レース攻略|上尾シティマラソン2018:ハーフ 1時間21分57秒

埼玉県

2018年11月18日に埼玉県上尾市で開催された「上尾シティマラソン」を走ってきた。種目はハーフマラソンの部。

購入ガイド

NIKE ZOOM FLY FLYKNIT」の最新価格を今すぐチェック!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。ペガサスやヴェイパーがお得に買えるクリアランスセールもこまめにチェックしよう。

クリアランスセールをチェック

目次と内容

大会の魅力

「上尾シティマラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年11月に埼玉県上尾市で開催
  • 種目は3km・5km・ハーフマラソン
  • ハーフマラソンは日本陸上競技連盟公認大会
  • 箱根駅伝常連校の選手が多く参加する
  • 上尾市内をめぐるコースはフラットで記録が更新しやすい

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

埼玉県上尾市で開催

上尾市は埼玉県の東部に位置し、東京駅からは電車で約40分でアクセスできる。

ハイレベルな選手が集結

ハーフマラソンの部には、箱根駅伝常連校の選手が多く参加するため、非常にレベルの高いレースとなる。65分以内に完走する選手が続出する地方大会として海外でも注目を集めている。

高速フラットコース

ハーフマラソンのコースはフラットで記録の更新がしやすい。僕もハーフマラソンの自己ベストを「上尾シティマラソン」で更新した。

遠征日程

今回は同じ埼玉県内の移動のため、レース当日に現地入りした。日程は以下のとおり。

  • 5:40 起床
  • 6:00 朝食
  • 7:30 自宅を出発
  • 8:00 上尾駅に到着
  • 8:20 上尾運動公園に到着
  • 8:40 スタートラインに整列
  • 9:00 スタート

朝食

最近の勝負メシは、納豆ご飯とモルテンのドリンクが定番。

納豆ご飯とモルテンのドリンク

スタートライン

「上尾シティマラソン」の会場は、上尾駅から徒歩約20分の上尾運動公園に設置される。

上尾駅から上尾運動公園へ

自宅最寄駅の北浦和駅を出発し、大宮駅で高崎線に乗り換えて上尾駅へ。ホームはランナーばかり。

上尾駅から上尾運動公園までが歩いて20分ほど。駅東口から旧中山道を歩いていく。ここもコースの一部。

参加キットは事前送付

ナンバーカードや計測チップ、Tシャツ、パンフレット類は自宅に郵送されるので、当日の受付はない。

コインロッカーは有料

貴重品の預け入れは、有料のコインロッカーを使う。スタート30分前でも空きがあったが、1回につき400円は高すぎ…。

クレジットカード、現金、時計はウエストポーチに入れて、残りの荷物は陸上競技場の観客席に置いていった。

スタートラインに整列

上尾運動公園のジョギングコースを軽く走ってウォームアップ。

スタート前に陸上競技場内に入り、スタートラインに整列する。

コース攻略

ハーフマラソンの部のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールは上尾運動公園
  • 高低差がほとんどない高速フラットコース

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

スタート〜10km

スタート直後は上尾運動公園を出るまで渋滞する。旧中山道に出ると上尾駅前を通過して、しばらく直進を続ける。

3kmあたりで左折し、高崎線のガード下をくぐる。ここが唯一のアップダウン。

3km地点 高崎線のガード下

市街地はフラットで走りやすい。

上尾市内の市街地

7kmあたり。

7km地点付近

8kあたりで先頭集団とすれ違った。

折り返し地点を通過すると、まもなく10km地点。

折り返し地点

こちらは給水ポイント。

給水ポイント

ここまでは順調で、10km地点を38分48秒で通過している。まだまだ余力はある。

10km〜ゴール

12kmあたり。市街地から離れてきた。

12km地点付近

途中、緑のトンネルを通過。

緑のトンネル

トンネルを抜けると、沿道にいた男の子が「あと6km」と声をかけてくれた。

市街地に戻る

ラスト5kmは、ちょっとでも油断するとペースダウンしてしまう。なので、なるべく自分の前を走っている集団を追いかけるようにした。

どんなに苦しくても、走り続けていると楽に感じられる瞬間がもの。そのタイミングを狙ってペースアップして、前の集団に追いつく。そんなことを繰り返していた。

上尾駅前を通り過ぎれば、ゴールはもうすぐ。

上尾駅前

最後は上尾運動公園の陸上競技場に戻り、フィニッシュ。トラックで走ったラスト300mが意外とキツかった。

上尾運動公園陸上競技場

ゴールの後で

「上尾シティマラソン」の完走タイムは、ネットで1時間21分57秒、グロスで1時間22分22秒。終始調子が良く、自己ベストを2分4秒も更新することが出来た。

陸上競技場

陸上競技場で記念に一枚撮っていただいた。

上尾運動公園陸上競技場

本日の戦利品

スポーツドリンクは、ホエイプロテインが入った大塚製薬の「ボディーメンテ」。

完走証は陸上競技場の外で受け取る。

記録証

ご当地グルメ

完走者には「あったか汁」がふるまわれます。野菜がたっぷり入った豚汁は、疲れた身にしみる。

「あったか汁」

リンゴとキュウイフルーツのサービスもあった。

リンゴとキュウイフルーツ とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

NIKE ZOOM FLY FLYKNIT」の最新価格を今すぐチェック!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。ペガサスやヴェイパーがお得に買えるクリアランスセールもこまめにチェックしよう。

クリアランスセールをチェック

関連記事

2018年10月に発売されたZOOM FLY FLYKNIT(ズーム フライ フライニット)は、ナイキの最速級マラソンシューズ。ナイキの最先端技術を搭載しつつ「VAPORFLY 4% FLYKNIT」より入手しやすい。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

ナイキ ズームフライ フライニット」の最新価格を今すぐチェック!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。ペガサスやヴェイパーがお得に買えるクリアランスセールもこまめにチェックしよう。

クリアランスセールをチェック

「モルテンドリンク(Maurten Drink)」はフルマラソンの世界記録保持者エリウド・キプチョゲが愛用しているスポーツドリンク。ハイドロゲル(hydrogel)というゲル化技術により、炭水化物を通常のスポーツドリンクの約3倍の高濃度で摂取することができる。日本でも市販されており、マラソンやサッカーなど持久系スポーツで威力を発揮する。実勢価格は1袋1000円と高価だが、僕はフルマラソンのレース前には欠かさずに飲んでいる。

モルテンドリンク Drink Mix 320」の最新価格を今すぐチェック!

#埼玉県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。