レース攻略|高根沢元気あっぷハーフマラソン2019:1時間23分38秒

2019年1月13日に開催された「高根沢元気あっぷハーフマラソン」を走ってきた。種目はハーフマラソンの部。

#栃木県

とも

今回のレースで履いたシューズは、ニューバランスの「HANZO V2」。伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発したニューバランス最速のマラソンシューズだ。

NEW BALANCE HANZO V2」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

大会の魅力

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年1月に栃木県塩谷郡塩谷郡高根沢町で開催
  • 種目はハーフ・10km・5km・2km
  • 会場は高根沢元気あっぷむら

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

高根沢町で開催

高根沢町は、栃木県の県庁所在地の宇都宮市から15kmほど北東に位置する。最寄駅は、JR宇都宮線・宝積寺駅。

箱根駅伝の選手と走れるレース

今年は青山学院大学と東海大学の2校が招待され、スタートラインの最前列に並んだ。速すぎて一緒に走れるわけではないが、速い選手がいるとテンションが上がる。

フラットコース

自動車道と田んぼ道(アスファルト)を通るコースは、アップダウンがほとんどなく、自己ベストが出やすいコース。ハーフマラソンは日本陸上競技連盟公認コースでもある。

遠征日程

埼玉県の自宅から参加するため、今回は1泊2日の日程でレース前日に現地入りした。

2019年1月12日(土)レース前日

今回は会場から車で15分ほどの場所にある「高根沢元気あっぷむら」というレジャー施設で前泊した。

ハーフマラソンでは13km地点を過ぎたあたりで「高根沢元気あっぷむら」の横を通過する。

2019年1月13日(日)レース当日

レース当日のスケジュールは次のとおり。

  • 7:30 起床
  • 8:00 朝食
  • 9:15 宿泊先を出発
  • 9:40 大会会場に到着
  • 10:40 スタート

大会専用の駐車場に車を置いていく。駐車場から会場までの距離は2km弱。大会専用の無料シャトルバスも運行しているが、ウォームアップ代わりに走って向かった。

スタートライン

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」の会場は、高根沢町町民広場陸上競技場に設置される。

会場入り

スタートの1時間前に会場に到着。ちょうど10kmの部のランナーがゴールの陸上競技場でフィニッシュしているところだった。

無料の荷物預り所があるが、今回は荷物を車に置いてきたので利用せず。

選手集合

スタート地点は陸上競技場だが、10kmの部がまだ終わっていないため、ハーフマラソンの部のランナーは隣の野球場に集合する。

目標タイム別に整列。1時間20分以内はさすがに自信がないので、1時間20分〜1時間40分の列に加わった。スタート10分前に陸上競技場へ移動し、よーいどん!

コース攻略

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは高根沢町町民広場陸上競技場
  • 高根沢町をぐるりとまわるフラットコース
  • ハーフは本陸上競技連盟公認コース

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

ハーフマラソンを走るのは、2018年11月18日に参加した「上尾シティマラソン」以来。その後12月に右足首を捻挫してしまい、今回は怪我から6週間後の「復帰レース」となる。

スタート〜13km

今回は自己ベストを狙わずに、平均ペース4:00/kmを目標に掲げた。最初の1kmは4:08/km。思ったより好調なので徐々にペースアップ。それから13kmまでは4:00/kmジャストかそれより速いペースを維持した。

以下は5km付近の様子。基本的には自動車道か田んぼの道(アスファルト)を走る。

6〜10kmは3:50/km前後と絶好調だった。

以下は13km付近の様子。この先に前泊した「高根沢元気あっぷむら」があります。娘たちがハイタッチをしてくれた。

14km〜ゴール

「高根沢元気あっぷむら」を通過すると、急に体力とモチベーションがガクッと下がった。

前半で飛ばし過ぎたからなのか4:00/kmを切るペースを維持できない。ラップタイムが最も遅かった16kmでは4:06/km。前半で追い抜いたランナーにどんどん抜かれていく。

13km〜16kmは風が強かったのもペースダウンの要因のひとつ。遮るものがまったくない田んぼのど真ん中の道を走るので、横からの風をモロに受ける。

17km以降、自動車道に戻ると風が止んだ。同時にペースも4:00/kmジャストに戻る。以下は17kmあたりの様子。

20km地点で時計を見ると1時間19分50秒。ラスト1kmを頑張れば、1時間24分は切れるはず!ということで、気合を入れてラストスパートをかけた。

ゴールの後で

「高根沢元気あっぷハーフマラソン」の完走タイムは、グロスで1時間23分38秒だった。目標どおり、平均ペース4:00/kmを切ることができた。

ゴールした後は、計測チップ返却→水分補給→記録証受け取りと進んでいく。

いつもならご当地グルメを楽しむのだが、この日は夕方に親知らずを抜歯するため、急いで帰宅する必要があった。運よくシャトルバスが停まっていたので飛び乗り、5分ほどで駐車場に到着。

それから「高根沢元気あっぷむら」で家族と合流し、そのまま自宅を目指した。

そして、家に着いてから参加賞をもらうのを忘れていたことに気づく…。

#栃木県

とも

今回のレースで履いたシューズは、ニューバランスの「HANZO V2」。伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発したニューバランス最速のマラソンシューズだ。

NEW BALANCE HANZO V2」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

2018年12月に発売されたHANZO V2(ハンゾー V2)は、ニューバランスのエリートランナー向けランニングシューズ。伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。続きを読む

ニューバランス HANZO V2」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。