tomo.run

【伊香保温泉でランニング】石段街は人が多すぎなので展望台に行ってみた 【伊香保温泉でランニング】石段街は人が多すぎなので展望台に行ってみた 【伊香保温泉でランニング】石段街は人が多すぎなので展望台に行ってみた 【伊香保温泉でランニング】石段街は人が多すぎなので展望台に行ってみた

【伊香保温泉でランニング】石段街は人が多すぎなので展望台に行ってみた

群馬県にある日本有数の温泉郷「伊香保温泉」をランニングしてきたので紹介します。有名な石段街は観光客が多すぎます。日中に走るなら、周辺の高台にある長峰自然公園や上ノ山公園へ足を延ばすのがおすすめ。展望台から伊香保温泉と周辺の山々が一望できます。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

伊香保温泉へのアクセス

伊香保温泉は群馬県中部に位置する温泉郷。古くから日本有数の名湯として知られ、黄金色に輝く「黄金の湯」と温泉街の中心を貫く全365段の「石段」が有名です。

住所は群馬県渋川市伊香保町。最寄りのJR渋川駅からバスで30分ほど、関越自動車道の渋川伊香保ICから車で30分ほどでアクセスできます。

今回は伊香保温泉の石段沿いにある旅館に1泊し、伊香保温泉周辺をランニングしてきました。実際に走ったランニングコースはこちら。2023年12月2日の記録です。

伊香保温泉石段→長峰自然公園→高根展望台→伊香保森林公園→上ノ山公園→伊香保神社→伊香保温泉石段をめぐる約9kmのコースでした。上ノ山公園〜伊香保温泉の区間は「伊香保ロープウェイ」で上り下りすることも可能です。

石段街を走る

今回宿泊したのは、石段街の上の方にある老舗旅館「岸権旅館」。正面玄関を出ると目の前が石段街です。入口付近には「辰の湯」と呼ばれる足湯があり、宿泊者でなくても利用することができます。

さすが日本有数の温泉地だけあり、忙しい師走にも関わらず観光客で賑わっています。石段は全365段ありますが、これは「温泉街が1年365日賑わうようになってほしい」という願いが込められているそうです。

石段街には200年以上の歴史を持つ12の老舗旅館があり、それぞれが「干支」を持っています。例えば岸権旅館は「辰」で石段には辰の印があります。石段の数を数えたり、干支の印を探したりしながら石段を歩くのがおすすめです。

しかしランニングだとそんな余裕はありません。何しろ観光客が多すぎて、周りの迷惑にならないように走るので精一杯でした。石段街の下は広場になっており「IKAHO」の撮影スポットがあります。。石段街をバックに記念撮影してきました。

展望台から見た温泉街

石段街を後にして、県道33号渋川松井田線沿いを榛名湖に向かって走ります。温泉街の西側に「長峰自然公園」という、あまり手入れされていない公園があります。

最も高い場所にある「長峰展望台」からは伊香保温泉と周辺の山々が一望できます。

県道33号の緩やかな上り坂を進んでいくと「高根展望台」の看板が見えてきます。こちらは駐車場もあり、車を停めて立ち寄る方が多くいらっしゃいました。

その後、県道から外れて上ノ山公園を目指して走り続けます。途中でお腹が痛くなり「こんな山奥でどうしよう…」と不安になりながらも、伊香保森林公園の管理棟の前を通りかかると、公衆トイレを見つけて大事に至りませんでした。

上ノ山公園から下山

上ノ山公園は温泉街の南側の高台にある公園です。近くに伊香保ロープウェイの「見晴駅」があり、麓の温泉街へ行き来できます。

最後はロープウェイで温泉街に戻るつもりでしたが、Googleマップを確認したら上ノ山公園の裏側から伊香保神社まで遊歩道があることが分かりました。

というわけで、伊香保神社に向かって細い小道を下っていきます。途中「熊出没注意」のポスターにビビって、ピッチを早めて下りました。

伊香保神社でお参り

最後に伊香保神社でお参りしてきました。ちょうど石段街の頂点にあり、ここから365段の石段を下りていきます。