徹底レビュー|RxL Type-G:足指までフィットするランニングソックス

アールエル(RxL)のランニングソックスは、特許技術の「超立体製法」により、足全体はもちろん、指先までピタリとフィットする。僕は数年前から愛用しているが、この度スタンダードモデルの「Type-G」を新たに入手したので、フィット感や履き心地を紹介する。

#RxL#ソックス

とも

Type-G」モデルは、RxLの取扱店舗や公式サイト、その他ネット通販サイトで販売している。「Type-G」はトラック&フィールドからフルマラソンまで、幅広い用途で使えるので、一足持っておくことをおすすめする。

RxL ランニングソックス Type-G」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

足指までフィットするランニングソックス

アールエルの「Type-G」モデルの特徴は以下のとおり。

  • トラック&フィールドからフルマラソンまで対応
  • 足裏に滑り止めのグリップを配置
  • 超立体5本指製法で指先の爪までフィット
  • 土踏まずの内側の形に合わせてサポート
  • 安心の日本製
  • 定価は税込1,870円

最大の特徴は、足の指先までピタリとフィットすること。指の大きさに合わせて立体的に編んでいるのがポイントだ。近くで見ると、指の下の部分が立体構造になっているのが分かる。

実際に履いた様子がこちら。驚くほどピタリとフィットしている。しかも、指の先の爪の部分にも余裕を持たせているから驚きだ。

TRR-34Gとの違い

Type-G」モデルのスペックは以下のとおり。RxLの別の人気モデル「TRR-34G」モデルと比較する。

Type-GTRR-34G
素材アクリル、綿、ナイロン、ポリエステル、ポリウレタンメリノウール、ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン
主な用途トラック&フィールド、フルマラソンフルマラソン、ウルトラマラソン、トレイルランニング

Type-G」モデルは、他のモデルに比べると軽量性とグリップ性を重視しており、よりスピードが求められるシーンで活躍する。用途はトラックからフルマラソンまでと広く、自己ベストを狙うロードレースにもおすすめだ。

以下はパッケージの表。「グリップ付スピードモデル」と書いてあるとおり、スピード重視のモデルだ。

足裏の部分。「T字」のグリップが滑り止めの役割を果たし、蹴り出しをよりスムーズにしてくれる。

特許技術の「超立体製法」は、その名のとおり、足の形に沿って立体的に編んでいくのが特徴。なので、ランニングソックスが自立する。

Type-G」モデルのサイズ展開は以下のとおり。

  • XS (20cm~22cm)
  • S (22cm~24cm)
  • M (24cm~26cm)
  • L (26cm~28cm)
  • XL (28cm~30cm)

僕はランニングシューズのサイズが25.5〜26.0cmだが、Mサイズでぴったりだった。

Type-Gの評価

最高のフィット感

これは「RxL」のランニングソックスに共通して言えることだが、とにかくフィット感が素晴らしく、常にストレスフリー。足全体はもちろん、指先までピタリとフィットする感覚を一度体験してしまうとクセになる。

グリップが秀逸

ペース走やインターバル走など、スピードが求められる練習で履いてみたが、蹴り出しの際のグリップがとても心強い。

プレゼントにも最適

余談だが、「Type-G」モデルは、妻からのクリスマスプレゼントでもらった。ランニングソックスは消耗品なので何足あっても困ることはない。

#RxL#ソックス

とも

Type-G」モデルは、RxLの取扱店舗や公式サイト、その他ネット通販サイトで販売している。「Type-G」はトラック&フィールドからフルマラソンまで、幅広い用途で使えるので、一足持っておくことをおすすめする。

RxL ランニングソックス Type-G」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。