰め込んだベアフット感覚のシューズです。ランニングはもちろん、普段履きとしても使えます。

最大の特徴は、自分のランニングの「癖」を感じやすいこと。「フリー ラン 5.0」を履くとランニングフォームを意識しやすくなり、ランニングフォームのさらなる改善に繋がる。そんなことを期待しながら、「フリー ラン 5.0」の購入に踏み切りました。

動画ハイライト

3分間のYouTube動画にもまとめています。

外観・スペック

今回は、ナイキ公式オンラインストアで「フリー ラン 5.0」を注文。二日後に自宅に届きました。

ナイキのシューズボックスはド派手なので、開封の儀は毎回テンションが上がります!

シューズボックスを開けると、いよいよ「フリー ラン 5.0」とご対面です。

白と黒を基調したカラーに、パープルが良いアクセントになっています。第一印象は「ホルシュタイン(牛)みたい…」でした。

横(外側)から見た写真。まず目に留まるがのが、まるでマシュマロのようなソール。柔らかそうに見えますよね?でも、実際には消しゴムのように硬いんです。そして、全体的に魚のエラのような(?)溝が入っているのが特徴です。

さりげなく「NIKE FREE」のロゴが入っているのが素敵ですね。

横(内側)から見た写真。後方に小さな文字で「6mm」と書かれていますが、これは前足部とカカトの高低差のオフセットを表しています。

真上から見た写真。アッパー部分は、伸縮性に優れ、足の形状にピタリとフィットします。一応、シューレース(紐)が付いてますが、シューレースなしでもズレません。ポイントは、アキレス腱のカーブに沿って当てられたパッド。このおかげで、カカトがしっかり固定され、足全体の安定性が保たれます。

さて、一番気になるのが、シューズの裏側です。なんとも形容しがたい不思議な形をしており、無残にも(?)全体的に溝が入れられています。カカトの外側と親指の部分にだけ、違う色の素材が充てがわれています。

カカトの内側には、こちらもさりげなく「5.0」の数字が浮かび上がります。

サイズ

メンズは、24.5cm〜30.0cm(0.5cm刻み)、レディースは、22.5cm〜26.5cm(0.5cm刻み)。

僕は25.5cmを選びました。他に持っているナイキのランニングシューズのサイズは以下の通りです。

重さ

メンズの25.5cmの実測値は、189gでした。驚くほど軽い。

オフセット

前足部とヒールの高低差を表すオフセットは6mm。

フリー ラン フライニット 3.0との違い

同じ時期にナイキの「フリー ラン フライニット 3.0」の新モデルも発売されました。

大きな違いは、スリッポンのようにシューレスを使わずに履けること。アッパー部分には、ナイキの独自技術のフライニット(Flyknit)を採用しています。ソールの溝は、「フリー ラン 5.0」と同じですね。

シューレースの悩みを解消するナイキ フリー ラン フライニット 3.0。シューレースを使わないスリップイン構造ですばやく履ける、ランニングが楽しくなる一足です。サポート力に優れた糸と伸縮性に優れたFlyknitを組み合わせた軽量アッパーが、素足のような履き心地を実現します。つま先からかかとに配したアウトソールの溝が、足の動きに合わせて屈曲します。ーー公式サイトより

履き心地

早速、練習で「フリー ラン 5.0」を履いてきましたので、履き心地について感想をまとめました。

クッション性・反発性はゼロ

意外でしたが、「フリー ラン」にはクッション性や反発性が全く感じられませんでした。

最近のシューズは、クッション性か反発性のいずれか、またはその両立をウリにしているものが多いですが、「フリー ラン 5.0」はベアフット(素足)に近い感覚ですね。強く蹴り出せば強く出るし、弱く蹴り出せば弱く出る。

足の神経が研ぎ澄まされる

素足の感覚に近いため、足の神経が研ぎ澄まされる感じがします。足指一本一本の動きや、着地時の足のブレなど、普通のランニングシューズでは感じにくいことも、「フリー ラン 5.0」だとビンビン感じます。

大げさな言い方かもしれませんが、足がまるで手になったような感覚です。自分のフォームを意識したい方には、おすすめのシューズだと思います。

足裏のコリ・ハリが解消される

ベアフットに近い感覚だからかもしれませんが、「フリー ラン 5.0」で走った後は、足裏のコリやハリが解消されます。そういう意味では、リカバリーシューズとしても活用できると思います。

普段使わない筋肉を鍛えられる

「フリー ラン 5.0」を履いて走っていると、明らかに普段とは違う脚の筋肉を使っていることに気がつきます。言い方を変えると、普段鍛えられていない筋肉が鍛えられます。「フリー ラン 5.0」を買って一番良かったと思えるのがこれですね。

実戦・耐久性レポート

ファーストインプレッション

想定どおり、ソールが汚れます

動画レポート

3分間の動画にまとめました。

購入ガイド

ナイキの「フリー ラン 5.0」は、ナイキの店舗やナイキ公式オンラインストア、その他ネット通販でも購入できます。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎