【天城シャクナゲコース】伊豆半島最高峰・万三郎岳を巡る、8.4kmのトレランコース

「天城シャクナゲコース」は、天城高原ゴルフ場と伊豆半島最高峰の万三郎岳を結ぶ、周回8.4kmのトレイルランニングコース。ホテルハーヴェスト天城高原に宿泊した際に、ホテル⇄天城高原ゴルフ場⇄天城シャクナゲコースを走ってきたので、その時の様子を紹介したい。

アクセス

「天城シャクナゲコース」の起点である天城高原ゴルフ場は、JR伊東駅からシャトルバスが運行している。所要時間は片道およそ1時間でアクセスは悪くない。

天城高原ゴルフ場には、ハイキング専用の無料駐車場があるので車で来ることもできる。

今回僕は、家族旅行で宿泊したホテルハーヴェスト天城高原から走って天城高原ゴルフ場に向かった。片道3kmの上り坂なので、ゴルフ場に到着した頃にはすでに疲れ切っていた。

コース

「天城シャクナゲコース」の存在を知ったのは、宿泊先のホテルのエレベーターでたまたま「天城路ハイキングコース」のポスターを目にしたから。

ホテルから最も近い「天城シャクナゲコース」は、天城高原ゴルフ場を起終点としているのでアクセスしやすく、1周8.4kmと半日で走れる距離。さらに、コース上には日本百名山のひとつで伊豆半島最高峰の「万三郎岳」など、見どころもたくさん。

ルート案内

以下は現地案内版のコースマップ。黄色い線が「天城シャクナゲコース」、赤い線が天城高原ゴルフ場と天城峠を結ぶ「天城縦走コース」。二つのコースが一部、重複しているのがわかる。

今回は天城高原ゴルフ場からスタートし、涸沢分岐点→万三郎岳→万二郎岳を経て、再び天城高原ゴルフ場に戻るルートで走ってみた。詳しい地図は、伊豆市観光協会の公式サイトでPDFが入手できる。

登山口〜涸沢分岐点

こちらが天城高原ゴルフ場の近くにある「天城縦走路入口」。しばらくは「天城シャクナゲコース」と「天城縦走コース」が重なる。

入山するなり、倒木を横目に階段を下っていく。

その後、ゴツゴツした岩場を上っていきます。苔に覆われたコンクリートの水留めは「顔」に見えた。

しばらく走ると「四辻」という分岐点に差し掛かる。どちらに行っても「天城シャクナゲコース」だが、今回は反時計回りで走ることにした。

途中、「ああ、橋が壊れてる!」と思ったが、よく見るとハシゴが設置されていた。まるでトリックアートのよう。


ちなみに、天城縦走路のコースには青と黄色の標識が所々に取り付けられているので、道に迷うことはない。他にも迷いやすい場所にはロープが張ってあったりと良心的。

しばらく走り続けると、涸沢分岐点に到着。ここまでは起伏が少なくて楽勝。これから試練が待ち受けているとは思いもよらず。。

涸沢分岐点〜万三郎岳

ここから伊豆半島最高峰の「万三郎岳」へ。1.5kmの距離で標高差200m以上を一気に駆け上がるため、ほとんどが階段。

ひたすら無心に階段を上り続けて「万三郎岳」に到達。

万三郎岳〜万二郎岳

「万三郎岳」から次は「万二郎岳」へ。しばらくフラットで走りやすい道が続く。

途中、「アセビのトンネル」と呼ばれるエリアを通過します。アセビとは、毒を持った有害植物で、馬が食べると酔った状態になることから、漢字で「馬酔木」と書くそうだ。

所どころに展望スポットがあるが、霧が濃くて遠くまで見渡せず。残念。

「万二郎岳」に到着。あとはここから下るだけ!

万二郎岳〜登山口

急な斜面をひたすら下りていく。「足元注意」の看板を横目に尻餅をついてしまいました。粘土質の土が濡れていて、とても滑りやすい。再び分岐点の「四辻」に戻ってきました。ゴールはあと少し。

ようやく登山口に到着。「天城縦走路入口」の標識を裏側から見ると、「おつかれさまでした」と書かれてあり、ホッコリした。

お役立ち情報

トレランシューズは必須

実際に走ってみた感想としては、トレイルランニングシューズがないとキツい。というか、危ない。

今回僕はトレランシューズを忘れてしまい、Onの「クラウドX」で挑んだが大いに公開した。デコボコした「CloudTec」のおかげで岩肌の上でも安定していたものの、どうしてもアッパーが薄いので衝撃に弱い。あと、粘土質の地面では滑りやすかった。

給水・エイドの携帯も必須

また、コース上にはトイレや水飲み場がない。今回はサロモンの「ソフトフラスク 250ml」を持っていったが足りなかった。最低でも500mlは欲しいところ。

NORTH 北へ