tomo.run

【ウエーブライダー27】レビュー:履けば進化がわかる 【ウエーブライダー27】レビュー:履けば進化がわかる 【ウエーブライダー27】レビュー:履けば進化がわかる 【ウエーブライダー27】レビュー:履けば進化がわかる

【ウエーブライダー27】レビュー:履けば進化がわかる

今回紹介するのは2023年3月に発売された「ウエーブライダー27」というMizunoの人気ジョギングシューズのシリーズ27代目モデル。第一印象は「前作と変わってないじゃん…」でしたが、実際に履いてみて違いが分かりました。走行時の安定性能は申し分なく、アッパーのフィッティングが向上しています。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

主な特徴

Mizunoの「ウエーブライダー27(Wave Rider 27)」はミッドソールにミズノエナジーとミズノウエーブを搭載した、走行安定性の高いランニングシューズです。主な特徴は次のとおり。

ミッドソール
ミズノエナジー、ミズノウエーブ
アッパー
エアメッシュ、ガセットタング
アウトソール
X10
重さ
280g(メンズ 27.0cm)
定価
14,850円
発売
2023年8月

ミッドソール

ミッドソールは前作から変わらず。高い柔軟性と反発性に優れたクッション材「ミズノエナジー」で「ウエーブプレート」を挟む構造を踏襲しています。

アッパー

アッパー素材は前作と同じエアメッシュを採用。シュータンは厚みがありますが、エアメッシュのおかげでふんわり柔らか。アンクルパッドは後方が厚く、前方が薄くなるよう構造にメリハリを持たせています。

アウトソール

靴底は窪みを除く全面にX10ラバー素材を配置。窪みの最深部には「ミズノウエーブ」のプレート(赤)が見えますね。

重さ

公式値だと重さは280g(メンズ27.0cm)。メンズの25.5cmのスーパーワイド(SW)の重さは、実測値で264gでした。

サイズ感

男女別のサイズ展開は以下のとおりです。ウエーブライダーはMizunoのランニングシューズのフラグシップということもありバリエーションが豊富。幅広のワイドモデル(SW スーパーワイド)も選べます。

  • メンズ:24.5-29.0cm、30.0cm
  • メンズSW:24.5-29.0cm、30.0cm
  • レディース:22.5-26.0cm
  • レディースSW:22.5-25.5cm

今回は、メンズ25.5cmのスーパーワイド、カラーはホワイトxコーラルを選びました。

普段、ランニングシューズ選びでは標準モデルなら26.0cm、幅広モデルなら25.5cmがジャストフィットになることが多いですが、ウエーブライダー 27も25.5cmスーパーワイドはサイズ感にゆとりがあり、足指周りのスペースも十分に確保されています。

フィッティングが素晴らしい

パッと見では「26」→「27」は判別しづらいですが、足を入れた瞬間の感覚はまったくの別物でした。ヒールカップの構造が微妙に違うのと、アンクルパッドの側面部分に窪みがあり、装着時にシュータンがすっぽり収まるように工夫されています。

上の写真は左が新作の「27」、右が前作の「26」ですが、アンクルパッドの厚みの違いが見て分かると思います。このちょっとしたスペースのおかげでランニング時に窮屈さを感じず、フィッティングを改善しています。

ずっと走り続けたくなるライド感

足とシューズの一体感が高まったことにより、ウエーブライダー特有のライド感がより楽しめるように思います。試しに12km走ってみましたが物足りなく、そのまま後20kmくらい走りたい気持ちになりました。

柔軟性と反発性の絶妙なバランス

ジョグシューズは柔らかめのクッションが多い中でウエーブライダー 27は程よい反発力があり、そこそこスピードも出せます。気分や練習メニューによって、ちょっとペースアップしたい時にモタつきません。

雨ランでも安心

たまたま試走中に土砂降りとなりましたが、靴底のグリップ性能が素晴らしく、安定して走り続けられました。またエアメッシュのおかげで、アッパーがずぶ濡れで重くなることもありませんでした。

前作「ウエーブライダー26」との違い

ウエーブライダーは、Mizunoのランニングシューズのフラグシップ。独自構造の「ウエーブプレート」が生み出す走行安定性に定評があり、幅広い層のランナーに支持されています。参考までに、自分が所有する歴代ウエーブライダーを紹介します。前作「ウエーブライダー26」が発売されてから1年を待たず、後継モデルの「ウエーブライダー27」が2023年8月に発売されました。両者の基本スペックを比較します。

ウエーブライダー27ウエーブライダー26
発売2023年8月2022年10月
価格(税込)14,850円14,850円
重さ(27.0cm)280g285g
ミッドソールミズノエナジー、ミズノウエーブミズノエナジー、ミズノウエーブ
アッパーエアメッシュ、ガセットタングエアメッシュ、ガセットタング
アウトソールX10X10

物価上昇が世のトレンドの中、定価が据え置きなのは消費者からすると嬉ししいですね。新作では重さが5gの減量。ミッドソールの基本構造は変わらない一方で、アッパーのヒールカウンターの構造に改良が見られます。

以下の写真は左が新作の「27」、右が前作の「26」です。

歴代ウエーブライダー

自分はウエーブライダー 23から愛用しており、新作が出る度にウエーブライダーを購入しています。参考までにコレクションを紹介します。

↑ウエーブライダー23

↑ウエーブライダー24

↑ウエーブライダー25

↑ウエーブライダー26

↑ウエーブライダー27

歴代のモデルを比較すると「25」→「26」でミッドソールが大幅にアップデートされているのが分かります。

総合評価:非常に満足

Mizunoの「ウエーブライダー27」を購入して非常に満足しています。第一印象は「前作と変わってないじゃん…」でしたが、実際に履いてみて違いが分かりました。走行時の安定性能は申し分なく、アッパーのフィッティングが向上しています。しかもインフレが進む中、定価は14,850円をキープ。シューズのクオリティ、汎用性、コストパフォーマンスにおいて欠点のないシューズです。

【ウエーブライダー27】レビュー:履けば進化がわかる

この記事で紹介した「Mizuno ウエーブライダー27」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

公式オンラインストアで探す

Mizuno公式オンラインショップならシューズの返品送料が無料。商品到着から2週間以内までなら着払いで返送できるので、自宅で気軽に試着できます。

自宅で無料試着してみる

シューズやウェアのサイズ選びに不安があるなら、Amazonの無料試着サービス「Prime Try Before You Buy」で気になるサイズをまとめて注文。自宅で試着した後、不要なものは無料で返送・返品できます。

関連記事

さらに上位モデルをお探しなら「ウエーブリベリオンフラッシュ」や「ウエーブリベリオンプロ」シリーズが選択肢に入ります。他に最高のジョギングシューズをお探しなら、他にもAsicsの「ゲルカヤノ」シリーズや「ゲルニンバス」、Hokaの「クリフトン」シリーズをおすすめします。ただし定価は2万円前後ですので、そこでも「ウエーブライダー」のコスパの高さが際立ちます。

Mizunoのレーシングシューズ「ウエーブリベリオンフラッシュ2」はクッション性能が高く、推進力もあり、アッパーのフィット感も最高。レースやスピード練習でガシガシ使いたいランナーにおすすめの1足です。実際に履いた感じでは初代「フラッシュ」とは別物、「プロ2」より扱いやすい印象でし

Mizunoの初代「ウエーブリベリオンプロ」はカカトがごっそり削られたフォルムが奇抜すぎて購入を見送りましたが、2代目「ウエーブリベリオンプロ 2」は怖いもの見たさでポチりました。本当にこれで走れるの?と思いきや、意外と安定感が高く、最速級ランニングシューズとして何とか使えこなせ

今回紹介するのは「ゲルカヤノ30」というAsicsの人気ロングセラーのジョギングシューズです。足首を優しく包み込むアンクルパッド、抜群の安定感、柔らかいけど推進力を損なわない絶妙なクッション。前作「ゲルカヤノ29」も完成度が高いと思いましたが「ゲルカヤノ30」はその上を行き、ジョ

Asicsの「ゲルニンバス26」を発売日当日に購入しました。スペック的には「ゲルニンバス25」のマイナーアップデート版ですが、走行時の安定感が高まった印象を受けます。とにかくアッパーが快適。クッションは「お餅」のようにグイグイ踏み込む感じで、キャッチコピーの「ふわり、一歩を心地よ

クリフトンシリーズは「クリフトン 5」からの大ファンで5世代続けて購入していますが、新作の「クリフトン 9」は前作からの進化が微妙でした。アップデートされたのはアッパーと価格(大幅値上げ)ぐらい。シューズ単体の出来は悪くないんですが、長年のファンだからこそ厳しい目で見てしまいます

ミズノの2022年秋冬新作ランニングシューズ「ウエーブライダー26」の特徴と履き心地をレビューします。 「とも」が実際に履いてみた感想としては、前作に比べて中足部のサポートが増し、安定感は依然と高いままでグイグイ前進するライド感も感じられるようになりました。