読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ナイキ エア ズーム ペガサス35【徹底レビュー】ペガサス34からメジャーアップデート

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

2018年6月2日に発売された、ナイキ エア ズーム ペガサス35(Nike Air Zoom Pegasus 35)を購入しました。

前モデルの「ペガサス34」に比べて、スピード感と安定感が一段と向上し、進化を感じられる一足です。スロージョグからスピードランまで守備範囲が広く、初めて買うランニングシューズにおすすめです。

練習やレースでの使用を踏まえ、ペガサス35の特徴・履き心地・耐久性についてわかりやすく解説します。

ペガサス35を選ぶ理由

ペガサス(Pegasus)は、ナイキ史上最も売れているランニングシューズのシリーズ。2018年にシリーズ35代目となる「ペガサス35」が発売されました。

前モデルの「ペガサス34」も持っていますが、スロージョグからスピードランまで守備範囲が広く、練習ではとても重宝しています。

「ペガサス35」は、ミッドソールに新感覚の「Cushlonフォーム」を採用し、着地のクッション性がさらに高まりました。「ペガサス34」からメジャーアップデートしているので、迷わずに購入しました。

今回は、2018年6月2日の発売日当日にナイキ公式オンラインストアで注文。2日後の6月4日に「ペガサス35」が届きました。

外観・スペック

ダンボールの中にはブライトオレンジのシューズボックスが入っていました。

「ペガサス35」とご対面。「厚底シューズ」の定義はわかりませんが、自分史上最高の「厚底シューズ」であることは間違いなし。

「ペガサス35」の全体像。

「ペガサス35」の側面(外側)。「NIKE ZOOM」のロゴがさりげなく、カッコいい。

「ペガサス35」の側面(内側)。

「ペガサス35」の上部。

「ペガサス35」の靴底。

「ペガサス35」のカカト部分。シャープな感じがカッコいい。

「ペガサス35」のアッパー部分。通気性に優れたメッシュが特徴。

「ペガサス35」のタン。

サイズ・カラー

  • メンズ:24.5cm〜30.0cm(0.5cm刻み)、6カラー
  • レディス:22.5cm〜26.5cm(0.5cm刻み)、5カラー

ノーマルタイプとワイドタイプの2タイプから選べます。自分仕様にカスタマイズできる「NIKEiD」にも対応。

オフセット

つま先とカカトの高低差であるオフセットは10mmとなります。

重さ

メンズ25.5cm、ワイドタイプの実測値は254gでした。

ペガサス34との違い

「ペガサス35」を前モデル「ペガサス34」と比較してみましょう。手前が「ペガサス35」です。並べてみると、まったくの別シューズですね!

特にミッドソール周りの設計がガラリと変わっているのがわかります。

履き心地で一番の違いを感じたのは着地の安定感です。靴底を比較すると「ペガサス35」のほうがカカトから土踏まずの設置面積が大きくなっているのがわかります。

「ペガサス34」

「ペガサス35」

履き心地

実際に「ペガサス35」を履いてみた感想をレポートします。

アキレス腱のフィット感が素晴らしい

最初のフィッティングでは「サイズ間違えた!?」と思うほど、縦に長く、つま先のスペースが気になりました。同じサイズ(25.5cm)でも、前モデルの「ペガサス34」はキツキツ、「ペガサス35」はダブダブ。

でもシューレースを締めると、アキレス腱まわりがソフトにカッチリ固定されました。ランニング中の靴ズレはまったく無し。

スピードが出しやすい

「ペガサス」シリーズは初心者からベテランまで幅広い層のランナーに対応する万能シューズですが、5分/kmの「サブ4」ペースが最適だと言われています。

前モデルの「ペガサス34」は、主に4分/km〜5分/kmの練習に使っていました。中でも4分/km前後のスピード走で最も威力を発揮してくれます。

「ペガサス35」はさらにスピード感が増した印象。200mインターバル走で3分/kmも走ってみましたが、最高速度での安定感が素晴らしい。

自慢の「Cushionフォーム」がシワシワに

ちょっと残念だったのが、初日からいきなり「Cushionフォーム」にシワが入りました。亀裂ではなく、シワなので大丈夫だと思いますが、耐久性が心配です。

実戦・耐久性レポート

5kmタイムトライアル

4分/kmを切るペースでも「ペガサス35」で快適に走れました。フィット感が抜群なので、シューレースが解けてしまっても走り続けられるレベルでした。

10kmレース

レースでも「ペガサス35」を履いてみました。安定性が高いので、芝生や砂利の上でもブレなく走れました。

購入ガイド

ナイキの店舗やナイキ公式オンラインストア、その他ネット通販でも購入できます。

さいごに

ナイキのランニングシューズが欲しい方は、とりあえず「ペガサス35」を買っておけば間違いないと思います。それだけ汎用性が高く、万人受けするランニングシューズです。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run