旅ランニング|立山黒部アルペンルート:雪の大谷1kmコース

富山県長野県

毎年4月〜6月に立山黒部アルペンルートで楽しめる「雪の大谷ウォーク」の様子を紹介する。高さ20m近くの雪壁は圧巻。ランニングで1kmコースをめぐる「雪の大谷ラン」も楽しんできた。

購入ガイド

FERRY 偏光レンズ」の最新価格を今すぐチェック!

この記事の内容

雪の大谷とは?

立山黒部アルペンルートは、長野県の扇沢駅と富山県の立山駅を結ぶ山岳観光ルート。長野側の中腹には有名な「黒部ダム」がある。

また、立山黒部アルペンルートの最高地点の室堂(むろどう)では、4月から6月にかけて高さ20mに迫る雪壁が観光できる。別名「雪の大谷」。

この雪壁の間を散策する「雪の大谷ウォーク」がやりたくて、ゴールデンウィークの三連休に立山黒部アルペンルートを訪れた。日程は以下のとおり。

  • 2022年4月29日(祝):長野県大町市で前泊
  • 2022年4月30日(土):立山黒部アルペンルートの扇沢〜室堂を往復
  • 2022年5月1日(日):埼玉県の自宅に戻る

扇沢〜室堂は、往復の移動時間だけで4時間はかかる。室堂での滞在時間も含めると、丸一日が必要。

今回の旅は「雪の大谷」ためだけの三連休だったと言っても過言ではない。

扇沢〜室堂の移動は約2時間

扇沢から室堂までは直線距離で約13kmだが、標高は1433mから2450mまで一気に上がる。

以下の4つの乗り物を乗り継ぐため、移動時間は最短で約2時間かかる。

  • 扇沢〜黒部ダム(電気バス)
  • 黒部ダム〜黒部湖(徒歩)
  • 黒部湖〜黒部平(ケーブルカー)
  • 黒部平〜大観峰(ロープウェイ)
  • 大観峰〜室堂(トロリーバス)

それでは順番に説明していこう。

扇沢

長野側の玄関口である扇沢駅からは電気バスに乗って黒部ダムへ向かう。

30分毎に便があるが、ゴールデンウィークのようなピークシーズンは事前に予約しておかないと席が確保しづらい。

今回僕は、登山の1週間前に立山黒部アルペンルートの公式サイトで10時発の便を予約しておいた。ちなみに運賃は扇沢〜室堂の往復で9,470円(大人)。

しかし第一関門はもっと前にあった。10時の便だと扇沢の駐車場が満車で車が停められない。しかたなく駅から400mほど離れた市営駐車場に停めていった。

電気バスはトンネルの中をひたすら走り続ける。黒部ダムまでの所要時間は15分ほど。

黒部ダム

電気バスを降りてトンネルの通路を抜けると「黒部ダム」が現れる。実は8年前にも来ており、初めて「黒部ダム」を見た時はその大きさに圧倒された。

当時は娘たちが小さかったので「黒部ダム」で折り返したが、今回はダムの反対側まで歩いて行き、さらにその先を目指す。

黒部湖

今度はケーブルカーに乗って傾斜30度くらいのトンネルをするすると上っていく。

黒部平

黒部平はレストランや展望台があり、次のロープウェイ待ちの観光客で溢れかえっていた。

ケーブルカーに乗る際にロープウェイの整理券を渡され、自分の番号が来るまで待たないといけない。

15分ほど待ち時間があったため、展望台で立山連峰を眺めてきた。

大観峰

大観峰は中継地点といった感じで、のんびりする場所ではない。最後はトロリーバスに乗って目的地の室堂を目指す。

室堂

10分ほどで室堂に到着。屋外に出ると、辺り一面が真っ白だった。

この日の気温は1℃。そして雪の大谷の高さは、最も高い場所で17m。

雪の大谷”ウォーク”

ここからは「雪の大谷」の様子を紹介する。

雪の大谷

室堂駅前のバスターミナルを通り過ぎると「雪の大谷」の入口がある。この辺りの雪の高さは2〜4mしかない。

除雪された片側一車線の道路を歩いていく。片側がバスの通り道、もう片方が遊歩道になっている。そして道路の両側には10mを軽く超える雪の壁。これが500mほど続く。

雪の壁は柔らかい。こんな感じにお絵描するのも「雪の大谷ウォーク」の楽しみのひとつ。

間もなく「こどもの日」ということで、鯉のぼりもあった!

こちらが「雪の大谷」の最高地点。17mということは、ビル5〜6階の高さに相当するのか。

パノラマロード

雪の大谷に並行して「パノラマロード」という雪の遊歩道が設けられている。こちらは雪の壁がなく、立山連峰を一望できる。

室堂駅→雪の大谷→パノラマロード→室堂駅のルートなら、無駄なくまわれる。

雪の大谷”ラン”

ここまではフツーの観光客の楽しみ方。

マラソンブロガーとしては、やはりランニングで「雪の大谷ラン」を楽しみたい。

室堂〜美女平は走れなかった

ここから富山側の玄関口である立山に向かうには、室堂〜美女平をバス、美女平〜立山をケーブルカーで移動する。

当初の予定では室堂駅から家族と別行動し、自分だけ室堂〜美女平の区間を自力で走り、美女平〜室堂(約23km)はバスで戻ってくる計画だった。

しかし、室堂駅〜美女平はバスでしか通行できないことが判明した。こちらは「雪の大谷」の最西端だが、ロープが張られてこれ以上先に進めない。

標高2450mの1kmコース

というわけで、観光客が少なくなるランチタイムを狙って室堂駅→雪の大谷→パノラマロード→室堂駅のルートを走ってきた。参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

距離にすると1kmしかないが、走り切るのに9分近くもかかってしまった。

まず、ここは標高2450mで空気が薄く、ちょっと走るだけで息切れする。そして、パノラマロードは雪道なので足を取られやすい。

まとめ

以上、立山黒部アルペンルートの扇沢〜室堂までの移動手段と、4月〜6月に雪壁の散策が楽しめる「雪の大谷」の様子を紹介した。

今回みたいに晴れた日は、雪に反射された太陽光で目が開けないほど眩しい。日焼け止めとサングラスは忘れずに持っていこう。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

FERRY 偏光レンズ」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#富山県#長野県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。