読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ナイキ ズーム ペガサスターボ【徹底レビュー】ペガサス35との違いを比較

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

2018年8月2日に発売された、ナイキ ズーム ペガサスターボ(Nike Zoom Pegasus Turbo)を購入しました。

ちょうど二ヶ月前に「ペガサス35」を買ったばかりですが、ナイキの世界最速マラソンシューズ「ヴェイパーフライ 4%」となじクッションが搭載されていると知り、思わず手を出してしまいました。

練習やレースでの使用を踏まえ、「ペガサスターボ」の特徴・履き心地・耐久性についてわかりやすく解説します。

ペガサスターボを選ぶ理由

すでに「ペガサス35」を持っているのに「ペガサスターボ」を購入した理由。それは、「ペガサスターボ」に搭載されているクッション「ナイキズームXフォーム」に惹かれたからです。

世界最速のマラソンシューズ、ヴェイパーフライ 4%と同じクッション、ナイキズームXフォームを搭載。快適な履き心地はそのままに、より速く走りたいランナーのため特別に設計。ーー公式サイト

世界最速のマラソンシューズとして名高い「ヴェイパーフライ 4%」と同じクッションと聞けば、欲しくなりますよね。レース用のシューズとしても使えそうなので、思い切って購入に踏み切りました。

今回は、2018年8月2日の発売日当日にナイキ公式オンラインストアで注文。2日後の8月4日に「ペガサスターボ」が届きました。

外観・スペック

それでは早速、開封の儀をお届けします。

ダンボールの中には、眩しいオレンジ色のシューズボックスが入っていました。

箱を開けて、いざ「ペガサスターボ」とご対面!やっぱり分厚ソールに目がいきます。

「ペガサスターボ」を取り出して、外観をくまなくチェックしていきます。

まずは側面(外側)写真。「NIKE ZOOM X」のロゴがさりげなく、カッコいいですね。アッパーは網戸のようなメッシュ素材になっており、通気性は抜群。

側面(内側)の写真。カカトのあたりに、小さな文字が見えますね。

近づいてみると「Engineered to the exact specifications of world-class runners」と書いてありました。「世界トップランナーと同じスペックで作られています」という意味。

上部の写真。タンの部分に「NIKE PEGASUS 35 TURBO」と書かれています。

靴底の写真。独特な形状をしています。外郭とフォアフット、カカト部分がアウターソール(グレーの部分)に覆われ、真ん中はミッドソール(白の部分)がむき出しの状態。

アウターソールには五角形の立体グリップが散りばめられています。

フォアフットには縦にストライプ柄(黒の部分)が入っています。

カカト部分は非常にシャープでカッコいいですね。

しかし、近づいてみると「これ本当に新品?」と疑ってしまうほどシワだらけでした。まあ、使い始めたらシワになるので気にしませんが、ちょっと残念ですね。

もうひとつ残念なポイントは、外側のスウッシュ(ロゴ)。塗り方がとても雑ですね。

インター(下敷き)も取り出してみました。ペラペッラに薄いので驚きました。

重量は、メンズ28.0cmで238g。実測値では、メンズ25.5cmで210gでした。非常に軽いですね!

ペガサス35との違い

ちょうど2カ月前に発売された「ペガサス35」との違いも見ていきましょう。

同じ黒系のカラーを選んだので「違いがわからないのでは?」と思いましたが、完全に別物でした。

まず、アッパーのメッシュが違います。「ペガサス35」はメッシュの穴が荒く、下地が透けて見えます。「ペガサスターボ」のメッシュの穴は網戸のように細かいのが特徴。

カカトの出っ張りも「ペガサスターボ」のほうが尖ってますね。

違いが最も顕著なのは、シューズの裏側。「ペガサスターボ」のほうが接地面積が小さく、特に土踏まずの部分がキュッと締まっています。

「ペガサス35」のアウターソールはパーツごとに分かれていますが、「ペガサスターボ」は一体感があります。

履き心地

実際に「ペガサス35」を履いてみた感想をレポートします。

とにかく、軽い!

25.5cmで210gですからね。「とにかく、軽い!」というのが第一印象です。

見た目よりも幅がある

先ほどの「ペガサス35」との比較でわかるように「ペガサスターボ」は細く見えます。しかし実際に履いてみると、内側には十分なスペースがあります。ぼくは「ペガサス35」はワイドタイプを履いていますが、ワイドタイプでない「ペガサスターボ」でもつま先が開きます。

反発力が強い

「ペガサス35」に比べると「ペガサスターボ」の着地は硬め。反発力もやや強く感じます。感覚的な表現をすると、味のなくなったガムのような感じ。柔軟性はあるけど硬い、みたいな。

通気性は抜群

アッパーに張り巡らされた網戸みたいなメッシュが功を奏しているのか、通気性は抜群でした。炎天下で走っていてもシューズの中が蒸れません。反面、冬は寒いかもですね。

安定感にやや欠ける

接地面積が狭いせいか、安定感にはややかける印象。「ペガサスターボ」はフォームがしっかりとした上級者向けなんでしょうね。日中なら全く問題ありませんが、このシューズを履いて夜ランに行くのはちょっと危険かな。

ミッドソールの耐久性が心配

「ペガサス35」と同様に、早くもミッドソールの後方部分にシワが入りました。カカトの部分は購入した時からシワが入っていました。

実戦・耐久性レポート

当別スウェーデンマラソン(ハーフ)

購入してからいきなりレースで使用しました。軽いのに着地は硬め、反発力もあるのでレースシューズとしても優秀ですね。

季節の彩湖ハーフマラソン(ハーフ)

真夏のハーフマラソンで使用。かぶり水をしたら「ペガサスターボ」のミッドソールが水をスポンジのように吸い込んでしまいました。水は弱点みたいですね。

青梅マラソン(30km)

坂道がほとんどのコースでしたが、高いクッション性のおかげで脚が疲れずに済みました。

1000mインターバル走

3’20/kmのペースでも安定感を保ちます。ロードでインターバルを走るときは「ペガサスターボ」を使うことが多いですね。スピードが出しやすい上、脚へのダメージが軽減できます。

購入ガイド

ナイキの店舗やナイキ公式オンラインストア、その他ネット通販でも購入できます。

「ペガサスターボ」は、レース本番やスピードラン、インターバル走など、スピードが求められるシーンで活躍してくれる一足です。クッショニングが秀逸なので、脚へのダメージが少ないのも大事なポイントです。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run