自費レビュー|ナイキ エアズーム ペガサス38

シューズナイキ

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

ナイキの2021年新作ランニングシューズ「エアズーム ペガサス38」を紹介します。

主な特徴は以下のとおりです。

  • ミッドソールに「ナイキ リアクト フォーム」を使用
  • 反発性に優れた「ズーム エア ユニット」を前足部に配置
  • 柔らかくて通気性の高いサンドウィッチ構造のメッシュ素材をアッパーに採用
  • 前作との主な違いは、幅広のつま先部分と柔らかくて厚めタン
  • 定価は、税込14,300円
  • 重さは、265g(メンズ26.0cm)

「とも」は発売日当日に公式サイトで注文しました。早速履いてみたので紹介します。

購入ガイド

ナイキ ペガサス38」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

万能ランニングシューズ

ペガサス(PEGASUS)シリーズは、ナイキのランニングシューズのフラグシップモデルです。

2021年1月に発売された「ペガサス38」の特徴は以下のとおり。

  • ミッドソールに「ナイキ リアクト フォーム」を使用
  • 反発性に優れた「ズーム エア ユニット」を前足部に配置
  • 柔らかくて通気性の高いサンドウィッチ構造のメッシュ素材をアッパーに採用
  • 前作との主な違いは、幅広のつま先部分と柔らかくて厚めタン
  • 定価は、税込14,300円
  • 重さは、265g(メンズ26.0cm)

最大の特徴は、インターバル走からスロージョグまで幅広いランニングシーンに対応できること。

クッション性に優れた「ナイキ リアクト フォーム」と、反発性に優れた「ズーム エア ユニット」の組み合わせが、あらゆるスピードにおいて快適な履き心地を実現します。

ランニングシューズ選びに迷ったら「とりあえずペガサスを買っておけば間違いない」というのが僕の持論です。

前作との比較

前作の「ペガサス37」との違いも見ていきましょう。基本スペックを表にまとめてみました。

ペガサス 38ペガサス 37ペガサス 36
発売2021年4月2020年4月2019年4月
重さ285g(28cm)272g(28cm)
ドロップ10mm10mm
ミッドソールNike Reactフォーム+Air Zoomユニット(前足部)Nike Reactフォーム+Air Zoomユニット(前足部)フルレングスのZoom Airユニット
アッパーサンドウィッチ構造のメッシュ素材トランスルーセントのメッシュエンジニアードメッシュ
アウトソールNike Grind を採用(約9%)改善されたグリップ力ワッフルピストンのラバー

まず、最も分かりやすい違いがタンの厚さです。36と37はフラットでしたが、38はクッションが入っています。37(写真左)と38(写真右)を比較すると、タンの厚さの違いが一目瞭然。

アッパーのメッシュにも変化が見られます。37(写真下)は透けるトランスルーセントな素材が特徴でしたが、38(写真上)はニット素材風に仕上げています。写真ではわかりづらいですが、38はつま先部分がより幅広になっています。

唯一、前作から進化を感じられたポイントはシューレース(紐)周り。シューレースの締め具合を細かく調整しやすくなりました。

以下は「とも」のペガサスコレクションです。上から、34→35→36→37→38。「ペガサス34」はカスタムモデルで、左右に「TOMO.RUN」のロゴが入っています。

デザインとスペック

それでは「ペガサス38」を詳しく見ていきましょう。

ミッドソールにはクッション性に優れた「ナイキ リアクト フォーム」を採用し、前足部には反発性に優れた「ズーム エア ユニット」を配置しています。ちっちゃいですが「air zoom」のロゴがありますね。

リアクト フォームはシワになりやすい性質ですが、斜めに窪みを入れることで耐久性を高めています。

内側には「ENGINEERED TO THE EXACT SPECIFICATIONS OF WORLD-CLASS RUNNERS NIKE RUNNING」の文字。一流マラソン選手が履いているシューズと同じスペックだよ、という意味です。

アッパーにはサンドウィッチ構造のメッシュ素材を採用。

シューレースは前作から改良され、締め具体を細かく調整しやすくなりました。

タンはクッション入りで分厚いです。

アンクルパッドもクッション多めで分厚いです。足首を優しく包み込み、シューズのホールド感を高めています。

アウターソールはグリップ力に優れたラバーを配置。「ペガサス 38」には環境に優しい再利用素材「Nike Grind」を採用しているとのこと。

サイズ感

「ペガサス38」のサイズ展開は以下のとおりです。

  • メンズ:24.5cm〜30.0cm
  • レディース:22.5cm〜26.5cm

「とも」はランニングシューズ選びで25.5cmか26.0cm迷います。前作の「ペガサス37」は、幅広のエクストラワイド(4E)の25.5cmを履いていました。

「ペガサス38」は26.0cmの通常タイプを選んでみました。もともとつま先にゆとりがある設計なので、ちょうど良いサイズ感でした。

耐久性

まずはとりあえずデビューラン直後の状態から。早速、リアクトフォームに小さなシワが入りました。

履いてみた感想

実際に「ペガサス38」を履いた感想をまとめます。

ホールド感が強い

分厚くなったタン、クッション多めのアンクルパッド、そして改良されたシューレースが組み合わさり、シューズのホールド感は強め。上下左右から程よい圧力を感じます。

シューレースは秀逸

「ペガサス 38」の優れている点はシューレース周り。通常だと上の部分だけキツく締めても自然と緩んできますが、こちらは例えば上と下をキツく、真ん中だけユルく締めるという細かな調整が可能です。

つま先は広め

前作との違いは、つま先部分がゆとりある設計になっていること。僕の足は幅広なので、つま先周りのスペースに余裕があるのは有難いです。

マイナー・ダウングレード?

36→37ではメジャー・アップデートと呼ぶにふさわしい進化でしたが、37→38では目立った進化は感じられず、タンやアッパーメッシュが旧仕様に戻ったため、むしろマイナー・ダウングレードでは?と感じました。

おまけ

ペガサスのようなシリーズものは、新作が発売されると旧作の価格が下落します。販売側からすると在庫を処分しないとですからね。

ぜひ、旧作の価格もチェックしてみましょう。定価の半額以下で買えることもありますよ。

購入ガイド

ナイキ ペガサス38」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

ナイキの2022年新作ランニングシューズ「エアズーム ペガサス39」を紹介します。

前作に比べて走行安定性が格段に向上し、ジョギングシューズとしての完成度が高まりました。主な特徴は以下のとおりです。

  • 耐久性抜群の軽量フォーム「Nike React」を搭載
  • クッション材「Air Zoom」を前足部とヒールに配置
  • 前作から進化したポイントは安定感
  • 重さは250g(メンズ26.0cm実測値)
  • 定価は税込14,300円

「とも」は発売日当日に公式サイトで注文しました。早速履いてみたので紹介します。

ナイキ エアズーム ペガサス 39」の最新価格を今すぐチェック!

#シューズ#ナイキ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。