中国のスポーツドリンク4種比較。おすすめは「尖叫 SCREAM」

中国・上海滞在中に現地のコンビニ・スーパーで買ったスポーツドリンクを4つ紹介する。スポーツドリンクは中国語で「运动饮料(運動飲料)」。価格は約5元(90円)が相場だ。

モルテンドリンク

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

魔力(MULENE)

魔力(MULENE)はC’stbon社が製造・販売するスポーツドリンク。試飲したレモン味は日本の「ビタミンウォーター」に近い味だった。ビタミンC、アミノ酸を配合。ボトルがとてもスリムで持ちやすく、ランニングにも携帯しやすい。

佳得乐(GATORADE)

米国で圧倒的なシェアを誇るゲータレードの中国版「佳得乐」。アジアマーケットを意識した商品開発をしているのか、本家アメリカのようにどキツい色ではなく、優しいライトブルーの「ブルーベリー味」。

尖叫(SCREAM)

尖叫(SCREAM)は、Nongfu Spring社が製造・販売するスポーツドリンク。ビタミンC、アミノ酸、タウリンなどを配合。味のほうは、水で三倍に薄めた炭酸なしのレッドブルという感じ。パッケージはスリムで持ちやすく、特許取得済みの開閉式キャップのおかげで運動しながらでも楽に飲める。

力水(POWER WATER)

力水(POWER WATER)は日加满社が製造・販売するスポーツドリンク。キリンの「力水」とは全くの別物。飲み味がスッキリしていてゴクゴクいけますが、ボトルが太いので持って走るにはちょい厳しい。

まとめ

以上、中国・上海滞在中に僕が現地のコンビニ・スーパーで見つけたスポーツドリンクを4つ紹介した個人的におすすめなのは、「尖叫(SCREAM)」。やはり、特許取得済みの開閉式キャップが便利。

関連情報

モルテンドリンク