旅ランニング|淡路島1周150km:アワイチを逆走!

兵庫県

2022年8月、兵庫県・淡路島を走って1周してきた。荷物をリュックに背負い、5日間かけて島の外周150kmを完走。道中のハイライトやハプニングなどを交えて、旅ランの様子を紹介する。

目次と内容

アワイチを逆走!

淡路島の外周を1周することを「アワイチ」と呼ぶ。詳しくは兵庫県の公式サイトが参考になる。

走行距離は約150km。もともとサイクリング用に整備されたコースで、北は明石海峡、東は洲本、南は風光明媚な海岸線、西は鳴門海峡など、淡路島の主要観光スポットを巡る。

以前、サイクリストの聖地として知られる「瀬戸内しまなみ海道」を走ったことがあり、同じように「アワイチ」を走って旅してみたいと思った。

ちなみに「アワイチ」は時計まわりするのが正統派らしい。そんなことも知らずに、僕は5日間かけて「アワイチ」を逆走することになる。

4泊5日の走行プラン

2022年の夏休みは、家族で淡路島を観光する計画を立てていた。

東京からフェリーで自動車と共に徳島に渡り、大鳴門橋を渡って淡路島へ。その後、明石海峡大橋を渡って近畿地方をのんびりドライブして、東名高速経由で地元埼玉へ戻る。そんなプランを考えていた。

予想外だったのは、希望した日程ではフェリーの空席がなかったこと。ただし、その5日前であれば空きがある。

「それなら自分だけ先に現地入りしてアワイチを走るか」

幸いなことに妻からOKが出た。そして夏休みも長めに取ることができた。

アワイチの条件

旅ランの日程を組む上で、いくつか動かせない条件があった。

  • 期間は8月7日〜11日の5日間
  • 初日はフェリーが13時半に徳島港に到着するため、走り始められるのは15時以降
  • 最終日は12時までに完走し、14時に徳島空港で家族をピックアップ

加えて、以下の点を考慮する必要がある。

  • 4カ所の中継地点で宿が予約できること
  • 熱中症予防のため、1日に走る最大距離は35km
  • コースの難所(島の南側)は初日と最終日に当てる

アワイチ逆走プラン

Googleマップと宿泊予約サイトを使いながら何度もシミュレーションした結果、次のプランに固まった。

ルート距離宿泊先
1日目灘〜洲本30km淡路プリンスホテル
2日目洲本〜明石海峡35kmグランドニッコー淡路
3日目明石海峡〜五色町都志34kmtourist trophy house
4日目五色町都志〜福良31km休暇村南淡路
5日目福良〜灘18km

計画を立て始めたのが遅かったため、お盆休みに空きのある宿を探すのに苦労した。「グランドニッコー淡路」と「休暇村南淡路」は予算を大幅に越えていたが、他に選択肢がないので泣く泣く予約を入れた。

1日目:灘〜洲本

8月6日の夕方に東京・有明を出発。翌8月7日の昼過ぎに徳島港に入港した。その後、大鳴門橋を渡って淡路島に入り、島南部の「灘ターミナルセンター」を目指した。

灘ターミナルセンターには、市営の駐車場がある。日中は隣の建物に管理人がいて、監視カメラも付いているので長期間駐車しても安心だ。料金は1日500円と良心的。

今回はこの場所を拠点に淡路島を1周する。初日は灘から島の南東部をまわり洲本まで走る。

海と崖

持ち物を点検し、リュックを背負って灘ターミナルセンターを出発。時計は15時を過ぎたばかり。

淡路島の南海岸の道路は「南淡路水仙ライン」と呼ばれる。東に向かって走ると右手には海、左には崖しか見えない。しばらく単調な景色が続く。

走り始めて7kmあたりで、南あわじ市から洲本市に入る。

天気は曇り気味だが、時折強烈な日差しが照りつける。気温は32℃。日本一暑いと言われる埼玉県の気候に慣れているため許容範囲ではある。

しかし無理は禁物。今回の旅では熱中症予防のため、5km毎に小休憩、10km毎に30分休憩を強制的に取ることにした。「まだ大丈夫」という油断や過信が一番危険だからだ。

野ザルを見物しながら休憩

走り始めて9kmあたりで「淡路島モンキーセンター」の看板を目にした。30分休憩に良いタイミングだったので、立ち寄ることにした。

入園料1,000円には驚いたが「一生に一度の体験」だと自分に言い聞かせると財布の紐が緩む。

実際に1,000円の価値があるとは思えないが、100匹以上の野ザルが一堂に集まっている様子は圧巻だった。よほど人間慣れてしているのだろう。近づいても全く警戒心を見せない。

それから近くのベンチに座り、小猿がケンカする様子に目をやったり、遠くの海を見たりしながらボーッとしていた。

ドリンクが底をつく!?

ランニングを再開する前にシャツを着替えた。リュックサックには替えのTシャツの予備が1枚ある。1枚は着替えるため、もう1枚は宿泊先の宿で着用するため。

1時間走っただけなのに、脱いだシャツを絞ると汗がジュワッと滲み出てきた。この調子だと、水分・塩分補給をハイペースでやらないと脱水症状になってしまう。

モンキーセンターを後にして間もなく、上り坂に差し掛かる。後で調べてみたら、2kmの区間で150m分の高度を獲得していた。それでも歩かずに上り切れたのは、日頃の練習の賜物だろうか。

途中「ナゾのパラダイス」という謎な建造物があった。

それよりも、給水ボトルのドリンクが底をつかないか心配だった。モンキーパークを発って以来、コンビニはおろか自販機すら見かけない。

この「ナゾのパラダイス」の近くに1台見かけたが、小銭を入れても無反応だった。それも謎だった。

要塞跡地で二度目の休憩

その辺の沢で水を汲んでこようかと真剣に考え始めた矢先、峠を越えて下り坂になった。重力に身を委ねて滑り落ちるように下ってゆく。

あっという間に淡路島の東側に到達した。そこには「生石公園」がある。生石は「おいし」と読む。

ここは戦時中、淡路島と和歌山の間の紀淡海峡を守る由良要塞が置かれていた場所。確かに、ここの守りが弱いと太平洋から大阪・神戸方面に進入できてしまう。丘の上に砲台があったらしい。

アワイチのルートから少し脱線してしまうが、要塞跡地に寄り道することにした。灘を発ってから20km。二度目の30分休憩にちょうど良いタイミングだ。

近くの自販機でコーラ缶を買い、乾いた喉を潤した。紀淡海峡を行き来する船を眺めながら、のんびり過ごした。

残り10km

すでに時計は18時を過ぎているが、まだ10kmも残っている。宿泊先のホテルにチェックインが遅れる旨を伝えてから、再び走り始めた。

18時台でも気温は30℃。蒸し暑い。先ほどの自販機で補充したアクエリアスをがぶ飲みしながら海岸線を北へ進んでゆく。

この辺りは「由良」と呼ばれるエリア。漁港や居住地、ガソリンスタンドなどを目にしたが、暑さのせいで頭が働かず、記憶があまりない。でも砂浜を走ったことだけは覚えている。

洲本の中心部が見えた頃には、19時を過ぎていた。

そして無事に目的地の巣本に到着。今日のランはここまで。ガーミンの計測では30kmだった。

プリンスホテル

今宵の宿は、アワイチ沿いにある「淡路プリンスホテル」。名前からして西武グループのホテルかと思い込んでいたら、まったく関係のない小さなビジネスホテルだった。

勝手に期待していた自分が悪いのだが、ガッカリという気持ちが大きい。しかしこのホテルにも良い所はある。目の前がイオン系列のスーパー。

こちらのスーパー「マルナカ」で割引シールの貼られた惣菜とドリンク類を購入し、ホテルの部屋で遅めの夕食をとった。

2日目:洲本〜明石海峡

昨晩はぐっすり眠れた。6時過ぎに目覚めると、昨日の30km走の疲れはまったく感じない。これまでの経験上、30kmぐらいまでなら一晩しっかり休めば疲れは取れる。

2日目は、洲本から淡路島の東海岸を北上して明石海峡を目指す。走行距離は終着点にもよるが、30〜35kmを想定。

冒険の始まり

昨日の夏バテの教訓を生かし、今日は比較的涼しい早朝から一気に距離を稼ぐことにした。というわけで8時にホテルを出発。

ホテルから歩いて5分のところに「ドラゴンクエスト記念碑」がある。僕はドラクエファンではないため何の思い入れも感じなかったが、冒険のスタート地点には相応しい。

洲本の中心部を後にして、東海岸の県道28号を北上する。この辺りは海側は断崖絶壁で内陸側は崖。道路が狭い場所が多く、車に注意して走る必要がある。

走り始めて5km、早くもローソンで小休憩。尋常じゃないくらい暑いので、アイスを買って「ニューすずしん帽」に入れた。これで後頭部を冷やす作戦。

マクドナルド最強説

しばらく走り続けると、洲本市から淡路市に入った。

途中で「AWAJI」の文字が並んだインスタ映えスポットを見つけたのでシャッターを切る。

本日最初の30分休憩は、イオン淡路店を選んだ。まずはフードコートのマクドナルドに入り、シェイクとコーラを注文した。

暑い日のランニングにこの組み合わせは最強。シェイクは深部体温を下げ、コーラは喉の渇きを潤してくれる。2021年に日光街道を走った時も暑かったが、道中のマクドナルドをハシゴしながら走り切ったことを思い出した。

次にスーパーでドリンクを購入し、給水ボトルを補充した。そして、氷を少し分けてもらい「ニューすずしん帽」の氷嚢も補充。

イオンを出てからがキツかった。気温は32℃だが、体感温度は37℃くらいだろうか。道中には木陰がなく、真上から照りつける日差しにジリジリと焼かれる。

この辺りの記憶はあまりないが、淡路島の名産・タマネギの販売所があったことだけは鮮明に覚えている。

ランチ難民

二度目の30分休憩は、お目当ての飲食店があった。仮屋漁港の近くにあるお店に到着すると「本日は予約のお客様で終日満席です」と悲しいお知らせが……。

「大丈夫、この近くにもう一店あるから」と、小走りして様子を見に行くと、そちらは臨時休業中だった。どちらもGoogleには載っていない情報だ。

「ヤバい!どうしよう!」と追い詰められた時、救世主が現れた。2つの飲食店のちょうど真ん中に、ヤマザキパンの自販機を発見。

暑いので甘い菓子パンを食べる気分ではなかったが、何かしらの炭水化物を摂らないと思い、バナナマフィンパンを購入。

そして仮屋漁港の一角に良さげな休憩所を発見。ここなら大きなベンチがあり、日陰で寝転べる。しかも海風が通り抜けるので涼しい。

結果的に、こちらの方がのんびりくつろげて良かったのかもしれない。

ローソンに緊急避難

体力が充電できたところで再び走り始めるが、強烈な暑さに一瞬でバテてしまった。

とりあえずローソンに緊急避難して「ガリガリ君」と氷を購入。今回の旅で改めて「ガリガリ君」の偉大さが理解できた。

氷は飲食用のものを購入。これをジップロックに入れ替えて「ニューすずしん帽」の保冷剤として使う。そして溶けた後は水分補給用のドリンクとして再利用できて一石二鳥。

その後、こまめに小休憩を入れながら北上を続ける。間もなく「東浦ターミナルパーク」の看板が見えた。ここにも市営の駐車場があり、アワイチの拠点としてサイクリストに人気らしい。

ランナーの特権

走り始めて30km、国営明石海峡公園に到着。隣に見える建物は「グランドニッコー淡路」。今宵の宿だ。

当初はここで走り終える予定だったが、暑さに慣れてきたのか、あるいは「ニューすずしん帽」の効果なのか、まだ走り続ける余裕があった。

というわけで国営明石海峡公園の入園券を購入し、園内をジョギングしながら突っ切ることにした。ちなみに自転車はNG。園内を走れるのはランナーだけの特権。

国営明石海峡公園といえば、夏はひまわり畑が有名。期待に胸を膨らませて行くと、ひまわりは萎れていた。スタッフの方の話だと、例年に比べて見頃が早かったらしい。

国営明石海峡公園の北側に抜けて、さらに北上を続ける。

明石海峡大橋

明石海峡大橋の近くに「松帆の里」という日帰り入浴施設があるので、そこを目指すことにした。走り続けていると、明石海峡大橋が姿を現し、少しずつ大きくなってきた。

岩屋海水浴場まで来ると、明石海峡大橋と対岸の神戸市の街並みが見渡せるようになった。

さらに橋に近づいてゆく。

橋の真下には「道の駅 あわじ」がある。ここから見る明石海峡大橋は圧巻だった。

明石海峡大橋を望む露天風呂

道の駅から500mほど先に「松帆の里」の入口がある。今日のランはここまで。ガーミンの計測では35kmだった。予定よりも5km多めに走ったことになる。おかげで明日は38kmの予定が33kmに短縮された。

入浴施設までは坂道を500mほど上った。35km走った後の脚には結構キツい。

でも露天風呂に浸かりながら明石海峡大橋が一望できたので結果オーライ。

問題は、ここから5km離れた「グランドニッコー淡路」までどう移動するか。ホテルから無料シャトルバスが運行しているが、本数が少ない上に復路だけ利用することはできない。結局、消去法でタクシーを使った。

ホテルからは、安藤忠雄氏の建築が見物できる。左側のひな壇のようなコンクリート建築は、関西国際空港ための土砂採掘地に建てられた「百段苑」。

3日目:明石海峡〜都志

3日目は、明石海峡から西海岸を南下し、五色町の都志(つし)という町を目指す。

6時半に目覚めて、7時から朝食。8時にタクシーに乗り、昨日の終着点に向かった。

まずは明石海峡大橋を目に焼き付けてきた。

1kmも走らないうちに西海岸に出た。県道31号、通称「淡路サンセットライン」を走る。

対岸には、明石市の街並みがくっきりと見える。

目論見どおり

午前中は東側から日が差すため、内陸側の木々や建物の日陰を走ることができる。実はこれもコース設計で工夫したポイントだ。

これまでの経験上、旅ランは3日目が最も苦しく感じる。特に猛暑日が多い8月は、日の当たり方次第で天国にも地獄にもなる。

巨大なトマトが出現

4kmほど走ると、左手の丘の上に真っ赤なトマトが出現した。淡路島の名物のタマネギならまだ分かるが、なぜここにトマト?

調べてみると、トマトではなくリンゴだった。こちらの施設は、キティちゃんをテーマにした「HELLO KITTY APPLE HOUSE」。パソナグループが淡路島に本社を移転したことが話題になっていたが、こちらの施設も事業の一環らしい。

その先には「HELLO KITTY SMILE」という別の施設もあった。こんな人里離れた場所に施設を作って需要があるのだろうか?

たまたま翌日、淡路島の南部を走っていると、すれ違った女性ライダーから「キティちゃんハウスはどこですか?」と聞かれたので、集客効果はあるのかもしれない。

北淡

この辺りは淡路島の北部に位置し、北淡(ほくだん)と呼ばれる。

最初の休憩ポイント「北淡震災記念公園」まであと2km。

途中で「北淡県民サンビーチ」を通過。海水浴を楽しむ方たちが散見される。

走り始めて10km、北淡震災記念公園に到着。ここには阪神・淡路大震災の際に出現した「野島断層」が当時のまま保存されている。国の天然記念物でもある。

見学の後は、隣の売店で休憩。この辺りの名産、ビワを使ったアイスクリームでカラダを冷やし、コーラで喉の渇きを潤した。アイスとコーラの組み合わせは最強コンビ。

目論見が外れる

午前中は日陰を走ることができたが、正午に近づくにつれて、前方頭上から日差しがジリジリと照りつける。南に向かっているのそりゃそうだ。午前中は涼しい反面、午後は焼けるように暑い。これは誤算だった。

走り始めて16km、とりあえずローソンに緊急避難。

東海岸のローソンにはイートインコーナーがあったが、こちらの店舗にはない。しかたなく外の木陰でアイスを食べた。クーラーの効いた店内なら回復が早いのに…。

選んだ「富良野メロンアイス」も失敗だった。こってりクリーミーな食感は逆に喉が渇いてしまう。結局「ガリガリ君」をもう一本買って口直しした。夏はやっぱりガリガリ君が王道。

ちなみにローソンの先にあるファミマにはイートインコーナーがあった。ちゃんと調べるべきだった。今日はいろんなことが思い通りに行かない。

幸せになり損ねた…

二度目の30分休憩は「幸せのパンケーキ 淡路島リゾート」に寄る予定だったが、到着してびっくり。ものすごい行列で、待ち時間は50分以上もかかるという。

テレビの旅番組でもよく目にするし、インスタ映えスポットもあるので人気があるのだろう。

さすがに炎天下で1時間行列するのは無理ゲーなので、再び走り始めた。

しかし厳しい暑さで一瞬でバテてしまう。この3日間で最も過酷な暑さだ。早く休憩しないとマズい。

しばらく走り続けると、飲食店が集まるエリア「フロッグスファーム」が見えてきた。砂漠でオアシスを見つけた時のような気持ちだった。早速「淡路島 回転すし 悦三郎」に入るが、待ち時間が50分ほどかかるという。

その隣の「中華そば いのうえ」は待ち時間ゼロだったので、ラーメン店に入った。

とはいえ、ラーメンを食べる気分ではない。消去法で温玉チャーシュー丼をいただいた。なかなか思い通りには行かないが、30分ほどクーラーの効いた部屋で涼み、氷水をがぶ飲みしたら元気になった。

芝生で昼寝

走り始めて23km、ローソンでガリガリ君と氷をゲット。こちらも店内にイートインコーナーがなかったので、近くの信用金庫の建物日陰に腰掛けて休憩した。

その後、多賀の浜海水浴場でも休憩した。

砂浜の近くに芝生のレストエリアがあり、ちょうど木陰の空きスペースを見つけたので横になってしばらく昼寝をした。

今日みたいに強烈な暑さを感じる日は本来走るべきでない。それでも走るならこまめに休憩しないと危険。

昨日の自分に感謝

ラスト7kmは非常に長く感じた。というのも、基本的に海と道路しかない一本道だからだ。あとで写真を見返すと景色の美しさに感動するが、実際に走っているとそんな余裕はない。

ジリジリと照りつける太陽を遮るものが何もなく、干物になってしまいそうだった。しかもアップダウンもある。

途中、自販機を見つけたのでコーラを購入。でも日陰がない。少し歩くと、排水溝の近くに木陰を発見。通行人が見たら怪しまれそうだが、ここに腰掛けてしばらく休憩。

洲本市に入ると、進行方向に五色町都志の港が見えてきた。

今日のランはここまで。ガーミンの計測では34kmだった。昨日は予定よりも5km多めに走っておいて良かった。そうでなければ今日は38kmも走らないといけなかった…。いや、この状況であと5kmは無理でしょ。

ユースホステル

今宵の宿は「tourist trophy house」。

個人経営の民宿、と言うよりもユースホステルに近い。個室は1泊3,400円。トイレとシャワーは共同。鍵はなく、部屋の内側からロックするだけ。まあ寝るだけの場所としては悪くない。

1kmほど離れた場所に「ウェルネスパーク五色」の入浴施設があり、宿のご主人が車で送ってくれた。こちらは水風呂もあり、温冷交代浴で疲弊したカラダを癒した。

帰りは徒歩で戻り、地元のスーパー「マイマート」で夕食と翌日の朝食を調達。

4日目:都志〜福良

いよいよ4日目に突入。さすがに30〜35kmを3日連続で走ると疲労が溜まり、ひと晩寝ただけでは疲れが抜けない。特に、ふくらはぎがパンパンだ。

4日目は五色町都志から鳴門海峡方面の南西部をまわり福良(ふくら)を目指す。

8時前に宿を出て、都志海水浴場へ寄り道。

7時台なのに蒸し暑い。普段30〜35kmぐらいの距離なら気合いで走れるが、暑さはどうにもならない。熱中症になったら即アウトなので、とにかく小まめに休憩を取り、無理しないことだ。

県道31号、通称「淡路サンセットライン」を走る。海岸線に出ると、半島のように突き出た南あわじ市津井方面が見渡せた。

目をこらすと「南あわじウィンドファーム」の風力発電所も見える。

日本の水浴場55選

走り始めて10km、慶野松原(けいのまつばら)に到着。その名のとおり、広大な松原が広がっていた。

しばらく松原の中を走る。木陰になっていて涼しい。

根元が土の上に押し上げられた「根上がり松」も見つけられた。

松原の近くには、日本の渚百選と日本の水浴場55選に選ばれた「慶野松原海水浴場」がある。なぜ「55選」という中途半端な数字なのか?気になって調べてみたが分からなかった。

もうひとつの謎は「いぶし瓦」。「淡路瓦」と呼ばれ、日本三大瓦のひとつに数えられる。淡路島の南西部を走っていると、看板をよく目にする。

ショッピングモール・シーパ

走り始めて11km、ショッピングセンター「シーパ」に到着。

ここから先20kmは福良までスーパー・コンビニがないため、氷とドリンクを補充した。

昨日までは「ニューすずしん帽」に氷を詰めて後頭部を冷やしていたが、都志滞在中にどこかで紛失してしまった。その代わりに今日は氷をリュックの背面ポケットに入れて走ることにした。

津井に向かってしばらく海沿いの道を進んでゆく。

こちらはおしゃれな宿泊施設「SolaVilla」。

釜揚げしらすの水産工場もあった。

走り始めた時は、爪楊枝のように小さかった「南あわじウィンドファーム」の風力発電所も間近で見るとその大きさに圧倒される。

走り始めて17km、川辺の木陰で小休憩。

再び西海岸へ。瀬戸内海の向こうには徳島の山々が見渡せる。

救世主

ショッピングセンター・シーパで補給した氷が完全に溶け、給水ボトルのドリンクも残りわずか。そろそろ自販機で補充せねば、と思っていた矢先に両手を振る男性を発見。

近づいてお話を伺うと、ツイッターでつながっている地元にお住まいのT氏だった。ここ数日間、貴重な情報を提供いただいた上に、今日はわざわざ差し入れに来てくださったとのこと。

お言葉に甘えて、水と氷とエナジーゼリーをいただいた。この辺りにはスーパーやコンビニがないので本当に助かった。

休憩を兼ねて、しばらくT氏と雑談。「淡路島にはなぜ鉄道がないのか?」「なぜ瓦工場が多いのか?」「タマネギ以外の名産品は?」など、道中で疑問に思ったことをいろいろ聞いてみた。

T氏と別れ、鳴門海峡沿いの海岸線を走り始める。しばらくすると大鳴門橋が姿を現した。

大鳴門橋に近づくにつれて、起伏が激しくなる。

あわじ島オニオンビーフバーガー

途中、T氏に教えていただいた「うずの丘」に寄り道した。往復で1kmほど多く走ることになるが、旅の楽しさは寄り道にある。

観光客向けの施設で、巨大タマネギの「おっ玉葱」やタマネギのクレーンゲームなどがある。

ここで食べた「あわじ島オニオンビーフバーガー」は絶品だった。

ここから福良までは下り坂基調で走りやすかった。そして福良の手前にある「休暇村 南淡路」にたどり着いた。今日のランはここまで。ガーミンの計測では31kmだった。

正確には「休暇村 南淡路」の入口で走り終えた。ここから施設の建物までは1.5kmの坂を上って行く。これが結構キツかった!

5日目:福良〜灘

いよいよ最終日!5日目は、福良から淡路島の南端を走り、終着点の灘を目指す。

疲労感がハンパない

これまで4日連続で30〜35km走っており、さすがにひと晩寝ただけでは疲労は抜けず。ただし福良〜灘は20kmにも満たないので気合いで乗り切れるだろう。

こちらは「休暇村 南淡路」から見た福良の景色。

宿を出発して間もなく「アワイチ」の標識を発見。このような標識は今回の旅で初めて見た。本当は他にもたくさんあるのだろうが、暑さで頭が働かずに見落としたのかもしれない。

早朝にも関わらず、福良港は活気に溢れていた。港に面した道路は「ちりめんロード」と呼ばれるらしい。

走り始めて3km、道の駅 福良で休憩。施設の一角に無料の足湯があるのだが、まだ開いていなかった。

代わりに近くのローソンでガリガリ君を購入し、早くもアイス休憩。ここから先、灘までコンビニはない(小さなミニスーパーのみ)。

しばらくすると上り坂が始まり、最初の峠越えが始まる。あとで調べたら、獲得高度は80mほど。疲れたカラダに鞭を打って進んでゆく。

峠の先の絶景

峠を越えると、驚くような絶景が広がっていた。Googleマップで見た時も気になっていたのだが、ここには一直線の道路が伸びる。

県道25号を東へ進み、集落を抜けてゆく。

途中、通りかかった納屋にタマネギが吊るしてあったので思わずシャッターを切った。普段タマネギなんて興味すらないのに、淡路島でタマネギを見かけるとカラダが反応してしまうのは面白い。

怪しげなドラえもん

走り始めて10km、ちょっと怪しげなドラえもんに遭遇。走りすぎて痩せてしまったのか?いや、通行車に注意を促すための看板だ。この辺りには他にも似たような看板を多く目にする。

再び峠越えが始まる。先ほどよりも緩やかな上り坂だが、獲得高度は80mに達する。

途中、何度か溜池を見かけた。淡路島では水不足に陥らないために、昔からこうした溜池が活用されてきたらしい。まさに先人たちの知恵。

世界一のコーラ

峠を越えたあたりは「地野」と呼ばれる。ここでコカ・コーラの自販機を見つけたので350ml缶を購入。「地野集落センター」と書かれた建物は休憩所になっていたので、しばらく休ませてもらった。

あとでツイッターで繋がっている方に教えてもらったのだが、ここはサイクリストの間で「世界一のコーラ」として知られているらしい。峠を越えて飲むコーラが美味しく感じるからだろうか。

個人的には、初日に「生石公園」で飲んだコーラが今回の旅で一番美味しく感じた。

無事に完走

しばらく坂を下っていくと海が見えてきた。灘までのラスト3kmは、海岸の断崖絶壁スレスレを走る。絶景についつい見惚れて、何度もシャッターを切った。

そして無事に灘ターミナルセンターまで戻ってきた!5日前に走り始めた場所だ。

今日の走行距離は18km。これにて淡路島1周ランは終了。5日間で合計148km走った計算になる。

車も無事だった

完走して真っ先に駐車場へ向かった。5日間駐車していた車は無事だった。エンジンもかかってホッとした。これで徳島空港まで家族を迎えに行ける。

その前に汗を流さないといけない。福良に向かう途中に「南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる」という入浴施設があり、そこに立ち寄ることにした。

ここのジェットバスが素晴らしかった。座って入るタイプで、足裏とふくらはぎがいい感じにマッサージできる。ジェットバスと水風呂に交互に入り、下半身の疲れをとった。

そして予定どおり徳島空港で家族と合流することができた。

リュックの持ち物

今回の旅では、こんな格好で走った。

半袖シャツは、高温多湿な環境下でも快適なアシックスの「アクティブリーズ」を着用。ランニングキャップは全面メッシュタイプのザノースフェイスの「ランオールメッシュキャップ」。

シューズはクッション性能が向上したナイキの「ズームフライ5」。

持ち物は全てサロモンの5Lリュック「SENSE PRO 5」に詰め込んだ。

食べ物・飲み物は現地で調達。毎晩、現地の宿に泊まって服は洗濯して着回す。

真夏の熱中症対策

今回は8月の猛暑日に走ることになったため、熱中症予防を徹底した。

5km毎に休憩

まずは小まめに休むこと。5km毎に小休憩し、10km毎に30分休憩を強制的に取るようにした。ポイントは、調子が良くても強制的に休むこと。油断や慢心が一番危険なので。

ドリンクは経口補水

市販のスポーツドリンクよりも電解質濃度が高い「経口補水パウダー ダブルエイド」を使用。給水ボトルと水があれば、どこでも作れて便利。今回は5日分15本を家から持ってきた。

後頭部を冷やす

上の写真で写し忘れたが、工事現場で使われる「ニューすずしん帽クール」に氷を詰め、後頭部を冷却しながら走った。

まとめ

以上、兵庫県・淡路島を走って1周する様子を紹介した。

今回の主目的はサイクリストの間で人気の「アワイチ」を走って旅することだが、もうひとつの目的は8月末の「北海道マラソン2022」に向けたひとり合宿でもあった。

最高気温が30℃を超える北海道マラソンでは、嫌でも暑さを向き合わざるを得ない。今回は30℃以上の高温多湿な環境下で、休みながらではあるが30km走を4日間連続で完走できたことは大きな自信につながった。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

2022年7月に発売されたナイキの「ズームフライ5」を実際に履いてみたので紹介する。前作「ズームフライ4」からメジャーアップデートされ、全く別のシューズと言って良い。履き心地は好き嫌いが分かれそうだ。

ナイキ ズームフライ5」の最新価格を今すぐチェック!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。ペガサスやヴェイパーがお得に買えるクリアランスセールもこまめにチェックしよう。

クリアランスセールをチェック

2021年2月に発売されたSENSE PRO 5(センスプロ5)は、サロモンの高機能バックパックの最新モデル。容量は5Lと10Lの2種類、サイズは男女それぞれ5段階から選べる。実際にSENSE PRO 5を2泊3日の旅ランで使ってみたので、収納の使い勝手や気づいた点などを紹介する。

サロモン センスプロ 5」の最新価格を今すぐチェック!

僕は2012年から「旅ラン」にハマっている。人生初の旅ランではバックパックを背負い、7日間かけて東京〜浜松250kmの道のりを走った。旅ランの荷物は少なければ少ないほど良いのは言うまでもない。荷物は必要最低限の物に絞り、それ以外は現地調達で済ませる。ウェアは宿泊先で洗濯して翌日また同じ物を着るのが原則。

「しまなみ海道」は愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ道。全長約80kmの自転車歩行者道は、瀬戸内海の6つの島と7つの橋をめぐりながら徒歩・自転車で通行できる。バックパック今治〜尾道を走ってきたので、2泊3日の旅ランの様子を紹介する。

#兵庫県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。