レース攻略|山中湖ロードレース2018:ハーフ 1時間28分16秒

山梨県

2018年5月27日に山梨県の山中湖で開催された「山中湖ロードレース」を走ってきた。種目はハーフマラソン。

購入ガイド

瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

大会の魅力

「山中湖ロードレース」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年5月に山梨県の山中湖で開催
  • 種目はハーフ・湖一周(13.6km)
  • エントリーは1月から先着順にて受付
  • スタートは山中湖村役場、ゴールは山中湖中学校
  • コースは山中湖を周回

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

山中湖で開催

山中湖は山梨県南東部に位置する。

富士山の絶景スポット

「富士五湖」のひとつである山中湖は、富士山の絶景スポットとして知られる。特に山中湖の北側からは、富士山の頂上から裾野までが綺麗に見渡せる。

クルージング

レース当日は湖畔の道路が封鎖されるため、完走してもしばらくはバス・自動車が利用できない。代わりに、モーターボートや遊覧船を使って移動する。

遠征日程

埼玉県の自宅から参加するため、今回は1泊2日の日程でレース前日に山梨入りした。

2018年5月26日(土)レース前日

ホテルは山中湖の東側から数km離れた場所にある「富士マリオットホテル山中湖」に宿泊。大会受付は前日・当日ともに可能。

2018年5月27日(日)レース当日

ハーフマラソンは9時15分からスタート。完走した後はモーターボート・遊覧船を乗り継いでホテルへ戻る。

スタートライン

「山中湖ロードレース」のスタート会場は山中湖村役場の前に設置される。ゴール会場はそこから数百m離れた山中湖中学校。

6:15 朝食

ホテルの朝食は7:00からなので間に合わず。前日に買っておいた「いも恋」と、自宅から持ってきたバナナ1本を食べた。そして「モルテンドリンク」も忘れずに飲んでおいた。

7:15 臨時駐車場

臨時駐車場のある「山中湖交流プラザ きらら」までクルマで向かった。駐車スペースは1700台分あるので満車の心配はない。ここから大会専用のシャトルバスに乗って会場へ向かう。

7:45 受付会場

受付はゴール会場の山中湖中学校内で行う。ナンバーカードと参加記念 Tシャツを受け取ってきた。

8:15 ウォームアップ

スタート会場周辺でジョギング。

8:30 荷物・貴重品預け入れ

荷物は会場内の更衣室に自己責任で置いておく形式。ただし、バッグ1個分なら貴重品として預入も可能。

8:45 スタートライン整列

今回は最前列の「Aブロック」からのスタート。大会パーソナリティの瀬古和彦さんのトークを聞きながら待機する。

コース攻略

「山中湖ロードレース」のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタートは山中湖村役場、ゴールは山中湖中学校
  • 湖一周の部は山中湖を反時計回りに1周してゴール
  • ハーフマラソンの部は1周+折り返し地点まで往復してからゴール
  • 山中湖は標高1000m前後
  • 6〜8kmは高低差40mほどアップダウンがあり、ラスト数百mも上り坂

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

今年はハーフマラソンを走ってきた。

前半10kmは自分でも驚くほど好調だった。5kmを19分43秒で通過。その後6〜8kmの上り坂でガクッとペースダウンするが、なんとか立て直して10km地点を40分3秒で通過。

しかし後半から徐々にペースダウンしてしまう。特に11〜13kmキツく感じた。

13kmあたりでスタート地点に戻ってくる。湖一周の部はここからゴール会場へ向かうが、ハーフマラソンのランナーはスタート〜4km地点を往復する

ラストは数百mの上り坂になっている。

ゴールの後で

「山中湖ロードレース」の湖一周(13.6km)の完走タイムは、ネットで1時間28分16秒だった。前半10kmで体力を消耗してしまい、後半10kmはペースダウンする苦しい展開となった。

本日の戦利品

いつものアクエリアス。完走メダル、タオル、記録証の配布はない。記録証は後日郵送されるとのこと。

ご当地グルメ

オレンジが食べ放題。

豚汁の無料サービスもあった。

瀬古利彦とツーショット

会場では、瀬古和彦さんが自著『我が道』の出版記念サイン会を行なっていた。こちらでサイン入り本を購入すると、握手と記念撮影がおまけで付いてくる。

迷わずに1冊購入した。

クルージング

会場を後にして、スタート地点から1.5km離れた「旧旭日丘バスターミナル」へ。

ここから湖上遊覧船「SWAN LAKE」に乗船し、湖上から臨時駐車場を目指す。レース当日は周辺道路が封鎖されるため、モーターボートと遊覧船が主な移動手段となる。なお、レース当日に限り運賃はかからない。

名前のとおり SWAN(白鳥)がいた。今回乗るのは隣のクルーザーの方。

2階の後部座席は貸切状態かと思ったら、10分ほどで全席が埋まった。

残念ながら富士山は雲に隠れている。

今回乗船したクルーザーは「ニューわかふじ」。15分ほどで臨時駐車場に到着した。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

#山梨県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。