旅ランニング|中朝国境・図們江

中国

中国と北朝鮮の国境沿いにある「図們江(ともんこう)」を走ってきたので紹介します。韓国と北朝鮮の国境線と違って、こちらは平和的なムードで「北朝鮮ウォッチング」が楽しめる観光スポットまであります。しかし300m先の北朝鮮側には監視台が置かれているので、怖くないと言えば嘘になります。

購入ガイド

新版 北朝鮮入門」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

アクセス

図們(ともん)は中国・吉林省の東部に位置し、北朝鮮南陽市と隣接する中朝国境地帯の街です。

日本から図們へ行くには、最寄空港の延吉空港を利用します。2019年までは関西国際空港〜延吉空港の直行便が運行していましたが、現在は北京や上海などの大都市を経由する必要があります。

延吉空港から図們までは車で1時間ほどでアクセスできます。

図們市と南陽市は図們江(ともんこう)と呼ばれる川で分断されおり、中朝の国境の役割を果たしています。

図們江の対岸は北朝鮮なので、普通の日本人の感覚からすると「危なくないのか?」と不安に思いますよね。

「tomo」も2007年に初めて訪れた時はビクビクしていましたが、朝鮮半島の南北国境地帯とは異なり、中朝国境地帯は至って平和でです。

中国側には公園が整備されており、「北朝鮮ウォッチング」をウリにした観光スポットまであります。

2019年5月に中国出身の妻の実家を訪れた際に、図們江を走ってみたので紹介します。

図們江の公園

こちらが図們江の国境沿いの公園です。川沿いには遊歩道が整備されており、ウォーキングを楽しむ人がいました。ちなみにランニングをしている人はいません。

距離表示(200m)が書かれた看板もありました。

所どころに塀のない場所があります。川の向こうは北朝鮮。よく見ると、鉄条網が張り巡らされています。この辺りは、北朝鮮からの密入国者・脱北者が多く、中国当局に見つかると強制的に送り返されるそうです。

北朝鮮側に白い建物が見えました。ここから300mくらいしか離れていません。

よく見ると監視台でした。こちらに銃口が向けられているのではと思うと怖いですね。猛スピードで走ると脱北者と間違われる可能性があるため、ペースを落として走ります。

園内には公衆トイレもあります。近年、中国では地方都市でも水洗トイレが普及していますが、ここは昔ながらの穴式トイレでした。

しかも扉がないので、大をするときは他人の目が気になりますね。

北朝鮮ウォッチング

図們の観光資源のひとつに「北朝鮮ウォッチング」というものがあります。地元の中国人のみならず、米国人やロシア人が、中国側から北朝鮮を見物(=ウォッチ)するために、ここ図們江の公園を訪れます。

図們江のクルージングツアーもありました。万が一、転覆して対岸に流れ着いてしまったらどうするんだろう…と考えると怖くて乗れません。

中国側の図們と北朝鮮側の南陽は橋でつながっており、入場料を払えば橋の真ん中にある国境線まで歩いて行けます。こちらも「北朝鮮ウォッチング」の人気スポットのひとつ。

もちろん国境を越えるのはNGです。しかしあまりにも平和で長閑なので、逆に拍子抜けしてしまいます。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

新版 北朝鮮入門」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

#中国

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。