ともらん

旅ランニング|草津温泉:おすすめは西の河原公園〜湯畑

草津温泉を訪れたついでに走ってみようかな…。それなら西の河原公園〜湯畑ルートがおすすめだ。起伏は多いが、ランニングの後の温泉は最高。

今回の旅ランの相棒はOnの「Cloudvista」。ロードもトレイルも同じくらい快適に走れるのが特徴。どんな道を走るか分からない時に頼りになる。

Cloudvista」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

天下の名湯、草津温泉

草津温泉は群馬県の北西部に位置する。住所は群馬県吾妻郡草津町。

アクセスしづらい

最寄駅はJR吾妻線の長野原草津口駅。温泉街までは、さらにバス・タクシーでで30分ほどかかる。

車だと沼田・渋川方面、軽井沢・上田方面などからアクセスできるが、最寄りの高速道路ICから最短でも1時間は要する。

泉質主義

アクセス良好とは言えないが、温泉のクオリティはピカイチ。「泉質主義」を掲げ、下呂温泉、有馬温泉と並ぶ日本三名泉として知られている。

今回宿泊した宿では3種類もの源泉に浸かることができた。温泉街には足湯や大浴場があり、日帰り入浴も楽しめる。

ラン&温泉

草津温泉は起伏に富み、温泉街周辺は傾斜のキツい坂道が多い。しかも古い街なので道幅が狭く、観光客が多いと走りづらい。

それでも、ランニングの後に温泉に浸かる快感は、至高の領域に近い。控えめに言って最高!

国道292号

そんなわけで、入浴の前に草津温泉を走って散策してきた。

スタート地点は、今回の旅で宿泊した「草津温泉ホテル櫻井」。国道292号の交差点に接しており、草津温泉の拠点としては便利な場所にある。

まずは国道292号を「西の河原公園」に向かって北上する。4月上旬だと、まだ所々に雪が残っている。

「西の河原公園」を通り過ぎると、まもなく「草津温泉スキー場」の建物が見える。草津温泉から車で5分のところにスキー場があることは最近初めて知った。

2022年は4月3日まで営業していたので、午前中に家族を連れて滑ってきた。この時期は草津で温泉とランニングとスキーが満喫できてしまう。

ベルツ通り

このまま国道292号を直進すると、白根山・万座温泉方面へ行けるが、草津温泉スキー場の前で右折し、ベルツ通りを東に向かって走ることにした。

ベルツはドイツ出身の医師の名前。明治時代に日本にやってきたいわゆる「政府お雇い外国人」で、東京医学校で教鞭をとり、草津温泉の素晴らしさを世界にアピールした。

草津温泉からしたら恩人なのだろう。その功績を讃えるためにベルツ通りだけでなく、近くの道の駅には「ベルツ記念館」もある。

そのまま走り続けると、再び国道292号に合流。草津バスターミナルを通過して、スタート地点に戻った。

西の河原公園

今度は先ほどと同じルートで国道292号を北上し、西の河原公園を走ってみる。

こちらは公園の西口。近くに無料の駐車場があるので、ここに停めて散策するのがおすすめだ。

遊歩道を下り、草津温泉街を目指す。

途中、園内にある「西の河原露天風呂」を通り過ぎる。広大な露天風呂が有名。

ここから草津温泉街まで約1km。

露天風呂を通り過ぎると、足湯が楽しめるちょっとした広場がある。

湯畑周辺

西の河原公園を出ると、西の河原通りを直進して「湯畑」を目指す。

この辺りは車1台がギリギリ通れるほどの道幅しかない。観光客も多いので走るときは注意が必要。

まもなく湯畑に到着。

最後に草津を訪れたのは15年前。あの時の記憶と比べると、ずいぶんオシャレな街になったと思う。

湯畑を後にして「大滝の湯」を目指した。こちらは「草津温泉大阪屋」の建物。

こちらは熱い源泉が有名な「煮川の湯」。名前からして熱そう…。

しばらく走り続けると「大滝の湯」に到着。

昔、妻と結婚する前に二人で草津に滞在したことがある。その頃はお金がなくて、温泉の付いていないユースホステルに泊まり、夜は「大滝の湯」に行った記憶がある。懐かしい。

再び湯畑を目指す。地蔵通りを経由して「地蔵の湯」の前を通り過ぎた。

ここから湯畑までは脇道をたどってゆく。湯畑周辺はこういう迷路のような道がたくさんあって面白い。

結論:西の河原公園〜湯畑がおすすめ

以上、草津温泉のランニングコースを紹介した。参考までに、ストラバのアクティビティを載せておく。

以下は国道292号→ベルツ通り→国道292号の周回ルート。5km走っただけで獲得標高100m超えって、どんだけ起伏があるんだ…。

以下は国道292号→西の河原公園→湯畑のルート。こちらも3km走っただけで約100mの獲得標高。観光を兼ねて走るなら、このルートがおすすめだ。

とにかく、草津温泉は起伏がキツい。でもランニングの後に浸かる温泉は最高。

今回の旅ランの相棒はOnの「Cloudvista」。ロードもトレイルも同じくらい快適に走れるのが特徴。どんな道を走るか分からない時に頼りになる。

Cloudvista」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

「群馬県」に関する記事一覧