読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

深谷シティハーフマラソン遠征記:結果は37分00秒(2019年/10km)

▶︎ #マラソン遠征#埼玉県

2019年2月24日に埼玉県深谷市で開催された「深谷シティハーフマラソン」を走ってきた。種目は10kmの部。

NEW BALANCE HANZO V2

今回のレースで履いたシューズは、ニューバランスの「HANZO V2」。伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発したニューバランス最速のマラソンシューズだ。

この記事の目次

大会の魅力

「深谷シティハーフマラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年2月に埼玉県深谷市で開催
  • 種目はハーフ・10km・5km
  • ハーフと10kmは日本陸連公認コース
  • 会場は深谷市仙元山公園
  • コースは深谷市の市街地を駆け抜ける

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

埼玉県深谷市で開催

深谷市は埼玉県の北部に位置する。ネギの産地として知られ、地名の入った「深谷ねぎ」が有名。他にも深谷市は、日本の資本主義の父、渋沢栄一の出身地でもある。

走りやすいフラットコース

ハーフの部・10kmの部ともに高低差の少ないフラットコース。日本陸連公認で自己ベストが狙いやすい。

ふっかちゃんに会える

埼玉県深谷市のイメージキャラクターの「ふっかちゃん」。忙しいスケジュールの合間を縫って、応援にかけつけてくれた。ゆるキャラの中でもお気に入りのひとり。

遠征日程

同じ埼玉県内の移動なので、今回はレース当日に現地入りした。

最寄り駅のJR深谷駅は、東京駅から直通で約1時間半、大宮駅から約1時間。ちなみに深谷駅の駅舎は、東京駅にそっくり!

スタートライン

「深谷シティハーフマラソン」の会場は、深谷市仙元山公園の敷地内に設置される。

深谷駅〜会場間は、大会専用の無料のシャトルバスが運行する。ただし、かなり混雑する。僕が到着した時(7時半頃)は、バスに乗車するまでに20分以上並んだ。

バスに乗ると、住宅街を抜けて10分ほどで会場に到着する。

黄色いゲートをくぐり、参加賞とナンバーカードを受け取る。

更衣室、貴重品預かり所、荷物置き場は「深谷ビッグタートル」の中に集約されている。とても居心地の良い建物だった。

こちらのメインアリーナの荷物置き場。

ナンバーカードと一緒に「貴重品預かり証」を受け取る。貴重品も無料で預かってくれるのは有り難い。ただし、引換券を持って走る必要があり、汗でベチョベチョになってしまった。

コース攻略

「深谷シティハーフマラソン」の10kmコースの特徴は以下のとおり。

  • 深谷市の市街地を駆け抜けるフラットコース
  • スタートは深谷市仙元山公園の外、ゴールは深谷市仙元山公園の陸上競技場

以下のコースマップは公式サイトより拝借。緑色の線が10kmコース。最初の3kmはハーフの部(赤色の線)と5kmの部(黄色の線)と同じルートを走る。

スタート

スタート地点は深谷ビッグタートルから少し離れた場所にある。10kmのスタートブロックの先頭は、招待選手、陸連登録者、完走タイム45分以内で区分けされていた。

僕は3つ目のブロックから走り始めて、スタートラインまでのロスタイムはわずか3秒だった。

前半5km

今回はウォームアップの段階から調子がよく、最初の1kmは3:30/km台で滑り出した。ただし「東京マラソン」の1週間前で無理は禁物なので、2〜3kmは設定ペースの3:45/kmまで落とした。4km地点を過ぎたあたりから呼吸が苦しくなり、5kmは最遅ラップで3:48/km。

後半5km

フルマラソンやハーフマラソンと違い、10kmは中間地点まですぐに到達できるのが良い。5km地点を過ぎると、気持ち的に楽になる。

集団で走っていると徐々にペースダウンしてくるので、意識的に前へ出ていく。ひとりだけグイグイと進んでいくランナーがいたので、その方の後を追った。ラスト1kmはペースアップせず、3:40/kmのペースをキープ。

ゴールの後で

「深谷シティハーフマラソン」の10kmの完走タイムは、ネットで37分00秒、グロスで37分05秒だった。フルマラソンの本命レース1週間前としては上出来の結果だと思う。

ご当地グルメ

完走したあとは、深谷ビッグタートルに戻って荷物を受け取り、参加賞の「煮ぼうとう」をいただく。地元名産の「ネギ」をふんだんに使っているのが特徴。

せっかく深谷に来たので、お土産に「深谷ネギ」を買って帰った。1袋5本入りで400円。地元のスーパーより安い。しかし、帰りの電車でネギ臭くて参った。

渋沢栄一を探せ

深谷市は「日本資本主義の父」として知られる渋沢栄一氏の出身地。実は先ほどお見せしたこちらの写真に、渋沢栄一氏が隠れている。わかりますかね?

答えはこちら。

この記事で紹介したモノ

NEW BALANCE HANZO V2

今回のレースで履いたシューズは、ニューバランスの「HANZO V2」。伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発したニューバランス最速のマラソンシューズだ。

関連記事

HANZO V2レビュー:サイズ25.5cm、重さ170g

埼玉「秩父ミューズパーク」の走り方:全長3kmのスカイロード

季節の彩湖ハーフマラソン遠征記:結果は1時間28分8秒(2021年・ハーフ)

埼玉「こども動物自然公園」の走り方:周回1.8kmのクロカンコース

埼玉「森林公園」の走り方:周回5.5kmのクロカンコース

埼玉「日本一長いけやき並木」の走り方:北浦和〜所沢を結ぶランニングコース

さいたま国際マラソン遠征記:結果は2時間57分34秒(2019年/フル)

#埼玉県

ピックアップ

ウルトラスポーツ 反射アームバンド レビュー:3M製の高性能リフレクター

【2022年最新】ランニング日誌:ランナーズ・クリールの付録を徹底比較

アミノバイタル ゼリー:青・赤・金の違いと飲む順番を解説

Wind Shield Pantsレビュー:自分史上最強の防寒ランニングパンツ

ヴァームとスーパーヴァームの違いを徹底比較

2021年に買ったランニングアイテム10選:おすすめは「AfterShokz Aeropex」

最新記事

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画