旅ランニング|西伊豆歩道:堂ヶ島・燈明ヶ崎・今山コース

静岡県

風光明媚な海岸線を巡る「西伊豆歩道」を紹介。今回は堂ヶ島を起点に堂ヶ島コース、燈明ヶ崎コース(浮島〜田子)、今山コース(大田子〜安良里)を走ってきた。

目次と内容

西伊豆歩道

西伊豆歩道は、伊豆半島の西海岸に整備された遊歩道。大瀬崎から堂ヶ島にかけて10個の独立したコースが点在する。

いずれも起伏が多く難易度の高いコースだが、西伊豆の美しい海岸線と(運が良ければ)富士山を見ながらハイキングが楽しめるのが魅力。

伊豆遊歩道のコースは以下のとおり。

  1. 大瀬崎コース
  2. 井田コース
  3. 戸田・舟山コース
  4. 小土肥コース
  5. 通り崎コース
  6. 丸山コース
  7. 廻り崎コース
  8. 今山コース
  9. 燈明ヶ崎コース
  10. 堂ヶ島コース

今回は堂ヶ島を起点に、堂ヶ島コース、燈明ヶ崎コース(浮島〜田子)、今山コース(大田子〜安良里)を走ってきた。

堂ヶ島コース

まずは「堂ヶ島(どうがしま)コース」から紹介しよう。このコースは西伊豆有数の観光スポット、堂ヶ島マリンから徒歩1分の場所にある。

コースマップ

堂ヶ島公園とその周辺を歩く手軽なコースだ。

階段が多く、遊覧船のついでに訪れる観光客が多いため、ランニング向きとは言えない。

天窓洞

コースのハイライトは「天窓洞」と呼ばれる洞窟。洞窟の上に穴があり、下を覗き込むことができる。

遊覧船では洞窟内に入ることもできる。天井の穴から注ぐ日光が海水に当たるとエメラルド色に変わる。以下は2019年に遊覧船に乗った時の動画だ。

堂ヶ島トンボロ

コースの最高地点からは「堂ヶ島トンボロ」が一望できる。トンボロとは、海岸から離島まで、干潮時に浅瀬を歩いて行ける現象を指す。

燈明ヶ崎コース(浮島〜田子)

次に、浮島と田子を結ぶ「燈明ヶ崎(とうみょうがさき)コース」を紹介しよう。この辺りでは有名な「浮島海岸」という海水浴場の近くにコースの入口がある。

コースマップ

浮島海岸

西伊豆の大動脈である国道136号から急な坂を下る。

こちらは浮島海岸にある旅館「五輪館」。映画『真夏の方程式』のロケ地であることを後で知った。

間もなく海水浴場に到着。海の日の前日だったため大混雑していた。

海水浴場の奥に「燈明ヶ崎コース」の登山口がある。

燈明ヶ崎

道中には標識が立っているので迷う心配はない。距離表示もあるので助かる。

休憩所もある。しかし、公衆トイレや水飲み場はないので注意しよう。

風光明媚な西伊豆の断崖絶壁を見ながら進んでゆく。

以下は「燈明ヶ崎」の最高地点付近の様子。

田子海岸

峠を越えると、田子に向かってひたすら坂道を下ってゆく。

田子海岸に到着。こちらの海水浴場も混雑していた。

こちらは田子漁港。堤防釣りで有名なスポットで、2019年に訪れた時はシマアジがたくさん釣れた。しかし現在は、漁港関係者とのトラブルを防ぐため、堤防釣りが原則禁止されている。

今山コース(大田子〜安良里)

最後に大田子と安良里を結ぶ「今山(いまやま)コース」を紹介する。田子海岸の北側にある大田子海岸の近くにコースの入口がある。

コースマップ

大田子海岸

東海バスの「大田子」停車場から歩いてすぐ、田子薬局が目印となる。

ここから安良里まで約6kmの道のりをゆく。

今山の中腹までは舗装道を上っていくので走りやすい。左手には大田子海岸が一望できる。

今山

舗装道はここまで。

ここからは傾斜のキツい山道を進んでゆく。

一応、歩道が整備されているが、、

足場が岩だらけだったり、

道幅が狭かったり、

歩道が倒木で完全塞がっていたりするので油断はできない。

でも時折、こんな絶景スポットが現れるのでテンションが高まる。視界が良ければ富士山も見えるらしいが、今日は姿がなかった。

安良里

峠を越えると、安良里に向かって坂を下ってゆく。

途中、網屋崎に寄り道するルートがあるので迷わないように注意しよう。自分は道を間違えてしまった。

ようやく安良里漁港が見えてきた。

こちらが安良里側の登山口。安良里漁港から1kmほど奥に入ったところにある。

まとめ

以上、西伊豆歩道の堂ヶ島コース、燈明ヶ崎コース(浮島〜田子)、今山コース(大田子〜安良里)を紹介した。これらのコースは西伊豆町の公式サイトでも確認できる。

いずれも起伏が多く難易度の高いコースだが、西伊豆の美しい海岸線と(運が良ければ)富士山を見ながらハイキングが楽しめるのが魅力。

なお「燈明ヶ崎コース」と「今山コース」には水飲み場や自動販売機がないため、給水ボトルを持参することをおすすめする。

今回は7月の3連休に堂ヶ島に滞在した。宿泊先は「堂ヶ島ニュー銀水」。西伊豆観光の拠点として便利なのは言うまでもなく、宿専用の屋内外プールや海水浴場(つば沢海岸)ではウォータースポーツが楽しめるので夏休みの滞在におすすめだ

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

暑い夏のランニングを快適に楽しむために、サロモンの「ソフトフラスク 150ml」を購入した。ソフトフラスクは、柔らかくて折りたたみ可能な給水ボトル。飲んだ分だけ容量が圧縮されるので、ランニング中でも水がジャバジャバしない。

サロモン ソフトフラスク 150ml」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#静岡県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。