レース攻略|ミューズの森チャレンジロードレース2018:10km 42分40秒

埼玉県

毎年6月に埼玉県秩父市で開催される「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」を走ってきた。種目は10km。

購入ガイド

ナイキ ペガサス 35」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

大会の魅力

「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年6月に埼玉県秩父市で開催
  • 種目は10km・親子ランなど
  • コースは秩父ミューズパークの敷地内

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

埼玉県秩父市で開催

秩父市は埼玉県の西部に位置する首都圏有数のリゾート地。丘陵地帯が多いエリアで「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」が開催される秩父ミューズパークは、丘の上にある。

高低差140mの激坂

10kmの部は、丘の上からスタートして麓まで下り、再び丘の上まで上ってくるコース。高低差140mの激坂のダメージは半端ない。

変化に富んだコース

10kmの部は、トレイルや芝生、ロードやタイルなど、地面のバリエーションが豊富。さらに激坂もあるので、走っていて飽きない。というか飽きる暇がない。

遠征日程

今回は同じ埼玉県内の移動ではあるが、会場近くの宿泊施設で前泊した。

2018年6月9日(土)レース前日

コテージライフが楽しめる「PICA秩父」に宿泊。会場からは歩いて徒歩3分。夕食はコテージのテラスでバーベキューを楽しみ、敷地内の大浴場でのんびり過ごした。

2018年6月10日(日)レース当日

会場がすぐ隣なので、早起きしないで済む。10kmの部は10時スタートなので、8時半までコテージで過ごした。

スタートライン

「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」の受付会場は、秩父ミューズパーク内のスポーツの森に設置される。

こちらが「スポーツの森」。大型駐車場、テニスコート、流れるプールなどがある。

事前に郵送されたハガキを見せて、ナンバーカードとランナーズチップを受け取る。

ランナーズチップは「RSタグ」。今回はナイキの「ペガサス35」を履いてレースに挑む。

ナンバーカードを受け取った後は、参加記念Tシャツを受け取る。その際にハガキを回収するので、先にナンバーカードを受け取る必要がある。

荷物や貴重品は、館内のコインロッカーに預けられる。

ゲストランナーは川内優輝さん!

9時からの開会式が始まる。ゲストランナーは、先日の「ボストンマラソン2018」で金メダルに輝いた川内優輝さん。

川内さんも数年前に10kmの部に参加しおり、高低差140mの激坂が「かなり辛かった」とコメント。

スタート会場には、川内さんがこれまでに獲得した金・銀・銅メダルが展示してあった。触るのはNGだが、写真撮影はOKとのこと。左から「ボストンマラソン2018」の金、「世界陸上大邱2011」の銀(団体)、「仁川アジア競技大会2014」の銅。

やはり、ボストンの金メダルは別格だ。

スタート15分前にスタートブロックに入る。スタート直前に川内優輝さんから激励の言葉をいただいた。

コース攻略

10kmの部のコースの特徴は以下のとおり。

  • スタート・ゴールはスポーツの森
  • 2〜3kmが下り坂、4〜5kmが上り坂、いずれも高低差約140mの激坂
  • ラスト3kmは「スカイロード」を走る

以下のコースマップは大会パンフレットに掲載されていたもの。

激坂

スタートして1kmほど走ると、脇道に逸れて下り坂に入る。道幅が狭く、足場も不安定なのでスピードを出しすぎるのは危険。最低地点まで降りると、今度は高低差140mの激坂が立ちはだかる。一番苦しい場所だと6:00/kmまでペースダウンするが、なんとか歩かずに進んでいった。

6km以降は起伏が緩やかになる。こちらは前日に子どもたちを遊びに連れてきた公園。

とはいえ、ちょっとしたアップダウンでも身体に響く。

7kmあたりで芝生の広場をぐるっと1周。

それから全長3kmのサイクリングロード、通称「スカイロード」を走る。一旦ゴール地点を通り過ぎてから、折り返して再びゴールに戻ってくる。

ゴールの後で

「秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース」の完走タイムは、ネットで42分40秒だった。

40分は余裕で切れると思っていたが、激坂の後はペースを4:00/kmまで戻せなかった。非常に苦しい展開となったが、また走ってみたいなと思えるコースだった。来年は「親子ラン」にも参加してみようと思う。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

ナイキ ペガサス 35」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

2018年6月に発売されたPEGASUS 35(ペガサス 35)は、ナイキ史上最も売れているランニングシューズ、PEGASUSシリーズの35代目。スロージョグからスピードランまで守備範囲が広く、前モデルからスピード感と安定感が一段と向上している。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

ナイキ ペガサス35」の最新価格を今すぐチェック!

ナイキ公式オンラインストアなら、30日間の返品・返送料が無料。ペガサスやヴェイパーがお得に買えるクリアランスセールもこまめにチェックしよう。

クリアランスセールをチェック

#埼玉県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。