tomo.run

「inPROTEIN ミルク風味」レビュー:不味い。選ぶならSavas

「inPROTEIN ミルク風味」レビュー:不味い。選ぶならSavas

inPROTEINは、1本330mlでタンパク質が21g摂れる森永乳業のプロテイン飲料です。そのままゴクゴク飲めて作る手間が省けます。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

Savasの方が好き ★★☆☆☆

結論から言うと、inPROTEIN ミルク風味の評価は「買わない」です。一応「ミルク風味」とはいえ、無機質な感じで美味しくありませんでした…。

もちろん栄養素が一番大事ですが、自分の場合はトレーニングの後の「ご褒美」として飲んでいるので、味も重視しています。

その点、明治のSavas(ザバス)のプロテイン飲料は、何度でも飲みたくなる(買いたくなる)美味しさなんですよね。

inPROTEINの特徴

inPROTEINは、森永乳業のプロテイン飲料のブランドです。

もともとチルドカップの「ココア風味」と「カフェオレ風味」がありましたが、パッケージを刷新し、2023年9月にキャップ付きタイプの「ミルク風味」が発売されました。

ミルク風味はコンビニやスーパー、ドラッグストア、ネット通販サイトで購入できます。

主な特徴は以下のとおり。

  • 1本(330ml)でタンパク質21gと1日分のカルシウムが摂取可能
  • プロテインの働きを強めるEルチンを配合
  • 要冷蔵(10℃以下)で賞味期限は120日間
  • 希望小売価格は210円(税別)

1本330mlなので、350ml缶よりも若干小さく、ちょうど片手に収まるサイズです。

キャップに特殊な加工が施されており、キャップの封を切ってから開け閉めできます。これはすごく便利。

ミルク風味の栄養成分と原材料は以下のとおり。参考までに、ココア風味とカフェオレ風味と比較します。

ミルク風味ココア風味カフェオレ風味
パッケージキャップ付きパックチルドパックチルドパック
容量330ml240ml240ml
希望小売価格(税別)210円165円165円
栄養成分エネルギー 215kcal、たんぱく質 21.5g、脂質 0g、炭水化物 32.3g、糖質 32.2g、食塩相当量 0.63g、カルシウム 779㎎、酵素処理ルチン 42mgエネルギー 104kcal、たんぱく質 16.5g、脂質 0g、炭水化物 9.5g、糖質 6.9g、食塩相当量 0.18g、カルシウム 503㎎、ビタミンD 7.5μg、酵素処理ルチン 42㎎エネルギー 103kcal、たんぱく質 16.5g、脂質 0g、炭水化物 9.3g、糖質 8.1g、食塩相当量 0.22g、カルシウム 510㎎、ビタミンD 7.5μg、酵素処理ルチン 42㎎
原材料乳製品(国内製造)、酵素処理ルチン乳製品(国内製造)、乳たんぱく質、ココア/香料、セルロース、乳化剤、酵素処理ルチン、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、V.D乳製品(国内製造)、乳たんぱく質、コーヒー/香料、乳化剤、酵素処理ルチン、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、V.D

原材料は乳製品と酵素処理ルチンだけ。余計なものが入っていないから無機質な味なのでしょうか。

身体には良さそうですが、やはり美味しくないとリピートしたいと思えないですね。

高タンパク化するプロテイン飲料

コンビニで買えるプロテイン飲料といえば、昔からSavasの「ミルクプロテイン 脂肪0」が人気です。

以下は200mlの紙パックタイプ。

そしてこちらが430mlのボトルタイプ。

いずれも1本あたり15gのタンパク質が摂取できますが、最近は20〜22gに増量したフレーバーもあります。

最近のお気に入りは「ストロベリーヨーグルト風味」で、タンパク質22gが摂取できます。

今回購入したinPROTEIN ミルク風味は21gですから、20〜22gが「高タンパク」をウリにするプロテイン飲料の主戦場と言えます。

1日分のカルシウム入り

inPROTEIN ミルク風味のもうひとつの特徴は、1本で1日分のカルシウムが摂れること。

カルシウムの摂取量は1日あたり600〜750gが目安。inPROTEIN ミルク風味は1本あたり779㎎のカルシウムを含んでいるので、余裕でオーバーしています。

カルシウム不足の人なら良いかもしれませんが、そもそもカルシウムの取りすぎは様々な健康障害を招きます。

それに、プロテイン飲料に求めるのは良質なたんぱく質(と自分の場合は美味しさ)であって、ユニークセリングポイントとしては弱いですね。

おまけ

ちなみに inPROTEIN ミルク味の隣に、MYPROTEINの「プロテインドリンク チョコレート風味」がありました。

パッケージも内容量もinPROTEIN ミルク風味と同じ。よく見たらこちらも森永乳業が製造していました。

試しに買って飲んでみましたが、こちらも味が微妙。しかも添加物も多く含まれています。

やっぱりプロテイン飲料はSavasの「ミルクプロテイン 脂肪0」が好きですね。

200mlの紙パックタイプは常温保存もできるので、Amazonで箱買いしたり、ふるさと納税の返礼品に選んだりして、自宅に常備しています。

その方がコンビニで都度購入するよりもお得ですからね。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「森永乳業 inPROTEIN ミルク風味」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

森永乳業 inPROTEIN ミルク風味

Amazonで最大8%ポイントアップ「スマイルSALE」開催中(4/22まで)