旅ランニング|しんきろうロード:富山湾沿い6kmコース

富山県

しんきろうロードは富山県魚津市にある全長6kmの観光道路。しんきろうサイクリングロードの一部でもあり、富山湾沿いの絶景を見ながらランニングやサイクリングが楽しめる。運が良ければ蜃気楼が見られるかも。

目次と内容

しんきろうロードとは?

「しんきろうロード」は富山県魚津市の海岸沿いを走る道路で、経田からミラージュランドまで約6kmの区間を指す。

蜃気楼が見える道

富山県魚津市は「蜃気楼の見える街」として知られており、3月下旬から6月上旬にかけて気象条件が合えば富山湾側に内陸の反転した風景が見える。

とはいえ肉眼で見るのは難しいため、蜃気楼を見ながらランニングやサイクリングできると期待しない方が良いだろう。

毎年4月にはこの地で「魚津しんきろうマラソン」が開催され、コースの一部で「しんきろうロード」を走ることができる。

しんきろうサイクリングコース

「しんきろうロード」は、黒部市と富山市を結ぶ「しんきろうサイクリングコース」の一部でもある。

並走する区間はサイクリングコースを表すブルーのラインが表示されている。

アクセス

「しんきろうロード」の起点は以下のとおり。いずれも富山湾沿いを走るローカル線・富山地方鉄道でアクセスできる。

経田

魚津市の北側にある経田(きょうでん)というエリアが「しんきろうロード」の北側の起点となる。最寄駅は富山地方鉄道の経田駅。

ミラージュランド

南側の起点は遊園地とプールが併設されたレジャー施設「ミラージュランド」。最寄駅は富山地方鉄道の西魚津駅だ。

コース

今回は「魚津しんきろうマラソン2022」の前日に「しんきろうロード」を走ってきた。2022年4月23日。天気は曇り後晴れだが、蜃気楼は見えなかった。

経田

宿は新魚津駅近くのホテル。そこから富山地方鉄道で一駅の経田(きょうでん)駅へ移動し、海岸方面へ向かった。こちらは経田漁港の様子。

海岸沿いの歩道を南へ向かって走り始める。

時折立ち止まって富山湾方面を凝視するが、蜃気楼らしきものは見えない。

気象条件が合えば、こんな感じに見えるそうだ。子どもの頃に映画『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を観て「蜃気楼」という言葉を初めて知ったが、未だ実物を見たことはない。

道の駅 蜃気楼

途中「蜃気楼」という道の駅を通り過ぎた。「蜃気楼」の蜃気楼らしさを出している。この近くには「蜃気楼展望台」があるが、今回は時間がないのでスルー。

魚津埋没林博物館

「埋没林」とは大昔の原生林が埋没したもの。魚津にはスギ原生林が約2000年前に埋没した「魚津埋没林」があり、国の特別天然記念物に指定されている。

魚津埋没林を展示する博物館があるので、観光がてら立ち寄ってきた。館内に無料のウォーターサーバーがあり、水分補給もできて一石二鳥だった。

魚津の米騒動

富山湾沿いの歩道をひたすら南下する。日差しが強くなってきたが、まだ雲が多く、蜃気楼が見える気配はない。

途中で「魚津の米騒動」と書かれた看板を発見。公園の一角にこんな感じの記念碑があった。日本の近代史に残る「米騒動」は、ここ魚津で起こった米騒動がきっかけたとなった。

ミラージュランド

「魚津の米騒動」を後にして走り続けると、赤いミラージュランドの観覧車が見えてきた。近くで見るとこんな感じ。

そして魚津市と滑川市の境を流れる早月川に到着。「しんきろうロード」はここまでだが、「しんきろうサイクリングロード」はここからさらに南下して富山市につながっている。

ミラージュランドからは富山地方鉄道の西魚津駅へ向かい、電車で新魚津駅に戻った。今回の旅ランはこれにて終了。

まとめ

以上、富山県魚津市にある「しんきろうロード」を紹介した。参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

この辺りは日光を遮るものがなく、4月でも強烈な日差しにさらされる。ランニングする時は日焼け止めを忘れないようにしよう。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ランニングに適した市販の日焼け止めを紹介。炎天下を走ることが多くなるので、基本的にはUVカット効果が高く、耐水性に優れたものが良い。

ニベア UV ディープ プロテクト & ケア ジェル」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#富山県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。