tomo.run

【Anta マッハ4 レビュー】コスパが素晴らしい 【Anta マッハ4 レビュー】コスパが素晴らしい 【Anta マッハ4 レビュー】コスパが素晴らしい 【Anta マッハ4 レビュー】コスパが素晴らしい

【Anta マッハ4 レビュー】コスパが素晴らしい

今回紹介するのは「マッハ 4」という中国の人気スポーツブランドAntaのランニングシューズです。実際に履いてみると「中国のランニングシューズってどうなの?」という不信感・不安感が完全に払拭されました。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

Antaとは?

Anta(アンタ)は、中国の福建省に本社を置く「安踏体育用品有限公司」のスポーツブランド。中国ではNikeやAdidasの外資メーカーの他、Li-ning(リーニン)とAnta(アンタ)が「国産」の二強ブランドとして認知されており、日本におけるAsicsやMizunoのような存在と言えます。

近年はランニングシューズにも力を入れており、レース用からジョギング用までバリエーションが豊富。有名なマラソン選手だと、エチオピア出身のケネニサ・ベケレがAntaと契約しています。

主な特徴

今回はAntaのランニングシューズのミッドレンジモデルである「Mach 4(マッハ 4)」を購入しました。主な特徴は次のとおり。

ソール
NITROEDGE
アッパー
メッシュ
重さ
231g(26.0cm)

ミッドソール

ミッドソールのクッションには軽量性と反発性に優れた「NITROEDGE」をフルレングスで使用。間に「LAUNCHZONE」と呼ばれるW形状のスタビライザーを挟むことで安定感を高めています。

アウトソール

靴底はほぼ全面に「A-GRIP PRO」ラバーで覆われており、走行中は強力なグリップ性能を発揮します。

アッパー

アッパーには通気性に優れたMESH(メッシュ)素材を採用。シュータンは薄く、足の形にピタリと馴染みます。強固なヒールカップと柔らかいアンクルパッドで足をしっかりホールドします。

重さ

26.0cmサイズの実測値は231gでした。ミッドレンジのランニングシューズにしては軽い方かなと思います。

サイズ感

今回初めて中国のランニングシューズを購入しましたが、最初はサイズ選びで戸惑いました。Antaの場合、米国・英国・ヨーロッパ・中国のサイズが次のように併記されています。

自分の場合、通常モデルなら26.0cm、ワイドモデルなら25.5cmがジャストサイズになります。今回は通常モデルのみなので、中国サイズの「260」を試着してみましたが、ブカブカして大きすぎる…。よく見たら米国サイズで「8.5」、つまり日本サイズで「26.6cm」。そりゃ大きいわけです。

そこで中国サイズ「255」、米国サイズ「8.0」を試着。これなら日本サイズで「26.0cm」。案の定、ジャストサイズでした。

足を入れた感じは、つま先周りはスペースに余裕があり、カカト周りは程よい圧迫感があります。シューレースシステムも秀逸で、キツめでもユルめでも足が安定します。

発泡スチロール風のソール

「マッハ 4」を手に取って気になったのがミッドソールの素材。見た目や感触は発泡スチロールに近く、低密度で軽いのが特徴です。でも耐久性は高そう。フォームを成形する際、窒素(nitrogen)を注入することから「NITROEDGE」と呼ばれるそうです。

クッションは柔らかめの印象。接地の際に適度に沈み込み、衝撃を上手に吸収してくれます。

スタビライザー搭載

個人的に気に入っているのは「LAUNCHZONE」と呼ばれるスタビライザー。写真の薄緑の部分ですね。「マッハ 4」ではフォアフットの下部からヒールの中部に食い込むような形で搭載されています。

一番の目的は左右のブレを軽減して安定感を高めること。構造的にも機能的にも、Mizunoの「Mizuno Wave」に近い存在ですねまた「LAUNCHZONE」は非常に硬く、ソールの弾力性を高めるプレートのような役割も担っています。

ヒールストライクが最適解

「マッハ 4」はヒール周りにクッションを多めに配置している構造上、カカトから着地するヒールストライクがクッションとエネルギーリターンを最大限に生かせると思います。

フォアフットでも走れますがクッションは生かしきれません。逆にミッドフットは接地面積が小さく、構造的にも不安定なことから安定感に欠けます。

もう一度、靴底の構造を見てみると、ヒールストライクの適性が構造上からも分かると思います。

ホールド感が抜群

アッパーはそこまで期待していませんでしたが、実際に履いてみるとホールド感が高く、好印象でした。特にシューレースとシュータンの設計が秀逸。キツめでもユルめでも足をしっかり固定してくれます。

コスパも素晴らしい

「マッハ 4」はジョギングからスピード練習までカバーできるミッドレンジに位置付けられています。「NITROEDGE」クッションと「LAUNCHZONE」の組み合わせが絶妙で、ハイペースでも安定感と推進力が損なわれないのが良いですね。

価格は13,000円前後(定価は599元)。この価格でこのクオリティは素晴らしいなと思います。日本人からすると「中国ブランドのランニングシューズってどうなの?」と不安感が拭えませんでしたが、実際に履いた後ではそんな先入観もなくなりました。

ただし日本からだと入手困難

今回はたまたま中国出身の妻の実家を訪れた際に、現地のAntaの店舗で「マッハ 4」を購入しました。人口12万人の地方都市なので品揃えは少なく、ミッドレンジである「マッハ 4」がそのお店の最速モデルとのことでした。

それはさておき、日本からAntaのランニングシューズを購入するのは難しく、現地でツテがない限り、AliExpressやBuymaなどを介さないと入手できないのが現状です。

日本はランニング大国なので、別にそこまで苦労しなくても、安価で品質の優れたランニングシューズは他にもたくさんありますからね。流通の仕組みが変わらない限り、日本で流行ることはなさそうです。

総合評価:普通に満足

Antaの「マッハ 4」を購入して普通に満足しています。ジョギングからスピード練習までカバーでき、クッション、ホールド感、グリップ性のいずれも高評価でした。ただしヒールストライクに最適化されているため、人を選ぶシューズだと思いました。

【Anta マッハ4 レビュー】コスパが素晴らしい

この記事で紹介した「Anta MACH 4」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

自宅で無料試着してみる

シューズやウェアのサイズ選びに不安があるなら、Amazonの無料試着サービス「Prime Try Before You Buy」で気になるサイズをまとめて注文。自宅で試着した後、不要なものは無料で返送・返品できます。

関連記事

「マッハ 4」と同じ価格帯であれば、Mizunoの「ウエーブライダー27」やPumaの「ヴェロシティニトロ3 」をおすすめします。

今回紹介するのは2023年3月に発売された「ウエーブライダー27」というMizunoの人気ジョギングシューズのシリーズ27代目モデル。第一印象は「前作と変わってないじゃん…」でしたが、実際に履いてみて違いが分かりました。走行時の安定性能は申し分なく、アッパーのフィッティングが向上

今回紹介するのは2024年2月に発売された「ヴェロシティニトロ3」というプーマのランニングシューズ。川口春奈さんのCMを観て速攻で購入しました。弾むようなライド感と安定感を両立させたクッションを搭載し、ヒールストライクの心地よさがクセになります。