旅ランニング|シドニー:おすすめランニングコース9選

オーストラリア

オーストラリアの東海岸にあるシドニー。日本から出張や旅行で訪れた時に、短時間で観光しながら走れるランニングコースを紹介する。

購入ガイド

Trtl タートル ネックピロー」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

ダーリングハーバー(Darling Harbour)

かつては倉庫街があり、今はお洒落なベイサイドタウンに生まれ変わった「ダーリングハーバー」。周辺には、水族館やレストランなどがある。

この日は日曜日の午後だったので、大勢の観光客で溢れかえっていた。日中は人が多いので、走るなら朝がおすすめだ。

アクセス

バランガルー保護区(Barangaroo Reserve)

ダーリングハーバーを北上すると「バランガルー保護区」というエリアに入ります。緑豊かな公園があるエリアで、海沿いからの景色が最高。

土で固められたダートコースを進んでいくと、突如現れるハーバーブリッジの姿には感動する。

アクセス

ピア(Pier)

バランガルー保護区からシドニー・オペラハウスに向かう途中に、ピアと呼ばれる大桟橋のあるエリアを通過する。

昔使われていた倉庫が今でも残っており、オシャレなカフェやレストラン、ショップに生まれ変わっている。

アクセス

ハーバーブリッジ(Harbour Bridge)

バランガルー保護区からチラリと見えた「ハーバーブリッジ」の下を通過。真下から見ると、その大きさに圧倒される。

シドニーといえば、世界遺産のシドニー・オペラハウスと、このハーバーブリッジがいつもセットで紹介されるが、ハーバーブリッジの下から見るオペラハウスもまた素敵。

毎年9月に開催される「シドニーマラソン」では、スタート直後にハーバーブリッジを横断する。この日だけ、ランナーのために「ハーバーブリッジ封鎖」が実施される。

アクセス

ザ・ロックス(The Rocks)

ピアの倉庫街とひと味違う倉庫街が「ザ・ロックス」というエリア。こちらは石造りの倉庫が多い。

歴史的な建造物が多く残るエリアには、オシャレなショップやレストランが軒を連ねている。

アクセス

シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)

シドニーの街を象徴する「シドニー・オペラハウス」は、近くで見るとその規模と荘厳さに圧倒される。ちょうどこのあたりが「シドニーマラソン」のゴール地点だ。

建物の周りは1周することができ、オペラハウスの屋根にも近づける。よく見るとホワイトとベージュのタイルで構成されている。スウェーデン製の特注タイルが約100万個も使われているそうだ。

アクセス

王立植物園(The Royal Botanic Garden)

シドニー中心部の東側に位置する「王立植物園」は、シドニー・オペラハウスの隣にあり、市民の憩いの場となっている。

ランニングにおすすめなのが、シドニー湾(Sydney Harbor)沿いのコース。ハーバーブリッジとシドニー・オペラハウスを見ながら走れる。

日本では見かけない変わった植物をよく見かける。こちらは木は自重に耐えきれず、傾いてしまったもの。もとに戻そうとするとバキっと折れてしまうので、そのままにしているのだとか。

アクセス

ハイドパーク(Hyde Park)

シドニーの中心部に「ハイドパーク」というオーストラリア最古の公園がある。南北に分かれていて、2つ合わせて外周が2km弱。

園内の中心に立つのは、キャプテン・クックことジェームス・クックの銅像。土台には「この地(オーストラリア)を発見した者」と書かれていた。

ハイドパークの東側には道路を挟んでシドニー・セント・メアリー大聖堂(St Mary’s Cathedral)が建っている。1788年設立。オーストラリアのカトリックの中心であり、歴代のシドニー大司教が在籍している。

他にもアンザック戦争記念碑(Australian and New Zealand Army Corps War Memorial)をはじめ、戦争にまつわるモニュメントが多い。

アクセス

センテニアルパーク(Centennial Park)

センテニアルパークはシドニー中心部から南東5kmの場所にある広大な公園。「シドニーマラソン」のコースの一部(12km〜21km)でもある。広大な敷地には日本ではあまり見かけない植物や樹木をよく見かける。

アクセス

シドニーの魅力

シドニーは日本との時差が1時間(サマータイムは2時間)しかなく、仕事や旅行で訪れても時差ボケに悩まなくて済む。

市街地は治安が良く、気候も比較的温暖で走りやすい。日本とは季節が真逆なので、日本の夏に訪れると、涼しくて良い。

観光名所を巡りながら走るなら、ダーリングハーバー→バランガルー保護地区→ハーバーブリッジ→ロックス→オペラハウス→ロイヤル植物園がおすすめだ。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

Trtl タートル ネックピロー」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

今回紹介する「Trtl Pillow ネックピロー」は、使わない時はコンパクトに折りたたんで収納でき、首に巻き付ければ快適な首枕(ネックピロー)になる。これがあれば座った姿勢でも熟睡できるので、飛行機や電車で長時間移動する人におすすめだ。実際に羽田〜ロンドンの長距離フライトのエコノミー席で使ってみたら、とても快適でフライトの半分くらいは熟睡できた。

Trtl タートル ネックピロー」の最新価格を今すぐチェック!

#オーストラリア

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。