レース攻略|富士山マラソン2021:フル 3時間4分34秒

2021年11月28日に山梨県の河口湖で開催された「富士山マラソン」を走ってきた。種目はフルマラソンの部。

#山梨県

とも

寒い冬のマラソン大会でも、走り始めると暑くなる。そこで僕は半袖シャツと腹巻きの組み合わせで走ることが多い。富士山マラソンではグンゼの「ウエストウォーマー」を着用した。腹巻きは腹冷えによる下痢を防ぐ効果もある。

グンゼ ウエストウォーマー MH0770A」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

大会の魅力

「富士山マラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年11月に山梨県の河口湖で開催(2012年に初開催)
  • 種目はフルマラソン・11km(チャリティファンラン)
  • 会場は河内湖の船津浜駐車場
  • 河口湖〜西湖をめぐるアップダウンの多いコース
  • コースの随所に富士山の絶景スポットがある

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

河口湖で開催

富士五湖のひとつ「河口湖」は、山梨県の南東に位置する。車だと中央自動車道の河口湖ICから5分。電車の最寄駅は富士急行線の河口湖駅

富士山を見ながら走れる

河口湖周辺には富士山の絶景スポットが多い。フルマラソンのコースだと、2〜4km(河口湖南)、16〜21km(河口湖北)、23〜27km(西湖北)あたりがおすすめ。

遠征日程

埼玉県の自宅から参加するため、今回は1泊2日の日程でレース前日に山梨入りした。

2021年11月27日(土)レース前日

15時に宿泊先の「ホテルマイステイズ富士山」に到着。午前7時チェックイン・翌日午後10時チェックアウトの「最大39時間滞在」プランを利用した。実際には、24時間しか滞在しなかったが。

この宿を選んだのは、富士急ハイランドまで徒歩5分だったから。今回は家族と一緒なので、僕がマラソンを走っている間に遊園地で遊べば退屈しない。以下は部屋からの景色。

さらに「富士山マラソン」の会場まで2kmと歩ける距離。夕食の前に河口湖までジョギングして受付を済ませてきた。

2021年11月28日(日)レース当日

6時半起床。家族を起こさないように朝食のお汁粉と、モルテンドリンクの「Drink Mix 320」でレース前のカーボローディング。

トイレを済ませてから、8時にホテルを出発した。

スタートライン

「富士山マラソン」の会場は河口湖の船津浜駐車場に設置される。

会場では新型コロナの感染対策が徹底している。会場に入る際には検温を行い、場内ではマスク着用は必須。スタートラインを越えるまでマスクを外してはいけない。

8時半に会場に着くと、まず手荷物を預けてきた。スタートラインから500mほど離れている。

スタートブロックは目標タイム別に4つのグループ(春・夏・秋・冬)に分かれている。僕は先頭ブロック「春」からスタート。

コース攻略

フルマラソンのコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは河口湖の船津浜駐車場
  • 河口湖と西湖の湖畔ルートをめぐるコース
  • 22kmに高低差約100mの上り坂(下りは35km)
  • それ以外にも随所のアップダウンがある

以下のコースマップは会場に掲載されていたもの。

スタート〜中間地点

スタート直後は道幅が狭いため、先頭ブロックでも渋滞する。焦らずに流れに任せて4:48/kmで最初の1kmを走る。2kmあたりで富士山を望みながら緩やかな上り坂を駆け上がっていく。

5kmあたりから、ようやくサブ3ペースに到達。その後、河口湖の湖畔のコースをしばらく走る。11kmあたりで再び富士山が見えた。

12kmで河口湖大橋を渡り、河口湖の北側へ移動。

以下は給水所の様子。今回は新型コロナの感染対策のため、水とスポーツドリンクは、それぞれ500mlと300mlのペットボトルでの提供となる。

16kmあたりでトンネルに入る。河口湖の北側は富士山の絶景スポットでもある。

20kmあたり。ここでは道路を外れて遊歩道を走る。

中間地点〜ゴール

中間地点は1時間30分18秒で通過した。これから激坂が待ち受けているので、後半からの巻き返し難しいと判断。サブ3は諦めて、30〜40kmをしっかり走れるような走りに変更。

22kmあたりは高低差約100mの激坂を一気に駆け上がる。幸い、一度も止まらずに5:40/kmのペースで上り切ることができた。

坂を上り切って文化洞トンネルを抜けると、河口湖のお隣の西湖が広がる。

24〜34kmは西湖をぐるりと1周する。たまに富士山の上の方が姿を現すが、西湖のレイクビューの方が楽しめる。

27kmあたりから再びペースアップ。といってもサブ3ペースは難しくて4:25/kmが精一杯だ。以下は28km地点にある西湖いやしの里

30km地点を通過。この辺りも緩やかなアップダウンがあり、体力がじわじわと消耗していく。

とはいえ30kmを越しても脚はしっかり動くし、そこまで疲労感はない。31〜34kmは開放感に溢れる湖畔ルートを走る。

35kmあたりは激坂の下り。重力に身を任せて休みながら走った。

ラスト7kmは苦しかった。脚はしっかりしているものの、呼吸がついていけない。とにかくエンストしない程度のペースで走り続けた。

ラスト1kmでは富士山が顔を出し、ランナーに声援を送ってくれた。

ゴールの後で

「富士山マラソン」の完走タイムは、ネットで3時間4分34秒、グロスで3時間4分55秒だった。

今回は1年9ヶ月ぶりに走るフルマラソンで、かつ激坂ありの難コース。正直目標タイムは見当がつかなかった。

内心では「あわよくばサブ3」と思っていたが、中間地点でギリギリ1時間半だったので、さすがに後半で巻き返しは難しいと判断。

それでも30km以降は、周囲のペースが落ちてきたらペースアップするという攻めの走りができたのはよかった。

本日の戦利品

ゴールの後はマスクを着用し、手を消毒してから参加賞を受け取る。

戦利品はこちら。左から、アミノバイタル(粉末)、完走メダル、アミノバイタル(ドリンク)、バナナ。下に敷いているのは完走タオル。新型コロナの感染対策のため、すべて自分で手に取る形式。

完走メダルは富士山の形をしており、5個集めると立体の富士山として飾ることができる。

ご当地グルメ

レースの後の食事は、セブンイレブンのおにぎりでサクッと済ませた。以下は前日の夜にホテルで食べた「吉田のうどん」と「ほうとう」。カロリー高めでカーボローディングにちょうど良い。

シューズ・装備類

最後に、今回使用したランニングシューズやウェアなどを紹介する。

シューズは「FuelCell RC ELITE v2」

富士山マラソンで履いたのは、ニューバランスの最速マラソンシューズ「FuelCell RC ELITE v2」。前モデルの「FuelCell RC ELITE」からミッドソールの形状が進化しており、フォアフット〜ミッドフットの幅広い範囲での着地に適している。

レースシューズとして、今後も出番が多くなりそうだ。

バックパック+ドリンクを羽織る

そして今回はサロモンの「SENSE PRO 5」を背負って走った。

理由は、給水所で水とスポーツドリンクがペットボトルで提供されるから。一回で飲みきれないし、手持ちで走るのは難しい。そこで「ソフトフラスク スピード」の500mlボトルをポケットに入れて、ペットボトルのドリンクを補充することにした。

おかげで給水所に立ち寄ったのはわずか3回で済んだ。一方で、400〜500mlの液体を羽織って走るのは結構負荷がかかり、無駄なエネルギーロスだったと後悔した。

防寒対策に腹巻きを着用

シャツは「湘南国際マラソン2021(開催中止)」の参加記念Tシャツ、パンツはホカオネオネの「GLIDE 7 INCH SHORT」を着用した。

これだと腹冷えするので、グンゼのスポーツ腹巻「ウエストウォーマー」も着用した。腹巻きがありとなしでは、体感温度がまったく違う。

僕は冬のランニングでは必ず腹巻きを着用している。寒さ対策だけでなく、腹冷えによる下痢を防ぐためでもある。

#山梨県

とも

寒い冬のマラソン大会でも、走り始めると暑くなる。そこで僕は半袖シャツと腹巻きの組み合わせで走ることが多い。富士山マラソンではグンゼの「ウエストウォーマー」を着用した。腹巻きは腹冷えによる下痢を防ぐ効果もある。

グンゼ ウエストウォーマー MH0770A」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

2021年8月に発売されたGLIDE 7 INCH SHORT(グライド7インチショーツ )は、ホカオネオネの高機能ランニングショーツ。7インチ丈とボクサーライナーの組み合わせにより、動きやすさと快適な履き心地を実現。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

ホカオネオネ GLIDE 7 INCH SHORT」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

ウエストウォーマー(waist warmer)は「腹巻」の意味。国内大手下着メーカーのグンゼが本気を出して作った腹巻は、裏起毛で真冬でも暖かく、伸縮性に優れて体のラインにピタリとフィットする。ランニング用に買ってみたので着心地や使い勝手などを紹介する。続きを読む

グンゼ ウエストウォーマー MH0770A」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

2021年2月に発売されたSENSE PRO 5(センスプロ5)は、サロモンの高機能バックパックの最新モデル。容量は5Lと10Lの2種類、サイズは男女それぞれ5段階から選べる。実際にSENSE PRO 5を2泊3日の旅ランで使ってみたので、収納の使い勝手や気づいた点などを紹介する。続きを読む

サロモン センスプロ 5」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

榮太樓(えいたろう)という老舗和菓子店の「おしるこ」が好きだ。北海道産小豆を使用し、甘さは控えめ。切り餅を2個入れて朝食に食べている。長距離走の前日や当日の朝に食べると腹持ちが良いので、ランニング前のカーボローディングにもおすすめしたい。続きを読む

榮太樓 おしるこ」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

「モルテンドリンク(Maurten Drink)」はフルマラソンの世界記録保持者エリウド・キプチョゲが愛用しているスポーツドリンク。ハイドロゲル(hydrogel)というゲル化技術により、炭水化物を通常のスポーツドリンクの約3倍の高濃度で摂取することができる。日本でも市販されており、マラソンやサッカーなど持久系スポーツで威力を発揮する。実勢価格は1袋1000円と高価だが、僕はフルマラソンのレース前には欠かさずに飲んでいる。続きを読む

モルテンドリンク Drink Mix 320」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。