読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ナイキ ペガサス36【徹底レビュー】ペガサス35からフィット感が劇的に向上

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

ナイキ史上最も売れているランニングシューズ、ペガサス(Pegasus)。2019年6月1日に最新モデルのナイキ エア ズーム ペガサス 36(Nike Air Zoom Pegasus 36)が発売されました。

ペガサスは「ペガサス34」と「ペガサス35」を愛用しており、「ペガサス36」で三代目となります。ジョギングからスピードランまで守備が広く、僕のお気に入りランニングシューズのひとつです。

練習やレースでの使用を踏まえ、「ペガサス 36」の特徴・履き心地・耐久性についてわかりやすく解説します。

ペガサス36を選ぶ理由

写真は、左から「ペガサス34」、「ペガサス35」、「ペガサス36」。

ナイキのペガサス(Pegasus)シリーズは、ナイキ史上最も売れているランニングシューズ。1983年に初代ペガサスが誕生して以来、毎年新しいモデルが発表され、2019年でシリーズ36代目となります。

余談ですが、僕もペガサスと同じ1983年生まれなので、ペガサスにはただならぬ親近感を感じます。

ペガサスの特徴は、ジョギングからスピードランまで、これ一足で幅広い練習メニューをこなせることです。ランニングシューズ選びに迷っている方は、「とりあえず最新のペガサスを買っておけば大丈夫!」と言っても過言では無いほど、万人向けのシューズだと思います。

外観・スペック

それでは「ペガサス36」を詳しく見ていきましょう!箱を開けてパッと見た感じは「ペガサス35」にそっくり!

箱から取り出してみると、まだ「ペガサス35」が重なって見えますが、前モデルに比べると若干スリムになった気がします。

以下は側面(外)の写真。ソールには「NIKE ZOOM」のロゴが入っています。わざわざ「厚底!」というほどの厚さでは無いですね。最近はこれぐらいだと驚かなくなりました。

側面(内)の写真。

カカト付近には「Engineered to the exact specifications of world-class runners Nike Running」の文字が入っています。世界トップクラスの選手と同じソールを使っていますよ、という意味です。

上から見た写真。

特筆すべきは、タンがペラペラに薄くなったこと。

通気性に優れた「エンジニアードメッシュ」は、網の目が細かくなりました。

靴底の写真。

インナーには大きく「ZOOM」の文字が入っています。かっこいい…。

重さ

メンズ25.5cm、エキストラワイドの重量は実測値で247gでした。同じスペックで「ペガサス35」は254gだったので、わずかながら軽量化しています。

動画レビュー

ペガサス35との違い

ペガサス34→35は、メジャーアップデートと呼ぶに相応しい変化でしたが、ペガサス35→36は、どちらかというとマイナーアップデート。パッと見た感じでは違いに気づかないかもしれません。

それでも、実際に履いてみると決定的に進化したポイントがひとつあります。それは「フィット感」です。「ペガサス36」はアッパー素材を改良することにより、抜群のフィット感を実現しています。

タンが薄くなった

まずタンの部分がペラペラに薄くなり、足にピタリと張り付きます。左は「ペガサス35」、右は「ペガサス36」。

メッシュの目が細かくなった

フォアフットのメッシュも進化しています。メッシュの目が細かくなり、通気性を保ちつつ、アッパー部分が伸縮しすぎないようになっています。「ペガサス35」はメッシュの目が荒く、若干緩い感じがします。左は「ペガサス35」、右は「ペガサス36」。

靴底は瓜二つ

靴底に関しては、アウターソールの配置パターンなども含め、瓜二つです。左は「ペガサス35」、右は「ペガサス36」。

履き心地・サイズ感

実際に「ペガサス36」を履いて気づいた点を紹介します。

極上のフィット感

すでに紹介したとおり「ペガサス36」のフィット感は文句なしです。同じナイキの「フライニット」と比べても遜色のないレベル。

反発力が強い

自慢のソール「エア ズーム」は反発力が結構あります。着地は硬めで、スピードが出しやすいです。感覚的には「ペガサス35」と「ペガサスターボ」の中間ぐらいで、これまで以上にスピードランにも対応できそうです。その意味で「ペガサスターボ」の出番が少なくなりそう。

幅広のエキストラワイド

「ペガサス35」と同様に、今回は「ペガサス36」のエキストラワイド版を購入しました。

サイズは通常25.5cmを履いていますが、今回も25.5cmでぴったりでした。参考までに、僕が履いているランニングシューズのサイズは以下のとおりです。

実戦・耐久性レポート

デビューラン

すぐにフィット感の良さを実感できました。反発力もあるのでスピードが出しやすいです。

エアズームはシワになりやすいのが欠点ですが、前モデルに比べると耐久性が増したようです。

ペガサス36を履いて24km走にチャレンジ!

購入ガイド

ナイキの「ペガサス36」は、ナイキ店舗やその他取扱店、ナイキ公式オンラインストアを始めとするネット通販で購入できます。

発売から1ヶ月経ちましたが、在庫切れは無いようです。

ちなみに僕は、足幅があるので「エキストラワイド」タイプを選びました。

他にも、自分だけのカラーが選べる「カスタマイズ」モデルの注文も可能です。

僕も以前、「ペガサス34」のカスタマイズ版を注文しました。

さいごに

ナイキ エア ズーム ペガサス 36は、僕が毎年必ず買う数少ないランニングシューズのひとつです!そして毎回、良い意味で期待を裏切られます。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run