ナイキ「ペガサス 37」の評価・レビューまとめ

前モデルからクッショニングが大幅アップデート。ミッドソールに「React foam」を採用し、「Air Zoom」クッションをフォアフットに寄せて厚さを倍増。反発性が高まり、高速ペースも快適に走れる万能シューズです。

この記事では、2020年4月に発売されたNIKE(ナイキ)のランニングシューズ「Air Zoom Pegasus 37(エア ズーム ペガサス37)」の特徴・評価・耐久性について解説します。

Pegasus 37を選ぶ理由

Pegasus(ペガサス)シリーズは、NIKE史上、最も売れているランニングシューズです。毎年春に新作が発売され、2020年4月28日に発売された「Pegasus 37(ペガサス37)」は、シリーズ37代目となります。

Pegasusの魅力は、スロージョグからスピード走まで、幅広いペースに対応できること。ジョギング用とか、インターバル用とか、履き分ける必要はなく、これ1足でカバーできます。

Pegasusは、NIKEのランニングシューズのフラグシップモデルでもあります。世界トップ選手とのコラボで培った最先端の技術を、惜しみなくつぎ込んでいます。「Pegasus 37(ペガサス37)」の特徴は以下のとおり。

  • ミッドソールに「React foam(リアクトフォーム)」を採用。以前の「Cushlon Foam」よりも軽く、反発力と耐久性が向上
  • エアズームのクッションをフォアフットにのみに配置。Pegasus 36に比べてクッションの厚みが2倍に増えたことで、反発力が向上
  • エアズームのクッションの圧力を男女別にカスタマイズ。レディスの圧力はメンズよりも約25%低く調整済み
  • 半透明なアッパーにより通気性と軽量感が向上

前モデルの「Pegasus 36(ペガサス36)」から進化ポイントをひとつだけ挙げるとすると、クッショニングが大幅にアップデートされたこと。反発性が高まり、高速ペースでも走りやすくなりました。

僕は「Pegasus 34」から毎年、Pegasusシリーズを買い続けています。以下の写真は、上から「34」、「35」、「36」、そして右下が今回紹介する「Pegasus 37(ペガサス37)」です。

外観と仕様

それでは、「Pegasus 37(ペガサス37)」を詳しく見ていきましょう!

発売日当日の4月28日に、NIKE公式オンラインストアで注文。お届け予定日は5月1日でしたが、注文した翌日の4月29日の早朝に届きました。

僕の足は横幅があるので、今回はメンズの「エクストラワイド(4E)」モデルを選びました。サイズは25.5cm。カラーは「ブラック/ホワイト」の一択です。

公式サイトで注文すると、変更やサイズ変更が無料で出来るので安心。自宅で試着してみて「ちょっと違ったな…」と思っても、返送料無料で返品・交換してもらえます。

早速、シューズとご対面。パッと見て驚いたのは、ミッドソールの厚さ。「Pegasus」シリーズは「34」から履き続けていますが、代を重ねるごとにソールの厚さが増していきます。

シューズの側面(外側)。「Air Zoom(エア ズーム)」のロゴがカッコいいですね!ミッドソールには、斜めに溝が彫られており、上下からの圧力の耐久性を高めています。

シューズの側面(内側)。

シューズの上部。アッパーは伸縮するメッシュ素材が、通気性とフィット感を高めています。

シューズの靴底。

ミッドソールには、小さな文字で「Engineered to the exact specifications of world-class runners」と書かれており、世界トップレベルのランナーのシューズと同じスペックであることを強調しています。

靴底のヒール下は空洞になっており、アーチ構造が反発力を高めています。NIKEの「スウィッシュ」ロゴがさりげなく入っているのが良いですね!

アッパーは伸縮性を抑え、耐久性を高めると同時に、薄くすることで軽量化を図っています。内部が透けて見えるほどの薄さです!

シューレース(紐)とアッパーの一体感がさらに増し、フィット感が向上しています。

ヒール周りは前モデルに比べてスッキリしましたが、かかとをガッチリ固定して、足のズレを防止してくれます。

インナー(中敷)は結構厚みがあります。

柔らかく、立体感のあるスポンジ素材。

重さは実測値で「260g」でした。

動画ハイライト

5分間の動画にまとめました。

シューズデータ

以下はNIKEの公式サイトより。

名称 Nike Air Zoom Pegasus 37
ナイキ エア ズーム ペガサス 37
発売日 2020年4月28日(世界同時発売)
価格 13,000円(税抜)
原産地 中国・ベトナム
重量 メンズ:285g(28.0cm)
レディス:238g (25.0cm)
オフセット 10mm(前足部:14mm、ヒール:24mm)
サイズ メンズ:24.5cm〜30.0cm(0.5刻み)
レディス:22.5cm〜26.5cm(0.5刻み)
カラー メンズ:
1. ブラック/ヴァレリアンブルー/スプルースオーラ/ゴーストグリーン
2. ブラック/ホワイト
3. フォトブルー/ホワイト/ブルーボイド
4. グレーフォグ/スモークグレー/セイル/ボルト
5. オブシディアンミスト/ブラック/ロータスピンク/ハイドロジェンブルー
レディス:
1. ペールアイボリー/ベアリーボルト/セイル/ゴースト
2. ブラック/ホワイト
3. ファイヤーピンク/チームオレンジ/マジックエンバー/ホワイト
4. ホワイト/オーラ/メタリックシルバー
5. ブラック/ヴァレリアンブルー/スプルースオーラ/ゴーストグリーン
バリエーション メンズは、4Eの「エクストラワイド」モデルと、着脱しやすい「フライイーズ」モデルを展開

前モデルとの比較

2019年に発売された前モデル「Pegasus 36(ペガサス36)」と比較します。写真の左が「36」、右が「37」です。ちなみに「36」は、230kmほど走り込んでいます。

側面を見比べてみると、ミッドソールの厚さの違いが一目瞭然ですね。「37」はかなり厚くなっています。また、かかとの部分が「37」はより上に反ったデザインになっています。また、「37」はミッドソールに斜めに溝が入っています。

靴底は、フォアフットのラバーの配置が変わっています。「37」はヒール下に空洞が設けられ、アーチ構造になっています。

アッパーは、シューレースの構造が変わっています。「37」はよりアッパーとの一体感が増しています。

履いてみた感想

実際に「Pegasus 37(ペガサス37)」を履いてみた感想です。

ファーストインプレッション

早速、9kmビルドアップ走で履いてみました。

ウォームアップ(5’00/km)。ほどよい反発力を感じる。特にフォアフットのクッションが増強されたのが実感できる。

ビルドアップ(4’30/km→3’30/km)。安定感が非常に高く、ペースの変化にも付いて行ける。前モデルは4’20/kmを超えると厳しかったが、「Pegasus 37(ペガサス37)」は、4’00/km前後でも余裕。クッション性が高いので、高速ペースで走っても脚が疲れない。

ダウンジョグ(6’00/km)。スロージョグを心がけても、ついついペースアップしてしまう。

ミッドソールの耐久性

前モデルはデビューランでミッドソールがシワシワになりましたが、「Pegasus 37(ペガサス37)」は斜めに彫られた溝が耐久性を高めています。結果、シワシワが少し軽減されました。

120km走破

早速、走行距離が120kmを超えました。前モデルに比べてソールの耐久性が格段に向上したことを実感。靴底も砂利道でガシガシ走った割には、ほぼ無傷でした。

雨の日のランニング

雨の日に走る機会がありましたが、アスファルトの路面ではグリップが効いているものの、タイルの上では不安定。ただし、ソールは雨水をスポンジのように給水しないので、濡れてもクッショニング性能は損なわれないようです。

よくある質問

どこで買えますか?

NIKEの取扱店や公式オンラインストア、Amazonなどのネット通販で購入することができます。

サイズ感はどうですか?

普段ランニングシューズは25.5cmサイズを履いていますが、「Pegasus 37(ペガサス37)」も25.5cmでちょうど良いサイズでした。僕は足の横幅があるので、今回は「エクストラワイド」モデルを選びましたが、足指のスペースに余裕があって快適です。

どんなランナーにおすすめですか?

初心者からエリートランナーまで、万人向けのシューズだと思います。特に、初めてランニングシューズを買う人には、「Pegasus」をおすすめしています。

前モデルとの違いは?

ひと言でいうと、クッショニングが大幅にアップデートしています。ミッドソールの素材が、「Cushlon Foam」から「React foam」に変更。エアズームのクッションをフォアフットのみに配置し、厚みを倍増。実際に履いた感じでは、反発性が高まり、高速ペースでも走りやすくなりました。

サイズ感は前モデルと代わりありません。

ソールが厚くなっていますが、前モデルと比べて重くなった印象はないですね。

なお、新作が発売されたことで前モデルの「Pegasus 36(ペガサス36)」がお得に買えるチャンスです。

まとめ

以上、2020年4月に発売されたNIKE(ナイキ)のランニングシューズ「Air Zoom Pegasus 37(エア ズーム ペガサス37)」の特徴・評価・耐久性について解説しました。

前モデルからクッショニングが大幅アップデート。ミッドソールに「React foam」を採用し、「Air Zoom」クッションをフォアフットに寄せて厚さを倍増。反発性が高まり、高速ペースも快適に走れる万能シューズです。

初心者からベテランまで、幅広い層のランナーにおすすめのランニングシューズです!

ナイキ エア ズーム ペガサス37

他にも「Nike」に関連する記事がおすすめです!