読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

アールエル(RxL)メリノウール FIT グローブ【徹底レビュー】

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

11月も終わりに近づき、寒さが厳しくなってきました。夜間のランニングでは厚手の長袖に長ズボン、そして手袋が必需品です。

昨年までは軍手やいただき物の手袋を使っていましたが、今年はランニング専用の手袋を購入してみました。

それがこちら。アールエル(RxL)の「メリノウール FIT グローブ」です!

特徴は、大きく三つあります。

  • 手袋を着用したままスマートフォンが操作できる
  • 光学式心拍計付きのGPS時計に対応
  • 薄くて柔らかくて暖かい

実際に使用した感想をふまえて、「メリノウール FIT グローブ」の特徴・使用感・耐久性などを、わかりやすく解説します!

アールエルを選ぶ理由

アールエル(R×L)は、武田レッグウェアー株式会社という日本の靴下メーカーが展開するブランドです。

主にスポーツ向けランニングソックスのデザイン・製造・販売を手がけており、中でも立体構造をウリにしたランニングソックスが有名です。

実は僕もアールエルの「5本指ランニングソックス」を愛用しています。

独自の特許製法技術によって生み出される抜群のフィット感が素晴らしく、リピート買いしました。

そんなアールエルが作った手袋であれば、買わない理由はありません。

外観・スペック

まずは「メリノウール FIT グローブ」のパッケージから見ていきましょう。

今回はアマゾンで注文しましたが、自宅に届いてまず驚いたのは、その薄さ。同じ日に注文した文庫本が届いたのかと思いきや、中には手袋が入っていました。

パッケージの裏側には、「メリノウール FIT グローブ」の特徴が以下のとおり紹介されています。

  • メリノウール素材の超薄地グローブ
  • スポーツやアウトドアなど様々なシーンで最適な調温・調湿性を実現
  • 超薄地設計で手にぴったりフィットするので、インナーグローブとしても使用可能
  • 左手ウォッチウィンドウで時計を外さずに手袋の着脱が可能

パッケージから手袋を取り出してみました。左手用の手袋だけ、時計のウォッチフェイスを出す穴が空いています。

実際にガーミンGPS時計を装着しながら、「メリノウール FIT グローブ」を着用してみました。いい感じですね。これなら真冬のランニングでも手首がしっかりと保護されます。

ウォッチフェイスを通す穴は伸縮性に優れているので、時計が多少大きくても大丈夫。

光学式心拍計を搭載した時計の場合、時計の裏側が肌に直接触れている必要がありますが、「メリノウール FIT グローブ」ならそれを実現しつつ、手首をすっぽりと包んでくれます。

また、今や手袋のスタンダードとなりましたが、「メリノウール FIT グローブ」は手袋を着用したまま、スマートフォンが操作できます。

親指、人差し指、中指の指先の部分には、特別な素材が使われています。

使用感

薄くて柔らかくて暖かい

使ってみた感想としては、まず手袋としての基本性能が秀逸です。

メリノウールを用いた記事は薄くて柔らかく、手の形にピタリと馴染みます。生地は薄くても、外気はシャットアウトしてくれるので、手袋の中はポッカポカ。

手首周りが暖かい

そして、時計を付けていても手首をスッポリと保護してくれるのがいいですね。

光学式心拍計を内蔵した時計だと、時計の下に手袋を付けるわけにいかず、かといって手袋で覆ってしまうとウォッチフェイスが見えない。

そのジレンマを見事に解決してくれました!

耐久性

ここでは、定点観測的に「メリノウール FIT グローブ」の耐久性をレポートしていきます。

ファーストインプレッション

さいごに

スマートフォンやGPS時計がランナーの必需品となった今、一枚持っておきたいランニング手袋です!

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎