SALOMON XA+ CAPレビュー・評価:ランニング用日除け帽子(ネックシェード付き)

SALOMON XA+ CAPレビュー・評価:ランニング用日除け帽子(ネックシェード付き)|ともらん

夏ランに向けて着々と準備を進めています。これまで使っていたランニング用の日除け帽子が古くなってきたので、サロモンの「XA+ CAP」に買い換えました。着脱可能なネックシェード付き。これなら炎天下でも快適に走れそうです!
作成| 更新

「旧日本軍の帽子みたい」

新調したランニング用の日除け帽子を試着していたら、妻がそうつぶやきました。確かに、そうなんですよね。「帽垂れ」と呼ばれるネックシェード付きの帽子をかぶると、映画や雑誌で見た旧日本陸軍の帽子を連想します。

ピンと来ない方は、Amazonで「帽垂れ」を検索すると出品商品が出てきます。元々は南方戦線で熱中症を予防するために「帽垂れ」が採用されたそうですね。

時代は変わっても「帽垂れ」は生き残っています。小学校や幼稚園の運動帽子や、アスリートがかぶる帽子にも「帽垂れ」をよく見かけます。2017年のロンドン世界陸上では、「忍者走り」で注目を集めた安藤友香選手と清田真央選手がネックシェード付きの帽子を着用していました。

着脱可能なネックシェード

さて、前置きが長くなりましたが、夏ラン用に購入した「XA+ CAP」について紹介します。

夏にオープンカーを運転しているような言葉では言い表せない爽快感。コンバーチブル XA+ CAP は、そんな爽快感を感じられるキャップで、通気性に優れた構造と取り外し可能なネックシェードが強い日差しをシャットアウトします。(公式サイト

「コンバーチブル」とは粋な表現ですね。日差しが強い時はネックシェードを付け、そうでない時はネックシェードを外して使う。SALOMON XA+ CAPの最大の特徴はネックシェードが着脱可能なこと。

パッと見ると、普通のランニング帽子です。

でも「XA+ CAP」には、このようなネックシェードが付いてきます。

ネックシェードは帽子のフチの裏側にマジックテープで着脱が可能。これが非常によく設計されていて、左右二箇所に両側からマジックテープで固定できるようになっています。これなら外れる心配はありませんね。

ランニング用帽子としての性能

「XA+ CAP」は、ネックシェードが付いていない「XA CAP」をベースに作られています。

両者は似ていますが、側面の素材が決定的に違います。「XA+ CAP」は側面がメッシュ(以下写真)になっているのに対し、「XA CAP」は密閉されています。つまり「XA+ CAP」のほうが通気性が優れていると言えます。

後ろはマジックテープでサイズ調整が可能。

ネックシェードを付けた状態。

紫外線遮蔽率は「UPF50」です。日差しが強くなくても、ランニング中に日焼けしたくない人には、強力なパートナーとなりそうです。

ネックシェード込みでの重量は55g。実測値では52gでした。

ネックシェードを外した状態だと、実測値は41g。着けているのを忘れるほどの軽さです!

XA+ CAPをかぶってみた

こちらが前から見た様子。オカッパのように見えませんか?娘からは「女の子みたい!」と笑われました。

横から見た様子。

後ろから見た様子。首の部分をしっかりガードしてくれます。

安藤友香選手と清田真央選手はクールビューティーな感じでカッコいいのに、ぼくがかぶると不審者に間違われそうですね。

ちなみに先日の《山中湖ロードレース》では、日差しがそれほど強くなかったのでネックガードを外して走りました。

ワンポイントアドバイス

夏ランに向けて着々と準備が整いつつあります。着脱可能なネックシェードが付いた「SALOMON XA+ CAP」なら、炎天下でも快適に走れそうです!

マラソンブログ「ともらん」をお読みいただき有難うございます!このブログを気に入っていただけたらシェアをお願いします。