【レビュー】足指の爪までフィットするR×L(アールエル)の”超立体化”ランニングソックス

読めば走りたくなるブログ「走りずむ」をお読みいただき有難うございます。管理人のtomo.@tomo3run)です。

久々にフィット感抜群のランニングソックスに出会いました。今回購入したのは、武田レッグウェアー社が企画・製作する「R×L SOCKS 5本指 ランニングソックス」。

武田レッグウェアーと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、立体ソックスに関する特許製法技術を持つすごい会社です。マラソン、トレラン、バイクなどの一流アスリートと契約しており、「北海道マラソン2016」の女子フルマラソンで優勝した吉田香織さんも2016年から同社ランニングクラブ「TEAM R×L」に所属しています。

それでは、特許製法技術と一流選手からのフィードバックを元に開発・改良された「R×L SOCKS 5本指 ランニングソックス」をもっと詳しく紹介します。

R×L(アールエル)ソックスの特徴

こちらが「R×L SOCKS 5本指 ランニングソックス」のパッケージ。素材にメリノウールを使用。「超立体化」がウリのモデルです。

パッケージ裏面には、製品の特徴が書かれています。

  • 親指&指先補強:親指全体の強度と、各指爪の当たる部分をナイロン仕様にし強度アップ
  • 滑り止め搭載&踵部補強:R×Lメリノ初の滑り止め仕様、消耗しやすい踵部も強度アップしました
  • 踵&アキレス腱補強:強度の必要な踵全体、シューズと擦れやすいアキレス腱部分をナイロン仕様にして強度アップ

もちろん、安心のメイド・イン・ジャパン、日本製です。

立体形状と履き心地

「R×L SOCKS」の最大の特徴は立体製法。左右非対称はもちろん、踵や土踏まずから足指の爪までフィットするように緻密に設計されています。

R×Lはソックスの形状に着目し世界で初めて爪先右左立体形状の特許を登録。そして商業ベースの生産ラインをスタートさせました。それらは選手やファンの皆様からのフィードバックから生まれまています。さらには5本指ソックスの指先が履きにくいとの声から、世界で初めて指の下側の膨らみに合わせて製編した指先立体5本指製法も特許登録。その他、ソックスにこだわることなく選手やファンの方に喜んでもらえる改良は継続して続けられています。(公式サイトより)

まずは指先の部分を見てみましょう。5本指のソックスは数多く存在しますが、指先の部分がこんなに膨らんでいるのは初めて。実際に履いてみて、ちょうど先端部分に指先の爪がピタッとフィットした時は感動しました!

足指だけでな足全体にピタッと吸い付くような装着感が素晴らしい。土踏まずの部分も程よい締め付けが心地よいです。

裏側には滑り止め用の吸着素材が付いています。ランニングシューズにガッチリとホールドしてくれます。

踵とアキレス腱の部分も立体的に設計されているので、このようにソックスが自立することも可能。

さいごに、余談ですが

ランニングシューズにはこだわるけどランニングソックスには無頓着、という人はぼくの周りに多いです。

でもランニングソックスは足を衝撃から守るとても大事な存在。どんなにシューズが素晴らしくても、ソックスがショボければシューズの性能が活かされません。「R×L SOCKS」のような高機能ランニングソックスの価格は1足2,000円台と高めですが費用対効果は抜群。まずはお試しあれ。

→「R×L SOCKS 5本指 ランニングソックス」の最新の価格とレビューをチェックしてみる

B!

同じカテゴリの記事

【レビュー】夜でも高画質!XPERIA X Compactカメラ性能を「大宮十日市」で試してきた

【レビュー】ギュッと押すだけでエネルギー補給!井村屋の「スポーツようかん」を食べてみた

体感レビュー」の記事一覧へ ▶︎