旅ランニング|南伊豆・子浦日和山遊歩道:1.5kmの断崖絶壁コース

静岡県

伊豆半島の南西部に「子浦日和山(こうらひよりやま)遊歩道」という約1.5kmの登山道がある。断崖絶壁の上から望む駿河湾の絶景は一見の価値があり。他にも石像群など見どころが多く、トレイルランニングにおすすめなので紹介する。

購入ガイド

伊豆の踊子」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

アクセス

子浦日和山遊歩道は住所は静岡県賀茂郡南伊豆町子浦にあり、伊豆半島の南西に位置する。登山口は「落合口」と「子浦漁港」の2か所。現地へのアクセスは良好とは言えず、伊豆急下田駅から発着している東海バスを利用するか、車で向かうことになる。

落合口

国道136号沿いの「子浦峠の茶屋」が目印。最寄りのバス停は東海バスの「落合口」。付近に駐車場はない。

子浦漁港

最寄りのバス停は東海バスの「子浦」。子浦漁港または子浦海水浴場の駐車場が利用できる。

コースの魅力

子浦日和山遊歩道の全長は最短ルートで1.2km。徒歩なら1時間半、トレイルランニングなら30分もあれば十分だ。

以下は現地案内板のコースマップ。地図を見て分かるとおり「ころばし地蔵」と「展望所」は最短ルートから外れるが寄り道する価値はある。

以下はストラバのデータ。今回は落合口→子浦漁港を走り、途中で「ころばし地蔵」と「展望所」にも寄り道してきた。

落合口

登山口の一つである「落合口」へは国道136号を走って向かった。近くに駐車場はないし、路線バスは本数が少ないので、こういう時にランナーで良かったと思う。

落合口にある「峠の茶屋」は営業していないようだ。建物の左側の小道を登っていく。

慈母観音像の前で合掌。

獣道のような山道を進んでいく。

休憩所

しばらく走ると、視界が開けて海が見渡せるようになる。動画も撮影した。

この辺りは視界を遮るものがなく、駿河湾と妻良港が見渡せる絶好スポットだ。

あまり手入れされていないが、休憩所には野ざらしのベンチもある。ここで弁当を食べたら気持ち良いだろう。

ただし、断崖絶壁と隣り合わせなので、遊歩道から外れないようにしよう。

休憩所の近くには花が咲いていた。

ころばし地蔵

落合口〜休憩所は比較的フラットな道のりが続いて走りやすい。休憩所〜子浦漁港は傾斜が急に傾斜がキツくなり、足場も悪い。岩場も多く、ケガをしやすいのでトレランシューズは必須だ。

途中で「ころばし地蔵」に向かう分岐点がある。

階段を下り、一旦海辺に出てから岩場を登っていく。満潮時には海水が侵入してくるので注意が必要だ。足腰に自信がない人にはおすすめしない。

こちらが「ころばし地蔵」。この辺りは足場が悪くて走るのは不可能。

展望所

もうひとつの寄り道スポットの「展望所」。こちらは妻良港が見渡せる絶景スポットだ。

子浦三十三観音

終点の子浦漁港まであと少しというところで赤い鳥居を発見。よく見ると「弁財天」と書いてあった。

弁財天の横にある階段を駆け上がると、子浦日和山遊歩道最大の見所の「子浦三十三観音」がある。これは圧巻。今にも頭上から岩の塊が落ちてきそうで怖いが。。

子浦漁港

山道を下っていくと終点の「子浦漁港」に到着。漁港の駐車場やこの付近の子浦海水浴場の駐車場に車を停めて、子浦漁港〜落合口を往復するのも良いだろう。

お役立ち情報

東海バス

路線バスで向かう場合は、伊豆急下田駅から東海バスに乗る。時刻表はこちら。本数が少ないので、計画的に行動しないといけない。

南伊豆歩道

子浦日和山遊歩道だと物足りない人には、妻良から吉田まで、南伊豆の海岸線を横断する「南伊豆歩道」がおすすめだ。僕もいつか挑戦したい。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

伊豆の踊子」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#静岡県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。