レース攻略|渡良瀬遊水地マラソン2022遠征記:37分42秒(10km)

埼玉県栃木県群馬県

2022年2月23日に群馬県の渡良瀬遊水地で開催。「赤城おろし」の向かい風がキツい難所があるが、全体的にフラットで走りやすいコース。コロナ禍でも中止にならず助かった。

購入ガイド

三笠 スポーツソックス 足袋」の最新価格を今すぐチェック!

この記事の目次

大会の魅力

「渡良瀬遊水地マラソン」の特徴は以下のとおり。

  • 群馬県・渡良瀬遊水地で開催される小規模マラソン大会
  • 非営利団体の「スポーツメイト」が運営
  • 種目はフル・ハーフ・10kmなど
  • 計測チップ・記録証あり
  • コロナ禍でも中止になりにくい

最新情報は公式サイトでチェックしよう。

渡良瀬遊水地で開催

渡良瀬遊水地は埼玉県・群馬県・栃木県の県境にある日本最大の遊水池。レースでは開放感あふれるコースを走れる。

首都圏からアクセスしやすい

最寄駅の東武日光線・柳生駅まで徒歩10分。車だと東北自動車道・羽生ICから20分ほど。ちょうど首都圏の真ん中に位置するため、アクセスしやすい。

アットホームな大会

参加者は数百人程度の小規模のため気軽に参加できる。コロナ禍でも中止になりにくい。2022年2月〜3月の都市型マラソン大会が全滅したため、急きょこちらの大会にエントリーした。

遠征日程

今回はレース当日に埼玉県の自宅から現地入りした。10kmの部は11時スタートなので、早起きせずに済んだ。これも気軽に参加できるポイントのひとつ。

  • 09:00 自宅を出発(車で向かう)
  • 10:00 渡良瀬遊水地に到着
  • 10:30 受付
  • 11:00 10kmの部スタート

なお、ウォームアップジョグを兼ねて、会場近くにある「三県境」を訪れた。名前のとおり、埼玉県・群馬県・栃木県の三県が隣り合わせになったスポットだ。

スタートライン

会場とスタート・ゴールは渡良瀬遊水地の渡良瀬遊水池中央エントランスに設置される。

駐車場

中央エントランスの駐車場。収納台数は約300台あり、芝生の上にも駐車できるので満車になる心配はなさそう。

受付

受付会場は中央エントランスを入ってすぐ。近くに公衆トイレや荷物置き場(ブルーシート)もある。

ナンバーカード

引換券はなく、受付で氏名を伝えるとナンバーカードと参加賞がもらえる。計測チップは腕に装着するタイプだった。

スタートライン

受付会場のすぐ横にゴールがあるが、スタートラインは種目によって異なるので注意が必要。10kmの部は会場から800mほど離れた場所だった。

コース攻略

今回参加した10kmの部のコースの特徴は以下のとおり。

  • 遊水池の北ブロックの周回5.4kmを2周弱
  • フラットなコースだが、北側は「赤城おろし」の向かい風をモロにくらう
  • 給水ポイントは2ヶ所

以下は会場で配布されたコースマップ。フルマラソンの部だけスタートとゴールが同じ場所だが、それ以外の種目はスタート地点が異なるので注意が必要。

11時に号砲が鳴り、10kmの部に参加した84名のランナーが一斉に走り始める。最初の5kmは設定ペースの3:45/kmを忠実に守って走り続けた。

6〜8kmは疲れが出始め3:55/kmまでペースダウンしてしまった。周回コースの2周目、ちょうど遊水池の北側は向かい風が強い。

赤城山方面から吹いている冷たい強風で、地元では「赤城おろし」または「上州空っ風」と呼ばれる。

逆にラスト2kmは追い風となり、3:45/km→3:35/kmのペースアップに貢献してくれた。

ゴールの後で

完走タイムは37分42秒、順位は84人中の4位。

目標の37分切りは届かなかったものの、練習でこのタイムは出せないので良い走りが出来たと思う。

戦利品

参加賞は、モンテローザグループで使える食事券(2000円利用で500円引き)とレッドブルのドリンク缶。記録証も走り終えてすぐにもらえた。

シューズ・ウェア

今回のレースで使ったシューズ・ウェア・ギアは以下のとおり。

ナイキ ズームフライ 4

前回のハーフマラソンに続き、ナイキの「ズーム フライ 4」を再び投入。スピードに強いシューズだが、10kmだとやや物足りなさを感じた。

次に10km走る時は、薄底のレースシューズにしてみよう。

ソックスは三笠の「JAPANスポーツソックス」の足袋タイプを初めて使ってみた。足裏のグリップが効いてしっかりとサポートしてくれた。

On Climate Shirt

トップスは購入したばかりのOnの「Climate Shirt」を着用。軽いのに暖かい。2月下旬の「赤城おろし」の冷たい風から守ってくれた。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

三笠 スポーツソックス 足袋」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

2021年12月に発売されたズーム フライ 4(Zoom Fly 4)は、スピード練習に適したナイキのランニングシューズ。これを履けばインターバル走・ペース走が好きになるかも。

ナイキ ズームフライ4」の最新価格を今すぐチェック!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。ペガサスやヴェイパーがお得に買えるクリアランスセールもこまめにチェックしよう。

クリアランスセールをチェック

夏になると日焼け・熱中症予防にランニングキャップを使う機会が増えるのでOnの「Lightweight Cap(ライトウェイト・キャップ)」を購入した。最初は軽くて丈夫な機能性とOnらしいミニマルなデザインに惹かれたが、使っていくうちに「Lightweight Cap」の真価はスウェットバンドにあるこということに気がついた。

On Lightweight Cap」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニアの短パンのロングセラー。ウエストポーチ並みの収納力を持ち、フルマラソンで携帯する荷物がまるっと収まる。速乾性に優れているので、夏でも快適サラサラ。

パタゴニア ストライダー プロ ショーツ」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

#埼玉県#栃木県#群馬県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。